tricot "3"

0517_tricot.jpg


Artist: tricot
Album: "3"
Label: BAKUERTSU RECORDS
Year: 2017

Tracklist
01. TOKYO VAMPIRE HOTEL (2:32)
02. WABI-SABI (3:08)
03. よそいき (3:56)
04. DeDeDe (3:32)
05. スキマ (5:19)
06. pork side (1:01)
07. ポークジンジャー (4:45)
08. エコー (3:49)
09. 18,19 (4:02)
10. 南無 (2:47)
11. MUNASAWAGI (4:12)
12. 節約家 (4:31)
13. メロンソーダ (2:44)

よくぞここまで練り上げた、というのが本当に正直な感想です。

年々海外への進出も増え、最早「日本の誇る」と言っても決して言い過ぎではないガールズ・ロック・バンドtricotの新作"3"はその潔いタイトルからも想像がつくとおり、とにかく今の彼女たちをそのままぶつけたようなソリッドな作品に仕上がりました。

デビュー以降リズムにこだわった複雑な楽曲をその持ち味としてきた彼女達でしたが、1stくらいまでは楽曲の構成の複雑さとメロディの絡みがもう一歩といった感じがありました。
しかし、2015年の前作"A N D"では、GarageBandでの作曲も行ったことに起因するのか楽曲構成はややシンプルに変化したことで、ソングライティングに格段の向上が見え、エモーショナルなメロディと、内省的でありながら衝動的でもある歌詞/言葉とを活き活きと聴き手の心に深く響かせることに成功したように思います。

そしてその冬に配信限定でリリースした'ポークジンジャー'、さらには昨年の"KABUKU EP"と、向上したソングライティングに初期のリズム志向が合流/融合して「複雑なのに自然」な楽曲をいとも容易く(思えるほどに)作り始めた彼女たちが本作は、まさに彼女たちのこれまでの集大成といっても良い力作であり、まごうことなき名作です。

冒頭の'TOKYO VAMPIRE HOTEL'のリスナーを煽るように攻撃的なドラムからスタートし、終曲'メロンソーダ'で唐突に終わりを告げるまでの間、キダ・モティフォがギターを掻き鳴らし、ヒロミ・ヒロヒロがぶっといベースラインを奏で、中嶋イッキュウが狂おしく歌い上げ続ける様子には、彼女達の演奏している姿が浮かんでくるほどの躍動感が感じられ、収録時間の46分は本当にあっという間に過ぎてしまうことでしょう。

そんな中でも、5曲目のようなSSWっぽい作風や、8曲目のサブカル女子っぽい(?)作風、1stの'POOL'に対する前奏曲'pool side'をもじったと思しき6曲目(もちろん'ポークジンジャー'の前奏曲です 笑)、同じく1stのキラーチューン'おちゃんせんすぅす'を彷彿とさせるおふざけナンバーでもある10曲目、青臭さを感じさせる先行曲の13曲目など、ソングライティングはよりディープに、かつ幅広くなってきたと思います。

演奏面ではまずキダ・モティフォのギターサウンドが以前にも増して多彩になったことが耳を惹きます。
"KABUKU EP"に先行で収録されていた12曲目'節約家'の間奏部分にて、ダブ処理されたドラムに合わせ空間的なサウンドを披露していましたが、今作ではそれがさらに進み、シューゲイザーやアンビエント、あるいはニューウェイヴなども視野に入っているかのように様々なサウンドを聴かせてくれます。
ヒロミ・ヒロヒロのベースラインは今まで以上にしなやかななグルーヴを醸し、ファンクなども想起させるようにダンサブルになっております。本作にはなんとなく「夜」っぽいイメージがついて回るのですが、それは間違いなく彼女のベースに起因するところが大きいでしょう。
そして中嶋イッキュウの歌声は今まで以上にストレートで、素直で、一瞬違う人かと思ってしまいましたが、本作の、複雑でありながらどこか肩の力が抜けたような風通しの良さに強く貢献しています。叫びが、声の上ずりが、つぶやきが全て感情的・感動的で素晴らしいロック・ヴォーカルに成長したと感じます。

まさに「進化」し続けている彼女達の現状報告、こちらも真摯な気持ちで聴きこんで七夕の高松ライヴに望む所存です(笑)

2016年6月の新譜

Alt-J "Relaxer"(Infectious Music)


Ambrose Akinmusire "A Rift in Decorum: Live at the Village Vanguard"(Blue Note)
(動画がありませんでした)

Bola "D.E.G"(Skam Records)


Imaginary Forces "Runnin's"(きょうrecords)


Jefre Cantu-Ledesma "On the Echoing Green"(Mexican Summer)


Porter Ricks "Anguilla Electrica"(Tresor)


TMRPOE "Keep Sleeping"(ACR)

Félicia Atkinson "Hand in Hand"

0504_fatkinson.jpg


Artist: Félicia Atkinson
Album: "Hand in Hand"
Label: Shelter Press
Year: 2017

Tracklist
01. I’M FOLLOWING YOU (3:43)
02. VALIS (6:40)
03. CURIOUS IN EPIDAVROS (3:04)
04. ADAPTATION ASSEZ FACILE (3:46)
05. MONSTERA DELICIOSA (5:04)
06. VISNAGA (5:18)
07. A HOUSE A DANCE A POEM (10:44)
08. HIER LE DÉSERT (6:33)
09. VERMILLIONS (5:04)
10. NO FEAR BUT ANTICIPATION (7:49)


フランスの音楽家フェリシア・アトキンソンがShelter Pressより発表した新作"Hand in Hand"は、そのサウンドの前衛的な響きや楽曲構造の抽象性とは裏腹に、歌心をもったポップ・アルバムと表現しても間違いはなさそうな、不思議な風通しの良さを感じる作品となったように思います。

本作は、彼女によるモジュラー・シンセのサウンドと言葉(8曲目では女優のエリーゼ・ラデュエーÉlise Ladouéも参加)で成り立っています。
ずんやりと重々しい感覚を残す低音、ふわふわと浮かんでは消えていくアトモスフェリックなサウンド、そしてインダストリーな質感を湛えた残響や気味悪くうごめく音塊の中でつぶやかれる言葉は、完全に話し言葉でメロデイなどはなく、また、朗読のような感情のこもった雰囲気もない淡々としたもので、どこか虚ろな印象を受けることでしょう。

こう表現すると、難解な作品に思えるのですが、聴いていると案外そうでもないことに気付かされます。
確かに、アトキンソンの声は感情に乏しいがゆえに、こちら(聴き手)の感情を刺激したり、煽ったりするようなことはありません。
ただモノローグのように流れながら、左右それぞれから別々に録音されたものが発せられ、重なって幻惑的に響き、最後は夢のように消え入ります。

その言葉が載せられる土台となる音/楽曲もぽつりぽつりと途切れたと思えばまた始まり、また低音域・中音域・高音域・装飾音それぞれが無関係に鳴る、虚ろなものなのですが、繰り返し聴いている内にパルス(拍節感)というか、リズムがあるように思えてきました。
音同士が偶発的に絡まり、変化していくことで即興的な空気も強く感じられはするのですが、どことなく一本芯が通っているような気が全編通してしてくるのです。

音と音とが関係性を放棄している様には、オーレン・アンバーチの初期作("Grapes from the Estate"とか)のような感触もありますが、本作は言わばそういった作品を『ポップに再構築するなら』というifのように聴くことができます。
もちろん、全編通してある虚ろな感触が、私のアシッド・フォーキーな嗜好と合致した、という部分もあると思いますが(笑)

なにはともあれ、かなりの良作だと思います。
この界隈の音が好きな方は聴いて損はないでしょう。


Phornesis, Julian Argüelles & Frankfurt Radio Big Band "The Behemoth"

0331_phronesisetc.jpg


Artist: Phornesis, Julian Argüelles & Frankfurt Radio Big Band
Album: "The Behemoth"
Label: Edition Records
Year: 2017

Tracklist
01. Ok Chorale (3:49)
02. Untitled#1 (6:58)
03. Stillness (9:08)
04. Herne Hill (4:54)
05. Charm Defensive (6:36)
06. Zieding (9:45)
07. Phraternal (6:53)
08. Intro to Urban Control (2:48)
09. Urban Control (7:45)
10. Happy Notes (6:06)


UKの誇る武闘派(?)ピアノトリオPhronesisの新作はサキソフォニストのジュリアン・アーギュレス率いるビッグバンドとの共演により、過去の名曲の再構築を図ったものとなりました。
例外的に8曲目のみ新曲ですが、こちらはアントン・イーガーとアーギュレスの共作とされているものの、タイトルを見ても分かる通り9曲目の前奏曲であり、完全な意味での新曲とは言えないと思います。(リアレンジの範疇というか)

彼らは今まで、3人での抜き差しならぬ、緊張感溢れるインタープレイをその第一の魅力としてきましたが、その裏には常にどこかクラシカルで雄大なメロディ/ハーモニーが備わっていたように思います。
1曲目、昨年の名作"Parallax"の前半で優雅な旋律を聴かせてくれた、アイヴォ・ニームによる'Ok Chorale'からアルバムはスタートしますが、冒頭からその隠れた魅力がいつも以上に押し出されていることがわかるはずです。

ビッグ・バンドのブラスによりハーモニーが補強され、もともと印象的だったメロディの美しさがより生々しく迫ってくるように思えます。
もちろん、アントン・イーガーの複雑なリズムとアイヴォ・ニームによる込み入った旋律、そしてジャスパー・ホイビーによるヘヴィなベースもその重厚なハーモニーに負けず劣らずの活躍を随所で見せており、ビッグバンドとメンバー3人による四つ巴の戦いのような雰囲気もあるのですが、今回は楽曲の魅力に重点をあてるためか全体的には抑制の効いた演奏となっているため、とても取っ付き易い作品になっているように感じます。

ハイライトは先行でも公開されていた6曲目'Zieding'でしょう。
楽曲のエモーショナルな展開と、ビッグバンドのハーモニーが非常によく合致したアレンジとなっており、非常にドラマティックな楽曲に生まれ変わったと思います。
この1曲だけでもこのコラボレーションの間違いのなさは十分に証明されていると言えそうです。

これからPhronesisを聴こうという方には、メロディアスな取っ付き易さという点で最初の一枚にオススメできますし、これまでPhronesisの作品に触れてきた方には彼らの新たな魅力を提示してくれるという点で必携の一枚といって過言でないと思います。


2017年5月の新譜

Dale Cornish "Aqal" (Entr'acte)


Félicia Atkinson "Hand in Hand" (Shelter Press)


Gosheven "Leaper" (Opal Tapes)


Knivtid "Knivtid EP" (ACR)


Loke Rahbek "City of Women" (editions Mego)


Slowdive "Slowdive" (dead Oceans)


tricot "3" (BAKURETSU RECORDS)
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR