スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gareth Dickson "Quite a Way Away"

quiteawayaway.jpg

Artist: Gareth Dickson
Album: "Quite a Way Away"
Label: 12K
Year: 2012

Tracklist
01. Adrenaline (4:10)
02. Noon (4:38)
03. Get Together (7:15)
04. Quite a Way Away (2:47)
05. This is the Kiss (6:59)
06. Happy Easters (5:56)
07. Nunca James (4:02)
08. Jonah (7:39)

トラッド・フォークのヴァシュティ・バニヤンや、アルゼンチン音響派として注目を集めたファナ・モリーナなどのツアー・バンドの一員としても活躍する、ギャレス・ディクソンの2ndが、12Kからリリースされました。

12Kというレーベルのカラーを考えると、この人選は非常に興味深いものがあります。
なぜなら、ギャレスはシンガー・ソング・ライターであり、そしてこの作品は、根本的にシンガー・ソング・ライターの作品なのですから。今までストイックに電子音響系の作品をリリースしてきた12Kを思えば意外に意外過ぎます。

では、これがレーベルカラーと真っ向から対立する作品かというとそんなことはなく、むしろ「今の12K」だからこそリリースできた作品とも言えると思うのです。

彼のギターと声を聴く人がまず思い浮かべるのはニック・ドレイクではないかと思います。
爪弾かれるナイーブなギターと、物憂げなバリトン・ヴォイス。
特に声はニック・ドレイクそっくりで、彼の新作と言われても信じてしまいそうなほどです。

楽曲はその二つの要素のみで構成され、淡々と進んでいきます。
そして、この作品ではその二種の音の、「響き」に強くフォーカスがあてられています。
爪弾かれるギターの残響は波紋のように交じり合い、魅力的なバリトン・ヴォイスの響きと融け合うことで、サイケデリックな陶酔感/浮遊感を強めていきます。
そして、印象的なフックを排した、淡々と進行する歌のメロディーはそういったサイケデリアを強く維持させます。

つまり、音響的な側面でギターと声、すなわちフォーク・ミュージックというものを捉え直し、再構築したのがこの作品なのです。
思えば2009年あたりから12Kのリリースには生楽器と(電子)音響との見事な融合(単純にエレクトロ・アコースティックというわけではなく)が印象的な作品が多くリリースされており、特に昨年末からの方向性というのはそういった側面を強く持っていたようにも思います。もしかすると、こういった作品のリリースがまだまだあるのかもしれません。
今から楽しみです。





Quite a Way AwayQuite a Way Away
(2012/02/21)
Gareth Dickson

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
78位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。