FC2ブログ

Prefuse 73 "Vocal Studies + Uprock Narratives"

Prefuse 73 - Vocal Studies + Uprock Narratives


Artist: Prefuse 73
Album: "Vocal Studies + Uprock Narratives"
Label: Warp Records
Year: 2001

Tracklist
01. Radio Attack (5:15)
02. Nuno (2:59)
03. Life Death (3:23)
04. Smile in Your Face (2:28)
05. Point to B (4:01)
06. Five Minutes Away (3:15)
07. Living Life (2:43)
08. Eve of Dextruction (3:22)
09. Last Night (3:40)
10. Cliché Intro (1:48)
11. Back in Time (2:10)
12. Hot Winter's Day (2:12)
13. Black List (3:50)
14. Untitled (1:23)
15. Afternoon Love In (4:01)
16. 7th Message (3:52)


DJシャドウがサンプリングのみで構築した傑作"Endtroducing...."や、DJクラッシュ"Strictly Turntablized"が世に問われたことで、いわゆる『アブストラクト・ヒップホップ』というジャンルは一気に広がりを見せました。
HIPHOPでありながらラップを(基本的に)用いず、また種々のサンプルを用いてブレイクビーツの上に複雑な要素を多層化させることに長けたこのジャンルは、確かにその名が示す通りに抽象的であり、またHIPHOPという「サンプリングを根底として成り立っている音楽」のストイックなアートフォームを提示したと言えるのではないかと思います。

そして、サンプリングという手法自体はその根本の性質からしてすでにコラージュ的です。
様々な楽曲や、ときにはフィールドレコーディングなどの録音物から特定の音を抜き出し、加工し、ループさせたものを幾重にも重ねるとき、音は元々の(原曲の中で持ち得ていた)意味を失ってただの素材と化し、複数の意図/意味があるようで、その実楽曲全体では何も意味することがないというダダイスティックな現象を引き起こします。

コレは明らかに「ミュージック・コンクレート」と呼ばれるもの、あるいはNurse With Woundや近年ではdrawing4-5などといったミュージシャン達に代表されるコラージュ音楽の系譜に連なります。
アブストラクト・ヒップホップはラップを剥ぎ取ることでHIPHOPのそういった側面を強調し、ヒプノティックなサイケデリアを現出させることで「サイケデリック/トリップ・ミュージックとしてのHIPHOP」という価値観をリスナーに示したのです。

そして、アトランタ出身のスコット・ヘレンは、このジャンルの持つこういった特徴をさらに極端化させ、推し進めるための手法を見つけ出したのです。
それは「ヴォーカルチョップ」といい、歌/ラップを細かく切り刻み、無作為に再配置するものであり、スコットがメインプロジェクトであるPrefuse 73名義で発表したデビュー作"Vocal Studies + Uprock Narratives"により世に知られ、一気に広がることになりました。

彼は、人声のもつ肉体性と、それが切り刻まれランダマイズされることで表出する匿名性/無機質さを見事に同居させることに成功したこの手法はもちろん、コラージュ的な側面を強調した楽曲構築により、アルバム全体を催眠的なサウンド・ドラッグのようなものに仕立て上げます。
ヴォーカルチョップとダブル・ベースの描くゆったりしたラインと耳障りな電子音やヒスノイズ、オーケストレションなどがブレイクビーツの上で入れ替わり立ち替わり重層化していくさまは、まさに万華鏡的であり、非常に心地が良いです。

これは、アブストラクト・ヒップホップという「HIPHOP由来のアートフォーム」の理想形・完成形の一つであることは間違いありません。
全ての音から意味を剥ぎ取り、素材として扱うDJ/ターンテーブリスト達のラディカルな美学は、この作品をもって頂点を極めたのです。






Vocal Studies + Uprock Narratives [解説・ボーナストラック付き国内盤] (BRC38)Vocal Studies + Uprock Narratives [解説・ボーナストラック付き国内盤] (BRC38)
(2001/06/06)
プレフューズ73、Prefuse73 他

商品詳細を見る

J Dilla "Donuts"

donuts.jpg


Artist: J Dilla
Album: "Donuts"
Label: Stones Throw
Year: 2006

Tracklist
01. Donuts (Outro) (0:11)
02. Workinonit (2:57)
03. Waves (1:38)
04. Light My Fire (0:35)
05. The New (0:49)
06. Stop! (1:39)
07. People (1:24)
08. The Diff'rence (1:52)
09. Mash (1:31)
10. Time: The Donut of the Heart (1:38)
11. Glazed (1:21)
12. Airworks (1:44)
13. Lightworks (1:55)
14. Stepson of the Clapper (1:01)
15. The Twister (Huh, What) (1:16)
16. One Eleven (1:11)
17. Two Can Win (1:47)
18. Don't Cry (1:59)
19. Anti-American Graffiti (1:53)
20. Geek Down (1:19)
21. Thunder (0:54)
22. Gobstopper (1:05)
23. One for Ghost (1:18)
24. Dilla Says Go (1:16)
25. Walkinonit (1:15)
26. The Factory (1:23)
27. U-Love (1:00)
28. Hi. (1:16)
29. Bye. (1:27)
30. Last Donut of the Night (1:39)
31. Welcome to the Show (1:12)


Slum Villageへの所属や、後期のA Tribe Called Questを担当したことでも有名な、敏腕HIPHOPプロデューサージェイ・ディラ(a.k.a. Jay Dee)の(事実上の)遺作となった作品。
彼の死の直前、3日前にリリースされました。

彼はあのソウル・クエリアンズに所属し、The Rootsのクエストラヴディアンジェロジェイムス・ポイザーなどと共に多くのアーティストを手がけ、ヒットさせました。
ココに並んでいるのは、それらの作品とは対照的な数十秒~1分半程度の短く、簡素なHIPHOPトラックでありますが、そのことが逆に彼の芯の部分を曝け出しているかのようで、非常に印象的です。

彼の特徴はそのループ感覚にあります。
スムースに繰り返すのではなく、短い単位で区切った時間/空間がしゃっくりのような「間」を挟んだ上で巻き戻るかのようなその質感は、とても強い中毒性を有しています。
ゴツゴツとした、武骨な感触すらあるそのループには根強い人気があり、未だ多くのフォロワーを生んでいますが、その心地よさは確かに唯一無二。

また、様々なレコードから丹念に選び抜いたであろうサウンドは繊細に重ねられていながらもひどくパラノイアックで、短い曲を31曲(!)並べたアルバム構成と合わせ、全体を一つのコラージュ/サウンド・ドラックとして成立させています。まさかレイモンド・スコット(13曲目は彼の楽曲をほぼそのままHIPHOPビートにのせるという荒業笑)やフランク・ザッパまでもってくるとは思いませんでしたよ…

それまでの洗練された作風と比べても、面食らってしまうほどにラフでアヴァンギャルドな作品となっていますが、彼のドーナッツ(レコード)への愛に溢れた名作であると言えるでしょう。






DonutsDonuts
(2006/02/07)
J Dilla

商品詳細を見る

Common "Like Water for Chocolate"

like-water-for-chocolate.jpg


Artist: Common
Album: "Like Water for Chocolate"
Label: MCA/Universal
Year: 2000

Tracklist
01. Time Travelin' (A Tribute to Fela) (6:37)
02. Heat (3:41)
03. Cold Blooded (4:58)
04. Dooinit (3:37)
05. The Light (4:21)
06. Funky for You (5:55)
07. The Questions (4:09)
08. Time Travelin' Reprise (1:33)
09. The 6th Sense (5:19)
10. A Film Called (Pimp) (6:05)
11. Nag Champa (Afrodisiac for the World) (5:10)
12. Thelonius (4:41)
13. Payback Is a Grandmother (4:30)
14. Geto Heaven Part Two (5:18)
15. A Song for Assata (6:48)
16. Pop's Rap III... All My Children (5:09)


アメリカ人ラッパー コモンが2000年に発表した4thアルバム。
2nd"Ressurection"や3rd"One Day It'll All Make Sense"などでは、メロウなジャズ・ヒップホップトラックを知性的なフロウでスマートに乗りこなし、その名を知らしめることとなりましたが、今作ではその作風をがらりと変えています。

プロデューサーとして名を連ねるのはディアンジェロ、やThe Rootsのクエストラヴジェイ・ディー(ディラ)などのいわゆる「ソウル・クエリアンズ」の面々です。
つまりこの作品は、コレ以前に発表されたディアンジェロの"Voodoo"やThe Rootsの"Things Fall Apart"に続くソウル・クエリアンズの作品といっても過言でなく、そしてそれらの作品と同じようにソウル/R&Bやジャズ、そしてHIPHOPの垣根を軽く飛び越える素晴らしい作品となっています。

アルバムの空気はナイジェリアの戦うミュージシャン フェラ・クティに捧げられた一曲目(息子のフェミ・クティも参加)から確立されます。
小気味のいいスネアと強烈にドライヴするバスドラム、這い回るサブマリン・ベース、気だるいトランペットやハンドクラップに、温かな音響をかぶせるシンセ/キーボードがとてもシャープかつアフロ・コンシャスなグルーヴを作り上げ、コモンのラップがその間隙を付くようにフロウしていく。
今まで以上にグルーヴに重きを置いた作品となっていることはすぐに理解できるでしょう。

また、今回はコモンのMCだけでなく、随所に多彩なゲストによるソウルフルなヴォーカルが配置されています。
ディアンジェロやジル・スコット、シーロ・グリーン(!)など名だたるミュージシャンがその歌声を披露していますが、特に印象的なのはビラルですね。
彼は2012年の重要作といえる、ロバート・グラスパーの"Black Radio"でも、その力強い声でもってサポートしていましたが、今回も素晴らしい活躍ぶりです。
特にDJプレミアのプロデュースによる九曲目でのヴォーカルは素晴らしい。印象的なフックをドラマティックに歌い上げ、コモンのMCと共鳴するかのようにその声を響かせています。

先ほども申しましたように、最早これは単純にHIPHOPというジャンルに還元できるような作品ではありません。
アフロ、ソウル/R&B、ジャズ、HIPHOPなどが渾然一体となったブラック・ポップであり、先行する2作品にも続く、高純度のグルーヴ・アルバムなのです。
先の2枚が気に入っている方は勿論コレを聴くべきだと思いますし、また、コレを聴いた方は是非その2枚にも手を伸ばしていただきたいものです。






Like Water for ChocolateLike Water for Chocolate
(2000/03/28)
Common

商品詳細を見る

DJ Krush "Strictly Turntablized"

krush.jpg


Artist: DJ Krush
Album: "Strictly Turntablized"
Label: Mo' Wax
Year: 1994

Tracklist
01. Intro (1:04)
02. Lunation (3:34)
03. Fucked-Up Pendulum (4:26)
04. Kemuri (4:41)
05. The Loop (1:53)
06. Silent Ungah (Too Much Pain) (4:23)
07. Interlude (1:11)
08. Dig This Vibe (4:54)
09. Yeah (3:22)
10. To The Infinity (4:09)
11. The Nightmare Of Ungah (Sandro In Effect) (4:28)


日本人DJ石英明ことDJ Krushの2nd。
DJ Shadowとともにサンプリング・ミュージックの可能性を押し広げた人物であり、インストゥルメンタルHIPHOPをアートの域にまで押し上げたシャドウの名作"Endtroducing...."の前夜である1994年に発表されました。

変幻自在のビートと、多種多様なサンプルで緻密に構築された"Endtroducing...."と比較すると、こちらは非常にシンプルな内容と言えるかも知れません。
ダビーなビートやダークなサンプル、ヴォイス・サンプルなどで構成された楽曲はいずれもアンダーグランドな香りを強く感じさせます。

クラッシュのサウンドにはシャドウのような派手さはありませんが、この作品がシャドウの"Endtroducing...."と同じように、ストイックにサンプリング・ミュージックを追求した結果であることは一目(耳)瞭然です。
反復するビートとダークなディストーション・ノイズ、ヴィブラフォン、ヴォイス・サンプルといった音は非常にスモーキーに響き、悪夢のような酩酊的な感覚をリスナーに与えることでしょう。

彼(とシャドウ)の音楽は「トリップ・ホップ」という言葉も作り出し、HIPHOPの持つサイケデリック/アシッドな一面を大衆に認知させていきます。
タイトル通りクラッシュが厳密に、厳しくターンテーブルと対峙した末に生まれた名作と言えるでしょう。
インストHIPHOPを聴くなら、"Endtroducing...."とコレを聴いてないのでは話にならないとすら言える作品ではないでしょうか。






ストリクトリー・ターンテイブライズド

The Gaslamp Killer "Breakthrough"

669158524075-300x300.jpg


Artist: The Gaslamp Killer
Album: "Breakthrough"
Label: Brainfeeder
Year: 2012

Tracklist
01. Breakthrough (2:15)
02. Veins (featuring Gonjasufi) (1:45)
03. Holy Mt. Washington (featuring Computer Jay) (2:27)
04. Father (1:13)
05. Critic (featuring Mophono) (2:20)
06. Dead Vets (featuring Adrian Younge) (2:25)
07. Flange Face (featuring Miguel Atwood-Ferguson) (3:39)
08. Fuck (1:11)
09. Apparitions (featuring Gonjasufi) (2:51)
10. Impulse (featuring Daedelus) (3:33)
11. Peasants, Cripples & Retards (featuring Samiyam) (2:15)
12. Meat Guilt (featuring R.S.I) (1:50)
13. Mother (2:59)
14. Nissim (featuring Amir Yaghmai) (4:31)
15. Keep It Simple Stupid (featuring Shigeto) (1:46)
16. Seven Years of Bad Luck for Fun (featuring Dimlite) (3:52)
17. In the Dark... (6:23)


「LAビートシーンの狂人」と持て囃されている、The Gaslamp Killerことウィリアム・ベンジャミン・ベンサッセンのデビューアルバムが、あのFlying Lotus主宰のレーベルBrainfeederよりリリースされました。
フルアルバムとしては初の作品ですが、これまでにもEPやMix CDなどを発表し期待が高まっていたこともあり、満を持してのデビューということができるでしょう。

近年、雑多なジャンルを飲み込んで吐き出すことのできるセンスを持ったミュージシャンが(特に若手に)多くなってきているように感じますが、The Gaslamp Killerのそれはさらに輪をかけて凄まじいです。
モンドな電子音やサイケデリックな質感のノイズ・ギター、ビリビリと痙攣するノイズや狂騒的なヴォーカル・チョップ、夢心地のヴィブラフォンや妖しく踊るシタール/タンブール(トルコの弦楽器)などがブレイクビーツ(やはりどぎついダブ処理がなされています)の上でぐちゃぐちゃに混ざり、あらぬ方向へと暴発します。
彼は以前、辺境サイケ/ファンク・ディガー御用達のレーベルFinders KeepersのレコードオンリーのMix CDなども発表しており、特にタンブールなどの使用はそのあたりからきたものであることは間違いありません。辺境サイケからHIPHOPやダブステップまで、彼の目の前では全てが等価なものなのです。

ほぼすべての音が不協和に響きあいながらも強烈なリズムを形作り、ブレイクビーツと混じって異様なグルーヴを形成する様は聴いていて心躍るものがあります。
こと14曲目'Nissim'は出色のトラックでしょう。祖父と兄の名を冠したこのトラックは、アミール・ヤグマイ(と読むのでしょうか?)によるとてもエキゾチックなタンブールによるソロに突然レイドバックしたビートが覆いかぶさる、ワールド・ミュージックとHIPHOPのクロスオーヴァーとも言える楽曲で、異常に跳ねるベースと変質的に隙間を埋めるパーカッションにより昇華され、異次元からの音楽のように響きます。

混沌をそのままビートで継ぎ接ぎし、Mix CDとして仕上げたかのような作品であり、同時に今の時代を代表するサイケデリック・ミュージックでもあります。
特にサイケファンは要チェックです。






Breakthrough [帯・ライナー付・ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC351)Breakthrough [帯・ライナー付・ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC351)
(2012/09/26)
THE GASLAMP KILLER

商品詳細を見る
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
89位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR