FC2ブログ

Steve Lehman "Sélébéyone"

stevelehmanslebeyone.jpg


Artist: Steve Lehman
Album: "Sélébéyone"
Label: Pi Recordings
Year: 2016

Tracklist
01. Laamb (6:07)
02. Are You In Peace? (5:57)
03. Akap (2:16)
04. Origine (4:49)
05. Cognition (5:52)
06. Hybrid (4:00)
07. Dualism (4:36)
08. Geminou (1:31)
09. Bamba (6:19)


清々しいほどに問題作です。
NY出身のサキソフォニスト、スティーヴ・リーマンの新作は、セネガル出身のガストン・バンディミック(ウォロフ語担当)と、Antipop Consortiumというグループの一員でもあった(ある?)HPrizm(英語担当)という2人のMCを迎えた作品となりました。
その他の面子はソプラノでマチェク・ラッサール(か?Maciek Lassarre)、鍵盤でカルロス・オムス、ベースにドリュー・グラス、そしてドラムにダミオン・リードという布陣です。

この作品、どこから話したものか途方に暮れてしまいそうになるくらい、とにかく色々な要素がこれでもかと盛り込まれています。
まずは作曲からですが、1,2,5,8,9曲目の作曲/シーケンス/プロデュースをリーマン本人が、3,4,6,7曲目をマチェクが担当しており、かなりはっきり色が分かれています。
リーダーでもあるリーマンはやりたい放題といいますか、ラッパーを迎えていながらオーソドックスなHIPHOPをやろうという気は全く無いようです。
ループするピアノは無調で現代音楽みたいだし、ダミオン・リードには複雑すぎる拍子を叩かせるし、自分(とマチェク)はソロを遠慮なしに吹きまくるし…といった具合で、本作はどこをどう切り取ってもカッティングエッジでないところが見つかりません。
マチェクの方もやはりトンガッてはいますが、それでもリーマンに比べると大人しく、HIPHOPらしい瞬間も散見できます。('Origine'や'Hybrid'なんてメチャクチャかっこいい。)
もちろん、リーマンのトラックでも'Are You in Peace?'などは、ちょっと間違いが起これば(笑)チャートインしてしまいそうなくらいカッコ良いHIPHOPに仕上がっていると思います。

続いて、先ほども少し話題に出ましたが、ダミオン・リードの叩きだすビートがあまりに複雑なことも特筆に値します。
変拍子とかクロスリズムとか、色々思い浮かぶことはありますが、もはや何をどう叩いているのか、どう拍子を割ってるのか分かりません。
彼の参加作というと、グラスパーの"In My Element"などが浮かびますが、あっちでのスムースで洒脱なドラミングからすると随分野性的で挑戦的な演奏です。
本作のカッティングエッジな部分の大部分を彼が担っているといっても過言ではありません。

そして最後に、2人のMCによるラップとリーマン(とマチェク)のサックスの対比です。
ガストンはウォロフ語のひっかかるようなアクセントを存分に活かして、演奏隊の作る複雑なリズムを叩き伏せるかのように野性味溢れるラップを聴かせますし、HPrizmの方はリズムの間隙を縫うような、知的なフロウを聴かせてくれます。
ウォロフ語と英語の違いがよく分かるといいますか、彼らのスタイルの違いが恐らく彼ら自身がメインに扱う言語から来たものなのだろうということが推し量られるような気もします。(ウォロフ語というか、セネガルのHIPHOPシーンはよく存じてませんが)

この2名の対比だけでもかなりの面白さがありますが、そこにリーマン/マチェクのサックスが加わることによって場はより一層混沌としていきます。
2人のサックスはM-BASEらしい旋律転換法の跡を感じさせるフレーズで螺旋を描きながら演奏とラップの橋渡しをすることも多いですが、いざソロを取り始めるとまるでエリック・ドルフィーのようにアブストラクトで、聴き取るそばから逃げていってしまうようなプレイで聴き手を幻惑し、時にMC2人の舞台を完全に奪ってしまっています(笑)

と、色々と書いては見ましたが、これらの様々な要素について、整合性を取ろうと言う気はリーマン(とマチェク)にはなさそうです。
HIPHOP/ラップをジャズにどう取り入れるか、という試みの一つとして捉え、グラスパーらJTNC的な動きと対比させることもできるのでしょうが、私自身にはリーマンが「HIPHOP」に拘っているような印象はそれほどないというのが正直なところです。
むしろ、今回述べたような様々な要素をごった煮にしてそのまま吐き出すことを楽しんでいるような、無邪気な所作すら感じるように思います。
ここで得られたものが彼の中でどう昇華されていくのか、これから先が非常に気になる作品だと思います。
まずは過去作を掘っていかないと…(実は今回が初リーマンでした)


Tatiana Parra & Vardan Ovsepian "Hand in Hand"

rparraandvovsepianhih.jpg


Artist: Tatiana Parra & Vardan Ovsepian
Label: "Hand in Hand"
Year: 2016
Label: NRT/Independent

Tracklist
01. A Planned Chance (4:38)
02. Anima (3::59)
03. Hand In Hand/Kaqawik (5:32)
04. Viva Júlia (4:03)
05. Todo O Sentimento(4:20)
06. Choro Meu (3:25)
07. Quest (1:43)
08. Kaamos (4:41)
09. Filus Treca (3:59)
10. Olha Maria (4:11)


「複雑な演奏を難なくこなす」ということは、もちろんそのミュージシャンの力量を評価する一つのポイントではありますが、そこから一歩踏み込んで「複雑な演奏をこなしながら、それを感じさせない」という領域までくると、得も言われぬ深みのようなものがその楽曲に立ち現れてくるような気がします。
そういう意味で、ブラジルの女性シンガー タチアナ・パーハとアルメニア人ピアニスト ヴァルダン・オヴセピアンによるデュオの2作目"Hand in Hand"は非常に深い作品だと言えると思います。

シンプルに、パーハの声とオヴセピアンのピアノのみで構成されたこの作品は、一聴すれば非常に美しい歌ものの作品に聴こえることと思います。
確かに、声とピアノの織りなす美しいハーモニーを押し出す瞬間もあるにはありますが、本作の多くで聴かれるのは歯切れよく、難しいパッセージも難なく歌い切るパーハのスキャットと、左右の手を自由に用いてまるで別の人間が弾いているかのようにポリリズミックに螺旋を描くオヴセピアンのピアノとが絡みあい、幾何学的とか、あるいはグロテスクとか表現したくなる異様な空気を感じさせる瞬間です。

オヴセピアンは、リズム面でももちろんですが、ハーモニー面でも非常に複雑なことをやっており(楽理的な部分はリズム以上に分かりませんが、感覚的にも十分分かると思います)、同郷のティグランも思わせるダークなリハーモナイズや明らかに無調/不協和なフレーズを盛り込んだりと、旋律や和声だけとれば下手をすると難解で、聴き手に緊張感を強いりそうな部分も散見できるのですが、そこにリズム面でのアプローチも加えてグルーヴ/うねりを作り出しているせいか、実際には聴いていて疲れるようなシーンは微塵もありません。

これらの要素は、オリジナル曲もそうですが、何よりも2曲目(ミルトン・ナシメント作曲)や4曲目(ティアゴ・コスタ作曲)、5曲目(シコ・ブアルキ)、6曲目(キコ・ブランダン)、10曲目(トム・ジョビン/シコ・ブアルキ作曲)などのカヴァー曲においてより強く現れている様に思えます。(6曲目はわりと原曲に忠実な気もしますが)
ヴォーカルとピアノというシンプルな編成により元々のメロディの美しさを一層強調するとともに、そこにパーハ/オヴセピアンの新たな解釈が加わって非常に瑞々しく生まれ変わっています。

冒頭でも述べたように、非常に複雑な部分の多く見られる作品ではありますが、それを演奏/歌唱する2人の絶妙のコンビネーションによりそういった要素は注意して聴かねば意識されず、非常に美しい歌の作品として聴くことができると思います。
そうなっているのも、彼ら2人の演奏/歌唱することの楽しさや悦びが作品そのものに宿っているから、ということなのでしょう。


Lourenço Rebetez "O Corpo de Dentro"

lourencorocdd.jpg


Artist: Lourenço Rebetez
Album: "O Corpo de Dentro"
Label: Tratore
Year: 2016

Tracklist
01. Abertura (O Avesso das Coisas) (2:39)
02. Ozu (7:12)
03. O Mais Profundo É A Pele (5:51)
04. Interlúdio 1 (Opanijé) (2:16)
05. Ímã (5:20)
06. Pontieva (6:35)
07. Birjand (5:23)
08. Interlúdio 2 (Supernova) (1:54)
09. Punjab (6:19)
10. Sombrero (6:11)


オリンピック効果でしょうか?
今年はアルゼンチン~ブラジルあたりで素晴らしい作品がどんどん生まれてきているように思います。
先日紹介したNadisナターシャ・レレーナに引き続いて今回ご紹介するのはブラジルのジャズ・ギタリスト ローレンソ・ヘベッチスの(多分)デビュー作"O Corpo de Dentro"(『内なる体』?)です。

ブラジル音楽において、サンバの(あるいはバイーアの)リズムはそのアイデンティティといえるほどに重要なものです。
ボサ・ノヴァの法王ジョアン・ジルベルトが、ボサ・ノヴァのためのギター奏法であるバチーダを開発するにあたってサンバのリズム面を強調するような、叩くような爪弾き方を採用したうえで、サンバ・リズムをデフォルメしてその核の部分だけを抜き出したことからも分かる通り、サンバ(ブラジル音楽)をサンバたらしめるのは、なによりもその特徴的なリズムであるのは間違いありません。

今作においてヘベッチスは、ギタリストというよりはむしろコンポーザー/アレンジャーとして、その若き才能を発揮しています。
ブラジリアンジャズのサウダーヂに溢れたメロディ/ハーモニーに対し、現代ジャズ的な非常に複雑な変拍子/クロスリズムを掛けあわせて、ややもすればグロテスクでインダストリアルな質感すら孕む、今までにない音楽を作り上げました。

美しい呟きのようなピアノの導入から、本作の異形さは即座に理解されるでしょう。
ブラスの奏でるメロウなメインテーマの裏では、ドラマー/パーカッショニストがリズムを極度に細分化し、物凄い手数でリズムを積み上げていきますが、その実形成されているのはゆったりとして重心の低い、瞑想的な雰囲気のグルーヴです。
このヴィトール・カブラル(Vitor Cabral)というドラマーからはクリス・デイヴやマーク・コレンバーグなど、現代ジャズを代表するドラマーのプレイに似通ったものを感じますが、それと同時に、ここにはアフロ・コンシャスなリズム感覚も現れています。

先述の通り、ブラジル音楽の根底にはアフロ・リズムが根をおろしていますので、こうなるのも当然といえば当然なのですが、不思議なことに、私は今作の細分化された、ややもすればサイケデリックな質感も匂わせるリズムを聴いていると、セネガルのビート・ユニットJeri-Jeriが思い浮かぶのです。
ドラマー/パーカッショニスト、そして時にはデジタル・リズムも交えてポリリズミックに形成されていくグルーヴは、セネガルのンバラにも通底する、複雑さと陶酔感があるように思えます。

そういった刺激的なリズムに加え、楽曲によって参加人数は様々ですがおおよそ6~12人というラージアンサンブル一歩手前の編成により、メロディやハーモニー面でも厚みのある充実した演奏を聴かせる本作は、ジャズ・ギタリストのデビュー作というよりはむしろ新たな才能あふれる作曲家のデビュー作と捉えた方が良いのではないかと感じます。
プロデューサーを務めたアート・リンゼイ(!)は、演奏に参加せずプロデュースに専念しているようですが、恐らくこの非常に現代的で新鮮なリズム・アレンジなどは彼の肝いりによるところも大きいのではないかと思います。

ブラジル音楽そのものはもちろん、ラージ・アンサンブルや現代ジャズ、あるいはアフロ・ミュージックなど、様々な方面に影響を及ぼしそうな力作で、ヘベッチスのこれからの活動が楽しみですね。


Elliot Galvin Trio "Punch"

egalvinpunch.jpg


Artist: Elliot Galvin Trio
Album: "Punch"
Label: Edition Records
Year: 2016

Tracklist
01. Punch and Judy (4:42)
02. Hurdy-gurdy (4:01)
03. Tipu's Tiger (5:39)
04. Rolling (0:09)
05. Blop (3:29)
06. Lions (3:09)
07. 1666 (2:51)
08. Mack the Knife (5:46)
09. Polari (3:46)
10. Cosy (4:35)


UKの新進気鋭のピアニスト エリオット・ギャルヴィンの頭の中はどうなっているのでしょうか。
彼のレギュラートリオによる2ndにして、同時にEdition Recordsからのデビュー作でもある新作"Punch"を聴いていると、自分が今まで持っていた音楽観が根底/前提から覆されるような驚きと、それがもたらす爽快感とに病みつきになっている自分自身に気付かされるのです。

この若干25歳のピアニストは、素直な演奏をする気はまるでないようです。
1曲目'Punch and Judy'からして、そもそもカセットプレイヤーからのものと思しき子供の遊び声(?)から始まりますし、その他も楽曲によっては突然アコーディオンを引っ張りだしてみたり、スタイロフォンで思いっきりノイズを披露したかとおもいきや、メロディカの二刀流(!?)を始めてみたり、あるいはスタンダートのテーマをドラマーに(グロッケンシュピールで)弾かせながら、自分は沈み込むように陰鬱なバッキングに徹してみたり…とやりたい放題で、ピアノトリオというものに求められがちなリリシズムや耽美性をはなから拒絶しています。

メロディも一癖も二癖もあるものばかりで、和声/旋律という、音楽における「意味」や「意図」を読み取られることについてまるでアレルギーでもあるかのようにメロディアスな展開を避けていきます。
それに加えてドラムがガチャガチャとせわしなく動き、ベースはタイトに弦を弾きながらも、時折ボウイングでオールドファッションなスウィング風のテクスチュアを付与することで、楽曲はまるでゴロツキの集まる場末のキャバレーで演奏されているかのようなストリート感覚を孕んでいきます。
彼らは冷笑的なユーモアを漂わせつつ、余裕たっぷりに仕事をこなしていきますが、それがとても様になっていてスタイリッシュにすら思えるのです。

ハーモニーやリズムの複雑さ、そしてそれがストリート感覚を持ちながらスタイリッシュにビシバシと決まる様には、ジェイソン・モラン(特に3rd"Balck Stars"が近い)に通底するものも感じます。
UKジャズ/北欧ジャズではある程度お約束ですが、クラシック由来らしきエレガンスが随所に忍ばされているところもこのトリオに限ってはモラン的に聴こえます。

そして、散々取っ付き易い演奏を避けた挙句くりだされる、素直かつ無邪気な最終曲'Cosy'でアルバムは幕を閉じます。
口笛を拭きつつ、まるで幼い頃に聴いたメロディを思い出しながらアレンジしているかのような演奏で彼らの今回の仕事は終わり、といったところなのかもしれませんが、これがまた絶妙の締めとして機能しています。

なんとなく、素面で聴くよりは強めの酒でも嗜みながら頭をからっぽにして聴くと良さそうな作品です。
これから先がとても楽しみなトリオだと思います。


Jason Moran "The Armory Concert"

jasonmoranarmory.jpg


Artist: Jason Moran
Album: "The Armory Concert"
Label: Self Product(YES RECORDS)
Year: 2016

Tracklist
01. Wind (4:49)
02. Reanimation (3:27)
03. Big News/More News (6:11)
04. Veterans (5:01)
05. Trade Winds (5:58)
06. South Side Digging (4:20)
07. All Hammers and Chains (4:01)
08. Magnet (8:26)
09. Alicia (5:45)
10. Winds (5:31)


ジェイソン・モランがこの6月にbandcampにて突如発表したデジタルオンリーの新作は、以前紹介させていただいた2002年の"Modernistic"以来実に14年ぶりとなるソロピアノ作品でした。
前作"All Rise"はファッツ・ウォーラーに捧げたトリビュート作であり、音楽的には近年のオーヴァーグラウンドなジャズ(JTNC系)に寄せたようなスタイルの作品で、それも良かったのですが、やはりモランはアコースティックが似合うと思っている私としては、今作でまたその世界に帰ってきてくれたのは嬉しい限りです(笑)

さて、今作は「武器庫コンサート」なんて物騒な名前の作品ですが、別に何か政治的な意図のあるようなものでなく、かつて武器庫であり、現在はインスタレーション展などが開かれるアートスペースであるNYのPark Avenue Armoryで、同名の非営利団体がスペースの一部を改装したステージ(?)Veterans Roomでのライヴレコーディングとなっています。
そういう点では、ソロピアノ作品の2作目であると同時に"The Bandwagon"に続くライヴ・アルバムの2作目でもあるんですね。

内容はといえば、現在のモランのピアニズムが隅から隅まで堪能でき、さらにライヴならではの緊張感も備わった文句なしの内容で、ジャズ/ソロピアノ/ライヴ作品として非常に高水準なものと言えるでしょう。

アルバムはクラシカルな'Wind'で幕を開けます。
いつものようなエレガンスに、少々のスパイス(グロテスク/ゴシックなフレーズ)を盛り込み、彼にしてはかなりストレートにメランコリックに仕上げた楽曲で、これからしてかなりの名曲/名演奏だと思います。
本人も気に入っているのか'Trade Winds'、'Winds'といった変奏曲をアルバム中盤およびラストでリプライズしています。
ステージ名をもじったと思しき4曲目の'Veterans'と合わせ、これらの4曲はECMでのプレイにも通じる音響的な、空間に音を配置していくかのようなプレイを聴かせてくれます。
Blue Noteからの作品だと"Artist in Residence"に近いイメージですね。

続く'Reanimation'はモランにしては珍しく、かなりミニマルな作風です。
反復されるフレーズが非常に不穏かつ戦闘的で、徐々に左手が辿るラインの残響/倍音がとぐろを巻いていくような雰囲気は非常にロックな熱さがあるように思います。
あまり今まで明確にミニマルなプレイを見せてはこなかったような印象なのですが、これだけでなく7曲目の'All Hammers and Chains'でも名前の通り強烈な打鍵(hammer)となめらかな連符(chain)を交互に反復させるという前衛的な作風ですし、6曲目の'South Side Digging'ではミニマル/前衛的な演奏が後半になるとゴリゴリのブルーズに転じるという離れ業(?)をやってのけてみたりしています。
極めつけの8曲目'Magnet'では、鍵盤楽器を弾けない私ではよくは分かりませんが、おそらく極めて低音部の鍵盤を非常に速いスラーで弾くことによりドローン状に融解させており、まるでNurse With Woundみたいになっています。(流石に悪趣味なコラージュはないですけど 笑)

そして'Big News/More News'および'Alicia'はわりとまっとうなジャズ/ブルーズですね。
どちらも実にモランらしい演奏で、即興中心ではなくかっちりとした作曲が先行しているような作風なためかとても安定感がありま
す。
ピアノのタッチ/録音はシャープですが、フレーズの1つ1つにはオールドスクールな空気が漂っており、"Modernistic"の表題曲をもう少しモダンな方向に寄せたような楽曲に仕上がっています。

このような感じで、モランのメインスタイル(ジャズ/クラシック/ブルーズ/アヴァン)がこの一作で堪能できる、質の高いライヴ・アルバムに仕上がっています。
個人的には6~8曲目の前衛曲連発が聴く人によってはキツイかもしれないとは思いますが(笑)、全体的に作曲/演奏ともに素晴らしく、また、録音が良いのか場所(ステージ)の鳴りが良いのかは判然としませんが、とても奥行きのあるサウンドなため、まるでモランが目の前で弾いてくれているかのようにすら感じることができ、実に臨場感/躍動感のある作品です。
彼のファン、ソロピアノ作品のファンはぜひ聴くべきだと思います。


プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
89位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR