The Best 20 Discs of 2017 [H1]

2017_h1_best20.jpg


こんばんは。
早くも今年の半分が終わりまして、僭越ながら上半期ベストを20枚選盤させていただきました。
20位から5枚ごとに紹介し、簡単なコメントをつけていきたいと思います。

20位 Knivtid "Knivtid EP" (ACR)
19位 Kassel Jaeger & Jim O'Rourke "Wakes on Cerulean" (editions Mego)
18位 Kara-Lis Coverdale "Grafts" (Boomkat Edition)
17位 Oto HIax "Oto Hiax" (editions Mego)
16位 Imaginary Forces "Runnin's" (きょうRecords)

まずは20~16位。
まずは今年発見したロンドンの新興テープレーベルACRより、スウェーデンのミュージシャンKnivtidのデビューEPを。
全体的に2000年代頃のエクスペリメンタルな電子音楽シーンにあった空気みたいなものを追い求めている感じのレーベルなんですが、これはとても静謐でちょっぴりダークなドローン/アンビエントという趣で非常に良かったです。このレーベルの作品はちょいちょい購入してまして、年内にはまとめて何作かレビューできたらなー、とか思ってます。
他には、カセル・イェーガーとジム・オルークによるいかにもらしいドローンアンビエント作品や、ここ最近のティム・ヘッカー作品への参加などで知られるカラ=リス・カヴァーデイルのモダンクラシカル感漂うEP、これまた2000年代の空気が濃厚に漂うOto Hiax、Imaginary Forcesの未発表曲・ヴァージョンを集めた編集盤など、かなりの好盤ばかりで、上半期の時点でかなり今年の充実ぶりがよく分かるように思います。


15位 Second Woman "S/W" (Spectrum Spools)
14位 Basic Rhythm "The Basics" (Type Recordings)
13位 Bellows "Sander" (Latency Recordings)
12位 GAS "Narkopop" (Kompakt)
11位 Arto Lindsay "Cuidado Madame" (P-Vine./Panderosa)

15位~11位あたりから徐々に混戦の様相が強まってきます。
昨年鳴り物入りでデビューしたSecond Womanが早くも届けてくれた2ndは、1stに比べアンビエントな部分が前景化した感のある良作でしたし、同じく昨年素晴らしいデビュー作"Raw Trax"を発表したImaginary Forcesの別名義Basic Rhythmの2ndは昨年のインタビューでも本人が語っていた通り、ロンドンの海賊ラジオやクラブシーンへの敬意が感じられるコンシャスな一枚に仕上がったと思います。(まさかマジでケイト・ブッシュをサンプリングしてくるとは思いませんでしたが 笑)
Senufo Editionsの復活や、後に挙げるInvesting Masksの2ndなど、他の活動も精力的なジュゼッペ・イエラシのユニットBellowsはShelter PressとLatency Recordingsから一枚ずつ作品を出しており、どちらも素晴らしい出来だったのですが、個人的にはちょっとセンチな雰囲気のある"Sander"の方が好みでした。
そして復活組。GASは云年の沈黙が嘘のようにかつての通り…どころか、それよりも一歩も二歩もディープになった"Narkopop"で健在ぶりをアピールしましたし、アート・リンゼイは昨年のロウレンソ・ヘベッチスのプロデュースにおいても傾倒したカンドンブレのリズムを取り入れ、先鋭的ながら知性あるポップネスを見せつけた"Cuidado Madame"という素晴らしい作品でカムバックしました。
大御所のカムバックというとそれだけで一定の注目を集めるものですが、それに加えてまだまだ前進しよう・新しいことをやろうという気概にあふれた作品を作り上げたのは実に見事です。


10位 Helm "Rawabet" (A L T E R)
09位 Phornesis, Julian Argüelles & Frankfurt Radio Big Band "The Behemoth" (Edition Records)
08位 Inventing Masks "2nd" (Error Broadcasts)
07位 Andrea Belfi "alveare" (IIKKI)
06位 Loke Rahbek "City of Women" (editions Mego)

そして10~06位。
電子音楽のライヴを生々しくとらえた、正にスナップショットなHelmの"Rawabet"から始まり、過去曲をラージアンサンブルを迎えて新たに生まれ変わらせたPhronesis、音響彫刻のような緊張感を孕んだデビュー作から一転、サンプルのループを駆使して感傷的な空気をたっぷり漂わせたInvensting Masksことジュゼッペ・イエラシ、イタリアのIIKKIのプロジェクトの一環としてアートブックと見事な調和を見せたアンドレア・ベルファイ、多層的でクラシカルなトラックを粗いノイズで一層ミステリアスに、神秘的な空気を強調したローク・ラーベックのソロデビュー作など素晴らしい作品がいっぱいで困りました。
こうやって見ると、自分の傾向として、今年はちょっと電子音響/電子音楽寄りな年ですね。


05位 The Necks "Unfold" (Ideologic Organ)
04位 Porter Rciks "Anguilla Electrica" (Tresor)
03位 공중도덕(公衆道徳) "공중도덕(公衆道徳)" (Boranical House)
02位 Félicia Atkinson "Hand in Hand" (Shelter Press)
01位 tricot "3" (BAKURETSU RECORDS)

そして上位5作品。
正直どれも説得力の半端無い作品ばかりで、どれが1位でも全くおかしくなかったです。
しかしながらtricotは先日の素晴らしいライヴの影響もありますが、何よりやはり曲が、詩が、演奏が、そして歌が素晴らしいというポップミュージックとして最も根本的ば部分をばっちり最高の形で提示してくれましたので文句なしの1位とさせていただきました。
次からは静謐で、しかし芯の通った循環(というかグルーヴというか)すら感じさせる程に美しい歌もの(?)だったフェリシア・アトキンソン、実験精神が自家中毒を起こしまくった果てに出来上がったかのような怪作がついにフィジカル化した公衆道徳、かつて以上にデトロイトに傾倒し、正にミニマル・テクノというべき作風でカムバックしたPorter Ricks、ピアノトリオにおけるインタープレイの極北を魅せつけたThe Necksと続いていきますが、本当にこの5作については今年聴かずに終われないレベルの作品ばかりですので、是非とも年内に聴くのをおすすめします。


そして今月はすでにFoetusことJGサールウェルの素晴らしいレトロシンセ作品で幕が開き、下半期への期待が俄然高まっております。
あと半年でこのラインナップがどう変化するか、あるいはどんな作品がランクインしてくるのか、今から楽しみにしております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
67位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR