スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Creation Rebel "Starsip Africa"

b370c.jpg

Artist: Creation Rebel
Album: "Starship Africa"
Label: 4D Rhythms
Year: 1980

Tracklist
01. Starship Africa (19:38)
02. Space Movement (22:01)


先日、当ブログで紹介しましたCreation Rebelの3rd。
またもエイドリアン・シャーウッドによるプロデュースであり、やはりON-U Soundの前身レーベルである4D Rhythmsよりリリースされました(4D Rhythmsからのリリースはこの作品が唯一であったようです)。

1stアルバム"Dub from Creation"のリズムを再録音のうえ解体/再構築したものなのですが、もはやUKダブすら飛び越えた、奇跡のように意味不明(褒めてます)な作品なのですよ、コレが。

UKダブの特徴といえば、以前も申しましたように、オリジナルのジャマイカン・ダブの涼気を極端に拡大解釈した(あるいは歪曲した)「冷気」です。そしてこの作品ではその「冷気」が巧みに表現されております。寒いです。寒すぎです。

もはや、「曇り空のロンドン」なんて冷気ではなく、絶対零度といっても過言ではない、殺気に満ちた音像で迫ってきます。
これはおそらく、テープを逆回転させた上でディレイやリヴァーヴをランダムにかけた(なんてことを!)、シャーウッドのミックスによるところが大きいのでしょう。Creation Rebelの暖かみのある演奏がズタズタに引き裂かれかき回されることで人の意思あるいはを抜き取られ、非常に無機質な響きでもって、冷徹に「素材」として扱われています。

その冷徹な響きから感ぜられる絶対零度な温感は、「素材」の無機質な響きと相まって、聴き手の魂を宇宙の遥か彼方まで連れ去ります。まさにStarshipです。
そして、このスペーシーさは本来のダブとは別のところでサイケデリックな感覚にもアクセスします。まさにトリップ・ミュージック!

勿論、グルーヴはただの一つも損なわれておりませんし、ベース・ミュージックとしての機能もしっかりと保持されています。唯一、人の意志を感じられるのはジャマイカンな香り漂うベース・ラインですね。

本当に、とんだ作品を残してくれたものです。
間違いなくUKダブの一つの極地でしょう。そしてまた、この作品を作り上げた時、シャーウッドは20歳だったということには驚きを隠せません。まさに、天才の所業です。

ちなみに、現在はアルバム全体で'Space Movement'という一つの組曲という扱いになっている模様です。






STARSHIP AFRICA [解説・ボーナストラック4曲収録・紙ジャケット仕様・国内盤] (BRC80)STARSHIP AFRICA [解説・ボーナストラック4曲収録・紙ジャケット仕様・国内盤] (BRC80)
(2003/08/30)
クリエイション・レベル

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。