FC2ブログ

D'Angelo & The Vanguard "Black Messiah"

blackmessiah.jpg


Artist: D'Angelo & The Vanguard
Album: "Black Messiah"
Label: RCA Records
Year: 2014

Tracklist
01. Ain't that Easy (4:49)
02. 1000 Deaths (5:49)
03. The Charade (3:20)
04. Sugah Daddy (5:02)
05. Really Love (5:44)
06. Back to the Future (Part I) (5:22)
07. Till it's Done (Tutu) (3:52)
08. Prayer (4:33)
09. Betray My Heart (5:55)
10. The Door (3:08)
11. Back to the Future (Part II) (2:25)
12. Another Life (5:59)


来る12月15日、世界のブラック・ミュージック・ファンが待ち焦がれたXデーが、あまりに突然に、あまりに不敵に、そしてありあまる衝撃をもって訪れました。
2000年の"Voodoo"以来、実に14年もの間沈黙を保ってきたブラック・グルーヴの伝道師ディアンジェロが、ついに新作を発表したのです。

この14年の紆余曲折については、今まで様々な場所で/形で語られてきたところでもありますので、あえてここでは説明しませんが、"Voodoo"ツアーによる疲弊や、収録曲'Untitled'のMV(全裸のDによるあまりにセクシーな歌唱)から生まれる誤解などから、一度は音楽業界から離れていた彼がこうしてカムバックしたことは、素直に祝福すべきことであると思います。

まずもって、"Voodoo"はグルーヴ・オリエンテッドな作品でした。
あのアルバムでは、楽曲の根っこにあるビートに対し、ドラムやベースなどのリズム隊、あるいはその他の装飾を担うギターやブラスなどが、ビートが瓦解する直前ぎりぎりまで後ノリでアプローチすることにより、非常に重心の低い、ヘヴィなグルーヴが実現されていました。

ドラムを担当したThe Rootsのクエストラヴなどは、そのアプローチ/考え方に対する衝撃を度々口にしておりました。正確なビートをたたき出すことを絶対正義とし、それにより評価されていた彼だけでなく、"Voodoo"におけるディアンジェロのアプローチは、多くのミュージシャン/リスナーのビート感覚というものをネクストレヴェル/ネクストステップに引き上げたのです。
そしてそれは、06年に亡くなったHIPHOP DJジェイ・ディー/ディラがビートを作り出す際に、機械のクォンタイズ機能を無視してまで作り上げたものと共鳴していました。現在のジェイ・ディーの高評価の一端には、ディアンジェロが"Voodoo"にてその独特のグルーヴを再現可能なメソッドとして提示したことも影響していると思います。
(前後関係が逆の可能性は勿論ありますが、Dは95年の1st"Brown Sugar"の時点でもそういったアプローチを見せていたそうですし、単に影響を与えた/受けたというよりはやはり共鳴していたと考えるのが正しいように思います)

さて、それ以降の14年という長い年月は、彼の「新たなアルバム」を予想するにはあまりに長すぎる時間でした。
実際、クエストラヴの「ディアンジェロの次作はブラック版"SMiLE"(BB5によるロック最大の未発表アルバム)」という発言や、種々の「予習アルバム」(ファンカデリックなど)、あるいは数曲のリーク(本作の'1000 Deaths'や'Really Love'などはかなり早い段階でデモverがリークされていました)もあり、リスナーの期待はどんどん高まりましたし、"Voodoo"そのものがあまりに完成度の高い作品でもありましたので、リスナーたちはディアンジェロが生み出すであろう「"Voodoo"の『次』」というものを全く予想できない状況に陥っていたように思います。
それは、2012年の復活ツアー以降ライヴの場で続々発表される新曲を聴いても同じことでした。あれらの楽曲が、Dのスタジオ・マジックの中でどのようなアレンジメントを施されるのか、想像すらできなかったでしょう。

そんな中発表された本作は、"Voodoo"の呪術的なグルーヴをしっかりと踏まえながらも、あれをただ「結果」「到達点」としてしまうのではなく、あくまで「手法/方法論」であるとして、その「方法」でもってより良い「音楽」を作り上げたと言えるのではないかと思います。

「音楽」はリズム/ビート/グルーヴだけでできているわけではありません。そこには当然メロディとハーモニーが同時に存在しています。
"Voodoo"は確かにすさまじいアルバムでしたが、それは極限なまでにグルーヴ・オリエンテッドなものでもありました。ジェイ・ディーと共鳴するグルーヴを生み出す手法を定式化したディアンジェロは、まずはその方法論を研ぎ澄ませる形であの作品を作り上げたように思います。料理で言えば「素材そのものの味」をまずは十分に堪能した形です。

では、そこから次に何ができるかというと、それを他の種々の「素材」と組み合わせ、加工することにより、「(ポップ・)ミュージック」の新たな可能性を探ることです。
そしてその「素材」としてまず彼が選んだのがファンカデリックやジミ・ヘンドリックスなどによるサイケデリック・ロックであり、あるいはBB5やThe Beatlesなどのポップネス/アート志向でありました。
本作に収録されている楽曲は、随所で美しいメロディやハーモニーを聴かせてくれます。あるいはギターのディストーションや多重録音コーラスによる混沌としたサイケデリアを容易く実現させています。
あまつさえ彼は、そこにジャズやカントリー、麗しいストリングスや相変わらずの気だるいブラスなどもぶち込んで、驚くほど濃密でアーティスティックな世界観を作り上げているのです!
そしてそれは、グルーヴのヘヴィさとは裏腹に驚くほど身軽/気軽で、さらりとした爽やかさすら感じさせてくれるのだからたまったものではありません。
ライヴで披露された楽曲は、生の躍動感とはまた違った色彩を帯びながら、うねるようなグルーヴと美しいハーモニーを、そして例えようもない感動をリスナーに強く残します。

そして、その多くにはブルースやゴスペルのもつ「祈り」が強く込められています。
彼自信も「全ての根っこはブルースだったんだ」という発言をしていましたし、また、多重録音コーラスはとてもゴスペル的なスピリチュアリズムを湛えています。

まさに、ディアンジェロは本作で「ブラック・ミュージシャン」から押しも押されぬ「アーティスト」へと成長したのです。
デジタル要素を一切排し、ヴィンテージ機材によるアナログ手法で録音されたサウンドは、本作のもつそういった魅力を非常に生々しく、そして最良の形で提示することに成功しています。

本作は明らかに「"Voodoo"以降の音楽」ですが、その「"Voodoo"以降」という言葉は本作があるからこそ言えることです。
それはそのままディアンジェロを超えるのはやはりディアンジェロしかいなかったという、彼の孤高で、並ぶ者のない素晴らしい才能が、今再び証明されたということを示しているのです。


'1000 Deaths'


'Sugah Daddy'


'Really Love'




Black MessiahBlack Messiah
(2014/12/23)
D'Angelo And The Vanguard

商品詳細を見る

Curtis Mayfield "Roots"

curtis.jpg


Artist: Curtis Mayfield
Album: "Roots"
Label: Curtom
Year: 1971

Tracklist
01. Get Down (5:45)
02. Keep on Keeping on (5:08)
03. Underground (5:15)
04. We Got to Have Peace (4:44)
05. Beautiful Brother of Mine (7:23)
06. Now You're Gone (6:50)
07. Love to Keep You in My Mind (3:48)


カーティス・メイフィールドの音楽は常にアーティスティックかつコンシャスです。
The Impressionsを脱退しソロに転向、自身の表現を突き詰めていくその姿は人々を熱狂させる『ポップ・ミュージシャン』とは明らかに違い(熱狂させる、という点では同様ではありますが)、自身の音楽を芸術作品としても成立させてみせようという自意識/美意識を強く感じさせます。

同時に彼はアメリカ黒人の置かれた状況にも気を配り、問題提起することも忘れません。
ゲットーの暗部を描いた映画「スーパーフライ」のサントラ盤である"Superfly"や、アメリカにおいて黒人が置かれた不当な状況をシニカルに示した"There's No Place Like America Today"(ジャケットがまた素晴らしい)などはそういった側面を代表する作品であると言えるでしょう。

少なくとも"There's..."までの彼はその問題意識/メッセージを強めるのとは逆に、自身の音楽から不要な音をどんどんとそぎ落とし、先鋭化させていきました。
鋭いビートと、冷ややかな迫力に満ちたそのスタイルはグルーヴ・ミュージックの目指すべき一つの到達点として参照され、近年ではD'Angelo "Voodoo"という名作が生み出される土壌ともなりました。

彼の音楽を語る際には、そういった力強い部分がフォーカスされがちであるように思いますが、初期には美しいオーケストレーションやブラスと、真摯な『愛』に溢れた作風も際立っていたことを忘れてはいけません。
麗しいハープによる導入が印象的な名バラード'Making of You'や、アフロ・パーカスの軽やかさをブラスとぶつけ、情熱的に昇華した'Move on Up'など、贅を尽くしたようなサウンドスケープはグルーヴと同じくらいに彼の音楽に血肉を与えていたのです。
そして、彼の3rd(2ndがライヴなのでスタジオとしては2作目)である"Roots"では、そういった側面が1st以上に推し進められています。

'Get Down'や'Underground'など、後のタイト/ソリッドなファンク・ポップの萌芽もすでに見られていますが、それ以上にこのアルバムは陽性の空気に満ち溢れています。
飛翔していくかのようなヴァイオリンや、やわらかな表情を見せるブラス、ピースフルな雰囲気を漂わせるパーカッションなど、音の一つ一つが優しく肯定的な響きを有しており、非常に鼓舞的でアップリフティングです。
彼自身のギターの、サイケデリックなファズ・サウンドとあわせて考えると、まだまだフラワー/ヒッピー的な平和主義/博愛的な精神から影響を残していたのかもしれません。
そしてもちろんその精神は、何よりも自分と『ルーツ(roots)』を同じくする、アメリカ黒人達に向けられていることは間違いないでしょう。

自分自身と、同族に対する惜しみない称賛と愛からその歩みを始めたからこそ、後に彼は何よりも力強い音楽を構築することができたと言えます。
ミュージシャン カーティス・メイフィールドの力の源はまさにルーツにこそあるのです。






RootsRoots
(1999/01/19)
Curtis Mayfield

商品詳細を見る

inc. "No World"

inc-400x400.jpg


Artist: inc.
Album: "No World"
Label: 4AD
Year: 2013

Tracklist
01. The Place (3:41)
02. Black Wings (4:04)
03. Lifetime (4:33)
04. 5 Days (4:13)
05. Trust (Hell Below) (4:29)
06. Your Tears (1:30)
07. Angel (3:58)
08. Seventeen (3:33)
09. Desert Rose (War Prayer) (3:00)
10. Careful (4:26)
11. Nariah's Song (1:58)


アンドリュー・エイジドダニエル・エイジドら兄弟によるユニットinc.の1stフル。
BauhausCocteau Twins、最近ではGrimesなどを輩出したインディ・レーベル4ADからのリリースです。
彼らはそもそもスタジオ・ミュージシャンであり、シーロベックなどのビッグ・ネームとの仕事を経験しています。なんと10代の頃からの活動ということで、その早熟ぶりには目を見張るものがありますね。

ゆったりとしたシンプルなリズム・パターンと、冷ややかなアンビエンスをはらむ音響が織りなすサウンド・スケープは非常に耽美的でメランコリック。そこにのるアンドリューのヴォーカルもウィスパースタイルで淡々としており、実に4ADらしい幻想的な雰囲気が形作られています。

そして何よりも、彼らの音楽には魅力的な「間」があります。
スネアから生じるパルスの隙間にはギターやベース、音響などがあてがわれ、とてもスムースに空間が満たされているようですが、実際のところリズムという骨格と、サウンド・スケープという装飾だけでできているかのように肉体性が希薄なようにも感じられます。

それでもなお、その「間」からは彼らの狂おしい感情が滲み出しています。
シンプルなサウンドがひた隠しにするそれを、「間」は雄弁に、赤裸々に語りますが、コレはまさに彼らが影響を受けたと語るD'Angeloのサウンド・メイクと通底するものであり、またコンポジションとヴォーカリゼーションという違いはあるものの、そのままズバリシャーデー・アデュの素晴らしい歌声ともリンクするように思えます。
弦から生じるスライドノイズはそのまま彼らの苦悩のようであり、揺らめき重なるディレイはまるで彼らが夢見心地にいるかのようですらあります。

1stフルとしてはコレ以上ないくらいに充実した作品となったのではないでしょうか。
またしても、先が楽しみなミュージシャンです。






No WorldNo World
(2013/03/05)
Inc.

商品詳細を見る

Sade "Love Deluxe"

S10004155.jpg


Artist: Sade
Album: "Love Deluxe"
Label: Epic
Year: 1992

Tracklist
01. No Ordinary Love (7:20)
02. Feel No Pain (5:08)
03. I Couldn't Love You More (3:49)
04. Like a Tattoo (3:38)
05. Kiss of Life (5:50)
06. Cherish the Day (5:34)
07. Pearls (4:34)
08. Bullet Proof Soul (5:26)
09. Mermaid (4:23)


贅肉を削ぎ落したかのような、無駄のないサウンド。
そう言い表される作品は多くありますが、真にそれを達成したもの、というとそう多くはないように思います。
少ない音数で楽曲を構成するということは、すなわち文章で言えば使える文字数が限られているようなもので、当然ながら微妙なニュアンスを伝えるためには、聴き手/読み手に様々なことを想像/妄想させるような「間」をどう取り扱うかが非常に重要な問題となります。
そして、その点においてUKのソウル・バンドSadeと、そのフロントマンであるヴォーカリスト シャーデー・アデュと並ぶものはいないと言えるでしょう。

80年代半ばにデビューしたこのバンドは、徐々に作品発表のスパンを長めており、デビューから約30年経つ現在でもその作品数は多くありません。ここ20年で見れば、この作品を含めても3作しか発表していませんが、そのどれもがリスナーにとってはそれだけの時間がかかっても是と言うしかないほどに説得力のある作品に仕上がっています。(最新作の"Soldier of Love"は未聴です汗)

彼女達の作る音楽には、その音数の少なさとは裏腹に、常に言いようのない悲しみや狂おしい程の愛が息づいています。
ドラムスとサブマリン・ベースの作る確固な土台を軸とし、ギターがゆるやかに反復しながらも残響を以ってして繊細な、言い表しがたい感情の動きを表現します。シンセサイザーやピアノの響きは時にロマンティックですが、またある時には凍てつくような鋭さをもって楽曲を彩ります。
それらの音は非常にシンプルで、まさに冒頭で述べたように無駄がありませんが、その実その「間」と音の濃淡は非常に雄弁であり、下手なヘヴィ・ミュージックよりも重厚とすら言えます。

そして、このバンドの音楽を語るうえで何よりも重要なのは、やはりフロントマン シャーデーの声なのです。
女性にしては低めのハスキーヴォイスは、非常に思慮深く知性に満ちた響きをナチュラルに備えていますが、彼女はその声をもって朗々と歌い上げるのではなく、あくまでクールに抑制の効いた歌唱を聴かせます。
淡々としているようでありながらも、その声の動きには彼女の狂おしい感情がたっぷりと含まれており、それはヴォーカル・ラインの動きに応じるようにその声から漏れだし、彼女の歌う「愛」のストイックさ、凄まじさを物語ります。
最小限の動きのなかに感情を込め、全てを出しきるような彼女のスタイルは未だかつて誰にも真似のできないものであり、これこそが彼女、そしてバンドの音楽を唯一無二のものとして成立せしめています。
(以前紹介したRhyeのマイク・ミロシュとは声は似通っていていも正反対)

この作品に渦巻く、クールでありながらも情念にまみれた世界観には本当に圧倒されるものがあります。
90年代のソウル・ミュージックを聴くのであれば何はさておき押さえておくべき名作でしょう。






Love DeluxeLove Deluxe
(2000/11/23)
Sade

商品詳細を見る

Rhye "Woman"

rhye.jpg


Artist: Rhye
Album: "Woman"
Label: Polydor
Year: 2013

Tracklist
01. Open (3:37)
02. The Fall (3:45)
03. Last Dance (3:27)
04. Verse (2:52)
05. Shed Some Blood (3:21)
06. 3 Days (4:16)
07. One of Those Summer Days (4:33)
08. Major Minor Love (3:56)
09. Hunger (3:30)
10. Woman (2:40)


カナダ人のマイク・ミロシュとデンマーク人のロビン・ブラウンによる電子ソウル・デュオ(?)Rhyeのデビュー作品。
冒頭を飾る2曲のシングル・ジャケットから続くように、女性の裸体(の一部)をジャケットとして持ってきた今作は、漂白されたようなその感触がむしろ「性」を意識させるような、どうにも居心地の悪いエロスを持ち合わせた不思議な作品となったように思います。

彼らの音楽を語る場合、まずもってシャーデー・アデュそっくりの、マイクの歌声に触れないわけにはいきません。
ニュートラルな音程や、声の太さなど、双方の声には多くの共通点があります。そもそもこれが男声というのは中々に信じがたい。
しかし、シャーデーとマイクという二人の声は、そのような共通項を踏まえた上でもまだ、決定的に違っています。
シャーデーがそのハスキーで思慮深い声に込める感情の動きが、マイクのヴォーカルからは全く感じられないのです。

マイクの歌声はむしろ、シビル・バイエルなどのフィメール・アシッド・フォーキー達によく似た虚無性を持っており、感情の動きの全く読み取れないヴォーカル・ラインには、温もりが存在しません。

トラックも、一聴した感じこそ麗しいストリングス、弾けるピチカート、瑞々しい鍵盤、色気のあるブラスが、シンプルで奥ゆかしいAOR/ディスコ・ビートの上に上手にのせられたもののように思えますが、その実あまりに耳馴染みが良すぎて何を表現したいのかが全く掴めません。

なんだか、全てがあまりにシンプルで、スカスカで、真っ白なために、いくら集中して聴いていてもいつの間にかBGMとして聞き流しそうになっている自分に気づきます。
その「何もかもが見えない感じ」は1曲目'Open'のMVに端的に現れているのではないでしょうか。
荒れた天気、誰のものかもよく分からない別荘を探索(?)するカップル、あまりに寒々しい夜の海辺、暖かな空気を醸す家族と、その家族を家の外から覗き見るヒロイン、前提がないのもありますが、あまりに主役のカップル2人の意図/想いが見えてこず、とても気味が悪く思えてきます。
そして中~終盤にかけて、唐突に2人のセックス描写へとなだれ込みますが、前後の意味不明さも手伝ってこのシーンがとても居心地悪い(笑)

なんだか見てはいけないものを見ているような罪悪感と、気持ちの悪い余韻がずっしりと心の奥底に残るのですよ。
でも何度も聴いてしまう、この居心地の悪さがむしろ心地よい、とでも言うか。クセになる後味の悪さというか(笑)
2013年上半期の作品の中でも、とりわけ聴いてみてほしい作品ですね。ぜひ、MVと併せて…






WomanWoman
(2013/03/05)
Rhye

商品詳細を見る
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
89位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR