The For Carnation "The For Carnation"

theforcarnation.jpg

Artist: The For Carnation
Album: "The For Carnation"
Label: Touch and Go Records
Year: 2000

Tracklist
01. Emp. Man's Blues (8:12)
02. A Tribute to (6:09)
03. Being Held (5:36)
04. Snoother (6:27)
05. Tales [Live from the Crypt] (7:53)
06. Moonbeams (9:29)


孤高の(ポスト)ハードコアバンドSlintの解散後に、Vo.のブライアン・マクマハンが結成したバンドの1stにして唯一のアルバムです。

Slintの2nd"Spiderland"は、「静」と「動」のコントラストが見事な、緊張感に満ちた作品でしたが、このバンドではその「静」の部分だけを取り出したかのような、不穏で、物悲しく、陰鬱な音楽を追求しています。
全編通してのろのろとした、這いずるようなテンポと、マイナーな雰囲気が維持されているため、スロー・コアとかサッド・コアと呼ばれることもあるようです。

ギター、ベース、ドラムとオーケストレーション、そして少しの電子音で楽曲は構成されていますが、ディストーションなどの歪んだ音は少なく、かろうじて電子ノイズが時折現れる程度です。

しかし、そんなクリーンめな音の特徴とは裏腹に、緊張感というか「殺気」のようなものが充満した、重苦しい音楽が出来上がっているのには驚きます。
そして、その音は決して爆発することなく、燻ったまま消え入るように終わっていくのです。

Slintの解散以降、Mogwaiを始めとした「静」と「動」のコントラストを巧みに使い分けるフォロワーは多く生まれたようですが、本家はそのコントラストを捨て去り、さらなる荒んだ世界を表現していた、ということですね。全くもって見事な作品です。



For CarnationFor Carnation
(2000/04/04)
The For Carnation

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
71位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR