スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peter Ivers "Terminal Love"

terminallove.jpg

Artist: Peter Ivers
Album: "Terinal Love"
Label: Warner Bros.
Year: 1974

Tracklist
01. Alpha Centauri (3:10)
02. Sweet Enemy (2:47)
03. Terminal Love (2:50)
04. My Grandmother's Funeral (2:24)
05. Modern Times (3:10)
06. Deborah (4:01)
07. Oo Girl (2:28)
08. Audience of One (4:49)
09. Felladaddio (1:50)
10. Holding the Cobra (4:27)
11. Even Stephen Foster (2:26)


明らかにこの社会に適合出来ない人間というものは、やはりある一定の割合で存在していると思います。
そういった人達は自殺してしまったり、あるいは大きな罪を犯してしまったりとあまりほめられた結末を迎えないことが多いですが、逆に芸術分野や学問などの才能を併せ持った場合、その類稀なる感覚をその世界に巧みに落とし込み、素晴らしい成果を残すこともあるように思います。

さて、今回紹介するピーター・アイヴァースも間違いなく後者の中の一人と言えるのではないでしょうか。
元々はブルーズ・ミュージシャンリトル・ウォルターの下でミュージシャンとしてのキャリアをスタートし(それ以前はいくつもの学問分野を修了したとか…)、69年に自己のバンドを率いてデビューしました。

この作品は3rd(2ndがお蔵入りしたため、実質の2nd)になります。
1stアルバムは、アングラなサイケデリック・ブルーズといった趣でなかなかに実験的なサウンドでありましたが、こちらは割りと聴きやすいです。

随所で聴かれる本人によるブルーズ・ハープや、ファンク/ソウルマナーに沿ったようなペナペナとした軽めのディストーションが心地よいギターもあり、そこはかとなく漂うのはブルー・アイド・ソウルっぽい雰囲気なのですが、どこか歪で悲しく、楽曲を聴き進めていく内にどうしようもなく寂しくなってきます。本人のねずみ男(笑)っぽい声がそれに拍車をかけるのですからたまったもんじゃありません。

アシッド・フォーク稀代の名盤の一つに数えられるむきもある作品のようですし、かのゆらゆら帝国の坂本慎太郎も「心のフェイヴァリット」として挙げていた作品だったりします。シド・バレットなど、どうしようもなく「ズレて」いながらもにじみ出るポップネスを有したミュージシャンが好みの人には是非聴いていただきたいですね。

週末にお酒を嗜みながら浸りたい作品…と思うのは私だけですかね、はい(笑)





TERMINAL LOVE(ターミナル・ラヴ)(直輸入盤・帯・ライナー付き)TERMINAL LOVE(ターミナル・ラヴ)(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2009/08/29)
PETER IVERS(ピーター・アイヴァース)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
70位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。