공중도덕(公衆道徳) "공중도덕(公衆道徳)"

0301_gd.jpg


Artist: 公衆道徳 공중도덕
Album: "公衆道徳 공중도덕"
Label: Botanical House
Year: 2017 (Original Release: 2015)

Tracklist
01. 白い部屋 하얀방 (4:24)
02. 地震波 지진파 (3:31)
03. パラソル 파라솔 (2:00)
04. ウ 우 (4:26)
05. 沼地 늪지대 (6:19)
06. 月たち 달들 (3:04)
07. 多分 아마 (1:18)
08. 結び目 매듭 (7:03)


韓国のインディ・シーンから突如現れた謎のユニット공중도덕(公衆道徳) によるセルフタイトルのデビュー作は、何がどうなってこんな作品が突如韓国から飛び出してきたのか理解不能な怪作でした。
突如、といっても本作がリリースされたのは2015年のことで、今の春に日本でCD化(フィジカル化そのものが初っぽい)?された、というのが正確なところです。

がしかし、この作品の隅から隅までに横溢する、まるで世相など関係ないかのような超然とした空気/雰囲気/佇まいは、新作としても全然問題ないくらいエヴァーグリーンだと思いますし、まぁそもそも(私自身の不勉強ももちろんありますが)、こうやって大きく音楽ファンに認知されるチャンスが巡ってきたわけですし、今年の作品として取り扱いたいと思います。

さて、このユニットに関する詳細情報は現在でも殆どと言っていいほど非公開となっております。
日本語では、今回のリリース元のBoanical House関係者によるインタヴューが情報としても有用かと思われますが、これによると現在この名義での活動はされてないようです。

本作はフィンガースタイルのアコースティックギター弾き語りを主なスタイルとしながら、そこに様々なフィールドレコーディングやその他の楽音、電子音、歌声などをコラージュし作り上げたものなのですが、一音一音が完璧というか、まさに「こうあるべき」形に収まっているという奇跡を達成しておきながら、どこまでもソフトで、作りこまれたような形跡を微塵も感じさせない、背筋が凍るほどに不可思議な出来になっています。

爪弾かれるアコースティックギターで構築される楽曲は、酩酊的な空気を醸したり、突然思いついたかのようにリズム/進行を明後日の方向に変えてみたり、と思いきや今度は狂ったバランスの音響に埋没してみたり…とわずか30分強の作品とは思えないほどに劇的な変化を見せます。

自宅で本作に係る大半の作業を行ったということもあり、音は密室的でパーソナルなテクスチュアを纏っています。
音楽の作り方やアウトプットの形などは日本で言えばdrawing4-5に近いのですが、個人的にメロディセンスと合わせ何かに似ている、と思っていたのですが、ふと思いついたのはアンディ・パートリッジ(XTC)のデモ音源集"Fuzzy Warbles"シリーズだったのだから不思議です。

なんかもう、不思議としか言ってないようなレビューになってますが(笑)
現代的な、ウィアード/ストレンジなアシッド・フォークとして非常に魅力のある、聴きどころの多い作品です。
まだ6ヶ月ありますが、コレ聴かずに今年は終われませんよ!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
75位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR