FC2ブログ

Hermeto Pascoal "Zabumbê-Bum-Ã"

pascoal.jpg


Artist: Hermeto Pascoal
Album: "Zabumbê-Bum-Ã"
Label: Warner Bros. Records
Year: 1979

Tracklist
01. São Jorge (2:36)
02. Rede (6:27)
03. Pimenteira (6:27)
04. Suíte Paulistana (5:27)
05. Santo Antônio (4:07)
06. Alexandre, Marcelo E Pablo (5:16)
07. Suite Norte, Sul, Leste, Oeste (3:55)
08. Susto (3:03)
09. Mestre Mará (4:28)


ブラジルにおけるプログレッシヴ・ミュージックの源流というと、エグベルト・ジスモンチ(未聴)と、今回紹介するエルメート・パスコアールの二人の名を挙げる方が多いと思います。
ボサノヴァの法王ジョアン・ジルベルトを始めとして、ブラジルのミュージシャンには(特にハーモニーとリズムとの関係性などにおいて)固有の美学を持つミュージシャンが多く、1人1ジャンルと言っても過言ではないほどに肥沃なシーンが形成されていますが、パスコアールの音楽について言えば、それらとは一線を画すというか、存在する世界が元から違うような感覚を抱かせるものになっています。

基本的にはブラジル音楽(サンバやショーロ)にジャズやアフロ要素を混ぜあわせることで、彼は音楽を作り出します。
アフロともブラジルともつかぬ、複雑でありながらも快楽的なリズムの奔流と、フリーキーで呪術的なメロディ/ハーモニー、近代的な電子楽器の使用、そして豚の鳴き声などのギミック(彼について言えばギミックではないかもしれませんが…)などの複数の要素を見事に織り合わせ、まさに「パスコアール・ミュージック」としか呼び様のない独特の音楽が作り上げられます。

彼の、その見事な音楽性が発揮されたのは3rd"Slaves Mass"からの3作(+ライヴ1作)をワーナーから発表した時期でしょう。
今作"Zabumbê-Bum-Ã"は"Slaves Mass"の次に発表されたアルバムで、他のスタジオ作品2作に比べるとややフュージョンに寄ったような内容で、先に上げた4作の中では地味な位置に置かれているようにも感じられます。

しかし、夢見心地なエレピやフルートと、図太いリズム隊が中心となって構成された楽曲は、どこかUKのカンタベリー・ミュージックとの類似性も見せているように思うのです。
特にエレピ、フルートが描く呪術的で込み入ったフレーズは一々それっぽいですし、女声スキャットが入ったりすると、もうそのままと言ってもいいくらいに似てきます(笑)
ではカンタベリーを聴けばいいかというとそうではなく、やはりブラジル音楽が消化/昇華された上のものであるわけでして、スタイル的にはカンタベリーと酷似していても、それと比べると自由さと自然さに格段の違いがあるように感じられますね。

カンタベリーと類似していると述べていることからも分かるように、フレーズの幾つかに勿体つけたような部分が見えることはありますが、どぎつい音の使用もなく、各楽曲もコンパクトに纏まっておりますので、案外最初の1枚にいいかもしれません。






ザブンベ・ブン・アー(BOM1809)ザブンベ・ブン・アー(BOM1809)
(2012/11/23)
エルメート・パスコアル

商品詳細を見る

Femi Kuti "No Place for My Dream"

319781_1.jpg


Artist: Femi Kuti
Album: "No Place for My Dream"
Label: Knitting Factory
Year: 2013

Tracklist
01. Nothing to Show For it (3:36)
02. The World is Changing (6:06)
03. No Place for My Dream (3:45)
04. Action Time (5:45)
05. No Work, No Job, No Money (5:21)
06. Carry On Pushing On (4:59)
07. Politics Na Big Business (3:44)
08. Na So We See Am (4:21)
09. One Man Show (6:19)
10. Wey Our Money (4:49)
11. This Is Only the Beginning (1:44)


共にフェラ・クティの実子であり、異母兄弟でもあるフェミシェウンは、どうしても自身の音楽性と父親の音楽性とを比べられてしまう傾向にあります。
シェウンのデビュー後は、さらにこの兄弟同士の音楽性も比較されがちになっているのは間違いないでしょう。

そして、正直に言うならばシェウンの2011年作"From Africa with Fury: Rise"を聴き、そしてそこから遡ってフェミを知った私は、フェミの音楽にどこか淡白な印象を抱くとともに、父のラディカルな部分を濃く引き継いだのはシェウンであり、それが故に彼こそがフェラの音楽の正当な後継者だと考えていました。

しかし、つい先日発表されたフェミの新作"No Place for My Dream"と、それに対する鈴木孝弥氏のレビューにより、私の認識は完全に覆されてしまいました。

彼はシェウンとフェミに対して以下のように述べています。

…62年生まれのフェミより20年もあとの80年代に生まれたシェウンは、父親の音楽に、一定の距離を置いたところからかなり純粋な畏怖と憧憬をもって接している印象を受ける。…現在30代以下のミュージシャンをして、70~80年代サウンドを"新しいもの"として解釈させるようなポジティヴな隔世感も少なからず作用しているだろうが、末っ子シェウンは父フェラのアフロ・ビート様式の泥臭さをフレッシュなものとしてほぼ全肯定し、自分の手で素直に再提示できるメンタリティーを持っている......つまり、父親のバンド:エジプト80を引き継ぐにふさわしい(無論いい意味で)ピュアな継承者なのだと思う。


それに対し、父親の黄金期の70年代から父のバンドで修業し、そのスタイルを間近で学んだ長男フェミは、当然独り立ちする際には父親との差別化を意識したに違いない。…彼がしばしばインタヴューで語る"自分の音楽の原則"も実に明快だ。曰く:〈基礎が堅牢なアフロ・ビートの原理をあまり危うくしないこと〉。それは、父親の音楽様式をそのまま継ぐつもりはない、という意思の婉曲表明になっている。


まずもって、フェミの音楽は父フェラの作り上げたアフロ・ビートというフォーマットの基本は守りつつも、それとの差別化を図っている部分に大きな意味があったのであり、それとは逆にシェウンの音楽は父フェラのフォーマットから外れぬようにできる限り忠実に継承している部分にこそ意味があったのです。
この二人を同じベクトルで評価するのはまったくもって無意味、ナンセンスでありますし、そういう聴き方をしてフェミの音源に触れるのを避けていた私自身の頭の(耳の)固さには我ながらうんざりさせられます。

そして、そういった評価軸を以って接すると、フェミの今作は非常に魅力的な音楽でありました。
淡白と思われていた音の運び方は、非常にスムースで、彼の音楽/歌詞の持つメッセージを軽やかに運び、聴き手の心に届けるものとして響きます。
彼自身の歌声も、父や異母弟に比べて線が細い、迫力に欠けるもののように感じられましたが、今はむしろ逆で、喜怒哀楽のニュアンス/抑揚に富み、他の2人に比べても非常に美しい歌声としてスピリチュアルに聴こえてきました。
そしてやはり、その豊かな音楽性の土台にあるのは父の作り上げたポリグルーヴの綴織=アフロビートなのです。
フェミは、彼自身の信念でもって父の音楽を洗練させ、アップデートすることに成功したと言っても過言ではありません。

もちろん、この意識の変化により、私の中にあるシェウンの評価が揺らぐことはありません。
彼の、父のラディカルさをそのまま引き継いだ音楽性は、やはり素晴らしいものであることに変わりはありませんからね。
父のバンドで修行した経験を活かしながらもアフロビートのメッセージ性をより広く受け入れられる形に洗練させる『内なる革新者』フェミと、父や兄とは隔絶したとも言える世代でありながら、父のレベル・スピリットを生き写した『外なる継承者』シェウンにより、アフロビートは今までよりも一層の広がりを見せるに違いありません。
アフロビートが真の意味で世界を席巻する、その目撃者になるのは、彼ら兄弟が生きる「今」を共に生きる我々なのです。






ノー・プレイス・フォー・マイ・ドリームノー・プレイス・フォー・マイ・ドリーム
(2013/05/22)
フェミ・クティ

商品詳細を見る

Jeri-Jeri "800% Ndagga"

ndagga.jpg


Artist: Jeri-Jeri
Album: "800% Ndagga"
Label: Ndagga
Year: 2013

Tracklist
01. Gawlo (4:10)
02. Xale (4:06)
03. Ndeye Gueye (7:02)
04. Mbeuguel Dafa Nekh (9:06)
05. Casamance (7:05)
06. Sama Yaye (4:11)
07. Bamba (7:12)
08. Daguagne (6:02)


アフロ・ミュージックの、ポップ・ミュージック界における地位というのは非常に特殊なように思います。
決してアフロ・ミュージックそのものがメインストリームとなることはありませんが、メインストリームのロックやジャズ、ブルース、さらにはレゲエやHIPHOPにいたるいかなる音楽においても、アフロ・ミュージックからの影響というものは否定することができません。
その広汎さと深さを知るにつけ、我々は常にアフロ要素に惹かれているとすら言いたくなります。

先日はケニアのムクングニ村で採取された素晴らしいフィールド・レコーディング集について紹介しましたが、今回紹介するのはセネガルのJeri-Jeriというプロジェクト・バンドです。
このユニットは、これまた先日紹介したモーリッツ・フォン・オズワルドとともにBasic Channelで活動していたマーク・エルネストゥスにより発見・紹介されました。彼は2010年に南アメリカのダンス・ミュージック『シャンガーン・エレクトロ』をコンパイルした編集盤をHonest Jon'sから発表しており、それ以来アフロ・ミュージックに魅せられ、アプローチしてきたそうです。

セネガルのミュージシャンとして、我々がまず思い出すのはユッスー・ンドゥールであることは間違いないでしょう。
彼の音楽は当然の如くセネガルの伝統音楽サバラをそのベースに有しており、雄大で美しいハーモニーがありましたが、それは常に複数のパーカッションによるリズム/ビートの綴織(=ポリリズム)により支えられていました。一定のパルスを保持しながらシンコペイトするビートは、まるで一つの生き物であるかのような動きを見せ、非常に有機的なうねりを見せます。
そして、そのうねりは一種の陶酔感を生み出しており、ビート単体でも十二分にサイケデリックです。

そして、ミニマル・ダブ・シーンを牽引してきたエネルストゥスはそこに着目し、Jeri-Jeriの演奏するポリリズミック・ビートに対し、最良のミキシングを施しました。
中域をくっきりと分離させ、マットな質感を持たせたそのミックスは、ビートの流動性/有機性を損なうことなく先鋭化させ、その陶酔感を強調しています。
この感覚はミニマル・ダブはもちろんのこと、UKダブや、あるいはポスト・パンクにもリンクするものであり、そういった点で非常にヨーロッパらしいもの(=ホワイト・ミュージック的)です。

モーリッツ・フォン・オズワルド率いるトリオは、ダブというヨーロッパ独自のブラック・ポップのメソッドを用い、ホワイト・ミュージックをアフリカへ回帰させようと試みましたが、その相方であるエネルストゥスはサバラというブラック・ミュージックをヨーロッパ的なメソッドで以って解釈しなおし、ホワイト・ミュージックの領域に引き寄せたのであり、全くもって正反対のアプローチであると言えます。
アフリカという、人類の起源とされる地に対するアプローチには、まだまだ我々の思いもよらぬ方法があるのかもしれません。

ちなみに、この作品と同時に"Ndagga Versions"というダブ/リミックス集も発表されております。
そちらも必聴!






800% Ndagga800% Ndagga
(2013/05/21)
Mark Ernestus Presents JERI-JERI

商品詳細を見る

"Mukunguni: New Recordings from Coast Province, Kenya"

mukunguni.jpg


Album: "Mukunguni: New Recordings from Coast Province, Kenya"
Label: Honest Jon's
Year: 2013

Tracklist
01. Ndema (1:36)
02. Dena (1:13)
03. Mambodze (4:35)
04. Matatizo (2:28)
05. Pepo Mlume (2:26)
06. Chela (3:12)
07. Bung'o (1:07)
08. Mafunzo (7:30)
09. Bamba (1:13)
10. Mwanzele (4:50)
11. Ngoma Wira (1:26)
12. Puredi (2:59)
13. Kiringongo (2:27)
14. Gaserego (3:29)


スヴェン・カシレックステファン・シュナイダーという二人により、ケニアの海岸州、ムクングニ村で2011年に採取されたフィールド・レコーディング集。
「ミジケンダ」と呼ばれる部族間で伝承されている音楽を集積したものです。

デーマ(金属輪=トライアングル的なもの?)、カヤンバなどの楽器群とハンドクラップ、歌による素朴な音楽が14曲収録されています。
ミニマルな反復と、チャントのような歌声に彩られた音楽の多くは「癒し(therapy/healing)」のためのものであるとライナーノーツでは説明されています。特に精神的な問題を抱えた場合などに夜通し演奏して回復、快気を試みるようですね。

恐らく演奏は村の人間が入れ替わり立ち代わり行ったものと推測されますが、これはまさに一つの共同体の中で共有、伝承される音楽であり、彼らは歌や演奏を以ってして「個」という存在から切り離され、「集団」という一つの生物へと統合されていきます。「癒し」の音楽が多いという側面は、彼らが音楽を通して「個」に生じた問題を「集団」すなわち共同体の全員で共有し、解決へと動こうというメソッドを表しているのかもしれません。
(録音が抜群に良いとはいえ)ただCD/レコードを通して聴いているだけでも心が浄化されるような作用があるのですから、実際に演奏を聴く本人の気力の充実、高揚はきっと凄いのでしょうね。

以上のように非常にスピリチュアルな楽曲集ではありますが、なんとなく、ここにあるものはアルバート・アイラーサン・ラなどのフリー/スピリチュアル・ジャズの音楽家達にも継承されているようにも思えるのです。(そういえば、アイラーも楽曲タイトルに幾度か'healing'という単語を使っていたような…)

実を言うと未体験のグルーヴを求めて手に入れた作品だったのですが、何度も聴いている内にそんなことはどうでもよくなってしまいました。
非常に力強い、素晴らしい音楽集だと思います。






Mukunguni New Recordings from Coast Province, KenyaMukunguni New Recordings from Coast Province, Kenya
(2013/04/08)
V.A.

商品詳細を見る

Fela Kuti & Afrika '70 "Expensive Shit"

expensiveshit.jpg


Artist: Fela Kuti & Afrika '70
Album: "Expensive Shit"
Label: Editions Makossa
Year: 1975

Tracklist
01. Expensive Shit (13:13)
02. Water No Get Enemy (11:00)


ナイジェリアの戦うミュージシャン フェラ・クティの1975年作。
当時のナイジェリア政府との苛烈な戦いに向けられたパワーを、そのまま音楽に転写したかのような熱情と、それを彩るポリリズミックなグルーヴに溢れた名作です。

2年後の"Zombie"はそのパワフルさが極限に達し、歌詞のテーマと相まって強烈なドライヴ感を聴くものに与えてくれる作品であり、彼のディスコグラフィのうちでもとりわけ名作の誉れ高い作品ではありますが、このアルバムだって負けず劣らず。非常に充実した作品です。

彼の音楽の土台にあるのはハイライフというガーナのジャズ、そしてジェームス・ブラウンの創始したファンク・ミュージックです。
ドラムス、パーカションはもとより、ギターやブラスの一音一音にいたるまでアフロ・エッセンスが染み込んでおり、ベースがアメリカ出自の音楽とは思えないほどに土着的で、ドライヴ感のある音楽(アフロ・ビート)として成立しています。

何よりも特筆すべきは片腕トニー・アレンのドラム・プレイ。
以前Rocket Juice & The Moonの回でも述べましたが、そのドラムスにはルーズなゴースト・ノートがたっぷりと含まれています。このゴースト・ノート(楽譜上に現れない音=オカズみたいなもの)が本来のドラム・ラインとは別の所でアフロ・パーカスやベース、ギターと反応し、楽曲の至る所でポリリズミック・グルーヴを発生させるのです。
サウンドそのものは非常に軽やかでありながら、ぐいぐいとリスナーを引っ張っていくような感覚があるのは、ひとえに彼のドラムスのおかげと言えるでしょう。

そしてフェラ・クティ本人はというと、全体的なディレクションを執りつつ、自らの声を以ってアジテーションを行い、楽曲に強烈な衝動性を与えています。
迸るような熱気の根源は間違いなく彼のヴォーカルにあり、またそれでもって楽曲が一つに統合され、一つの生き物のように有機的にうねり、叫びをあげ、突き進んでいく様には圧倒されます。

しなやかさと力強さを兼ね備えたグルーヴ・ミュージックであり、まさにアフロ・ミュージックの本質を絞り出したかのような濃縮還元100%(?)なサウンドは強い中毒性を持っています。
これは聴かなきゃ損ですよ~!






Expensive Shit/He Miss RoadExpensive Shit/He Miss Road
(2002/09/16)
Fela Kuti

商品詳細を見る

↑ちなみに、現在彼の作品の殆どは2in1形式でCD1枚にまとめられています。
今作は同じく75年作で、元Creamのジンジャー・ベイカーによるプロデュースの"He Miss Road"とセットになっています。
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
89位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR