The Roots "Do You Want More ?!!!??!"

roots.jpg

Artist: The Roots
Album: "Do You Want More ?!!!??!"
Label: DGC/Geffin
Year: 1995

Tracklist
01. Intro/There's Something Goin' On (1:18)
02. Proceed (4:35)
03. Distortion to Static (4:18)
04. Mellow My Man (4:41)
05. I Remain Calm (4:08)
06. Datskat (3:40)
07. Lazy Afternoon (5:06)
08. ? vs. Rahzel (3:18)
09. Do You Want More?!!!??! (3:21)
10. What Goes On Pt. 7 (5:32)
11. Essaywhuman?!!!??! (4:59)
12. Swept Away (3:50)
13. You Ain't Fly (4:42)
14. Silent Treatment (6:52)
15. The Lesson Pt. 1 (5:12)
16. The Unlocking (8:11)


以前当ブログでも紹介した The Rootsの2ndアルバムにしてメジャー・デビュー作。

「生演奏でのHIPHOP」というコンセプトでは最もヒットした(している)バンドだと思いますが、それというのもやはり各人の演奏能力の高さに理由があると思います。
彼らの作品で中核を担うのは、MCのブラック・ソートと並びバンドのフロントマンを務めるクエストラヴのドラムでしょう。HIPHOP特有の催眠的なレイドバック・ビートを、そのビートの持つ雰囲気とは逆に、非常にタイトに叩きだすことで、楽曲の土台を強固に作り出しています。ある意味彼あってのThe Rootsというのは間違いないことではないかと思いますね。勿論、これ以降プロデューサーとしても急成長を遂げていくわけですが…

そして、ドラムの叩きだす強固な土台の上をブラスやベース、エレピがジャジーに漂うことで、ダークな雰囲気が即座に確立され、それはアルバムを通して維持されることになります。

その催眠的なグルーヴと浮遊感のあるジャジーな音響の中、ブラック・ソートマリクBという二人のMCがラップを紡いでいくのですが、この二人もスタイルが違っていて面白い。
ブラック・ソートのラップはどこか生真面目でかっちりとしており、マリクBはラフで破天荒。この二人がグルーヴと音響をかいくぐりながら言葉を楽曲に乗せていく様は実にスリリングですね。

「HIPHOPバンド」という特異なスタイルの表明であり、金字塔とも言える作品だと思います。
HIPHOPファンは必聴ですよ!





Do You Want More?!!!??!Do You Want More?!!!??!
(1995/01/17)
Roots

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
67位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR