7/7 "tricot VS47" tour @高松DIME w/Age Factory

tricot、高松の七夕を席巻!

いやー行ってまいりましたtricotの高松ライヴ。
2015年の"A N D"以降、年を追うにつれ、個人的な生涯ベストミュージシャン(XTCが殿堂入りしているあれです(知らねえよ))の一角を占める存在になってきてはいましたが、ようやく観ることができて感無量でございました。
(今回は撮影禁止ということもあり画像はなしです)

今回は平日のライヴということもあり、仕事終わりに間に合うかとハラハラものでした。
定時ダッシュします、と職場には数日前から宣言してましたので(それが通用する程度にはホワイトなところに転職できました)、17時過ぎにはいそいそと机周りを片付けていると、先輩の女性社員から「ダッシュする気満々じゃないっすか(笑)」と言われたので、良い笑顔で「はい!」と言っておきました(笑)

妻の仕事終わりが18時なので一度家に帰って着替え、妻を拾って一路瓦町の高松DIMEへ。
信号運が良くてするりと到着。

7・8番という良整理番号をGetできておりましたので開場と同時に中に入り、物販ではTシャツ(緑)と缶バッジ(全種)を購入。
缶バッジはクジでしたが、物販の方が「一種類だけ袋に入れ忘れてるので、それ一つと、あとは別の選んだらいいですよ」と教えてくれたところ、妻が「いっそ選んじゃだめですか?」とグイグイ攻めたら、「大丈夫です、誰も見てないですどうせ」というナイス対応(笑)全て一種類ずつ綺麗にGetしました。

で、開演。
まずはAge Factoryでしたが、何も音源を聴かずにいったわりには楽しめたと思います。
一曲目のイントロで残響がじわじわと広がっていくのがとても印象的でしたし、結構大胆なリズムチェンジがあったりと、全体的にエモ寄りのポスト・ロックっぽいスタイルではありましたが、言葉の詰め方にはHIPHOPやフォーク(というかトーキング・ブルース?)っぽいところも感じられ、完成された世界観を魅せつけてくれました。
改めてyoutubeなどで楽曲を聴いてみましたが、ライヴでぐっと良くなるバンドのような気がします。

そして本丸のtricot。
まずはうろ覚えですがセットリストです。

TOKYO VAMPIRE HOTEL
Wabi-Sabi
DeDeDe
よそいき
pork side
ポークジンジャー
18,19

<リクエストコーナー>
CGPP
slow line

南無
節約家

99.974℃
(本編ラスト数曲うろ覚え)

<アンコール>
MUNASAWAGI
メロンソーダ


当然のこととして新作"3"からの選曲が多く、非常にアガるセットリストでしたが、なにより3人のキュートさに心を奪われっぱなしでして、フロントマン中嶋イッキュウの愛らしさとエモーショナルな歌声はもちろんのこと、リードギターのキダ・モティフォさんの多彩なギタープレイとはにかみっぷり、逆にベースのヒロミ・ヒロヒロさんの寡黙な雰囲気に似合わぬ暴れっぷり(客席まで降りてきてくれた、というか妻がちょっと触ってた 笑)、そしてコーラスの絶妙さに終始感動しておりました。

途中のMCでは高松民のノリの悪さが爆発したのか(汗)tricotの面々にも少々の戸惑いが見られましたが(すいません)、キダさんが変なキャラを開眼(?)したおかげで和気藹々とした空気で終われたように思います。

いやとにかく、CDでも理解していたつもりでしたが、生で見ると音の説得力が段違いで、これは見ておかないと損するバンドだな、と確信しましたし、そもそもtricot聴いたことない人は今からアルバム3枚全部買って一ヶ月聴き込め。(命令)

欲を言えば、新作からはSSWっぽい作風で言葉が刺さる'スキマ'、旧作からは'おちゃんせんすぅす'や'食卓'、'プラスチック'あたりを聴きたかったので、次また高松に来てくれるときも観に行きたいと思います。

とにかく、今の邦ロックで間違いなく最高のバンドですtricotは。
今回のツアー、四国は昨日で終わりですが(高知、徳島、愛媛はすでに回った)、まだ27都道府県が残っております。
今からでも遅くないのでチケット取ってアルバム聴き込んでみてはいかがでしょうか、というかアルバム3枚(+"KABUKU EP")とチケット代で合計15,000円程度ですし、それで一生付き合えるバンドに出会えるんですから安いもんです。
是非まだ聴いたことないと言う方はコレを期に行ってみてください!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
75位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR