Washed Out "Life of Leisure"

washed-out-life-of-leisure-disc-cover-27880.jpg

Artist: Washed Out
Album: "Life of Leisure"
Label: Mexican Summer
Year: 2009

Tracklist
01. Get Up (3:01)
02. New Theory (2:52)
03. Hold Out (3:29)
04. Feel It All Around (3:16)
05. Lately (2:02)
06. You'll See It (2:55)

2010~2011年にかけ、インターネットを中心として一大ムーヴメントを巻き起こしたチルウェイヴ/グローファイ(Chillwave/Glo-Fi)というジャンル。
その発端となったのは2009年にMexican Summerからひっそりとドロップされたこの作品でした。

Washed Outはジョージア州出身のアーネスト・グリーンによるソロ・プロジェクトであり、チルウェイヴ・シーンの中心に位置するミュージシャンです。
単純に言えばシンセ・ポップのミュージシャンということができるでしょうが、その音はあまりに特徴的であり、そして言語化を拒むようなぼんやりとした雰囲気を強く有するものでした。
そのため「チルウェイヴとはWashed Outの"Life of Lieisure"で聴かれる音である」とまでされながらも、「チルウェイヴ」というジャンルの明確なサウンド・フォーマットは存在しないか、あるいはリスナー諸氏によっても確定することができない、という困った事態も巻き起こしたのです。

では、その音とはどのようなものか?
シンプルなビート/パルスと綺羅びやかなシンセサウンドは明らかに70/80年代のディスコサウンドに由来するものである(それを裏付けるように1~4曲目ではその時代の楽曲からのサンプルが見受けられます)し、レイジーなディレイや空間を包み込むようなサイケデリックな音響感覚はシューゲイザー/エレクトロニカに影響されたものでしょう。
そして、その上にのせられるメロディーはサンシャイン・ポップ/ソフト・ロックを想起させるような、限りなくスウィートな陽性をはらみ、それでいて切なく物憂げな現実逃避的志向を持つものです。

これらのサウンドが巧みに重ねられ、融け合うことで、ダンス・ミュージックとしての機能を維持しながらも、どこかベッドルーム向けの内省的なサイケデリアを迸る奔流のように生み出すのが「チルウェイヴ」ではないかと思います。

また、アーネスト自身のサウンドの重ね方(特にディレイのかけ方)が独特で、リズムを崩すようにかけようとして、リズムが本当に崩れかけるというちょっと稚拙(狙ってやっているとしたら凄い!)な感じのするものなのですが、それがまた楽曲にイノセントな雰囲気をもたらしているようにも思います。
ちなみにこのサウンドは1曲目の冒頭で早速聴くことができますが、すでにこの瞬間にいかにも「チルウェイヴ」という雰囲気が確立されているように感じられるところを思うと、この不思議なディレイこそが「チルウェイヴ」なのかもしれません…というのはちょっと言い過ぎかな(笑)

しかし、最終的に「チルウェイヴ」というジャンルの持つ「同定のしづらさ」はそこにカテゴライズされるミュージシャンを非常に苦しめる結果となりました。
Washed Outが昨年満を持して発表した"Whithin and Without"はこのEPをアルバムサイズに拡大することにも、あるいは本質を残しつつも表層的なサウンドを変化させることにも失敗した、中途半端なものであったと今になっては思いますし、同じくチルウェイヴシーンの重要ミュージシャンと目されていたToro Y Moiはチルウェイヴもの有する「ダンス・ミュージック性」の方でのアプローチに向き、質の高いダンス・ポップ・チューンを作る方向にシフトしました。

結局のところ「チルウェイヴ」というムーブメントはこのEPに始まりこのEPに終わったのかもしれません。
…でも、Washed Outはまだ終わっていないんじゃないかなー、なんて予感がするんですよね(笑)"Within and Without"にかすかに残るイノセントなポップネスに私は期待したいと思います。



↑問題の(笑)1曲目です。
私にはやはり稚拙に思えるというか、一瞬だけデモ楽曲のような雰囲気になっちゃってると思うのですが…

Life of Leisure [Analog]Life of Leisure [Analog]
(2010/05/11)
Washed Out

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
51位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR