Sibylle Baier "Colour Green"

51BrkvDtHvL__SL500_AA300_.jpg

Artist: Sibylle Baier
Album: "Colour Green"
Label: Orange Twin Racords
Year: 2006

Tracklist
01. Tonight (2:27)
02. I Lost Something in the Hills (3:28)
03. The End (2:28)
04. Softly (2:55)
05. Remember the Day (1:44)
06. Forget About (2:31)
07. William (2:21)
08. Says Elliott (2:26)
09. Colour Green (2:25)
10. Driving (2:31)
11. Girl (1:44)
12. Wim (2:01)
13. Forgett (2:11)
14. Give Me a Smile (1:54)


ドイツ人女性SSW、シビル・バイエルによる唯一の作品。
1970-73年にかけて録音されたようですが、リリースされることはなかった模様です。
息子のツテにより、2000年代になってDinosaur JR.JマスキスのレーベルOrange Twinよりリリースされることになったということですので、世の中何がどうなるか分かりませんね。
ちなみにこの人、女優業もやっており、ヴィム・ヴェンダース監督作の「都会のアリス(73年)」などへの出演で知られています。12曲目の'Wim'というのもヴェンダース監督のことのようです。

さて、肝心の音は至ってシンプル。
最終曲に控えめのオーケストレーションが施された以外は、歌とギターのみという、SSWらしい作品となっております。
可もなく不可もなく、といった感じのフィンガーピッキングと、バイエル自身の抑揚のない歌い方が、どこまでも淡々とした薄暗い曲調と合わさることで、非常に幽玄な雰囲気を醸され、まさにジャケット通りのセピア/モノトーンな風景が広がっていきます。
隔世の感が強く、精神の裏側を見せられているような危険な香りもあり、あまり精神状態のよろしくないときに聴くのはオススメできません。確実に引っ張られてしまいます。

…コレを録音した時のバイエル自身の精神状態はどうだったのでしょうか?
そして、彼女は現在も存命とのことですが(事実ヴィム・ヴェンダースの2008年作にも出演)、このような作品を作った人間は、今どのような気持ちで生きているのか?
とてもではないですが、私の想像の範疇を超えております。
未知なる暗黒世界を垣間見たい人には是非オススメします…が、引っ張られないようにご注意を。





Colour GreenColour Green
(2006/02/07)
Sibylle Baier

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
67位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR