スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dream Syndicate "Inside The Dream Syndicate Volume 1: Day of Niagara"

51AAJ9BMQML__SL500_AA300_.jpg

Artist: Dream Syndicate (a.k.a. Theatre of Eternal Music)
Album: "Inside The Dream Syndicate Volume 1: Day of Niagara"
Label: Table of the Elements
Year: 2000 (recorded: 1965)


Tracklist
1.Day of Niagara (30:52)


先日のデイヴィッド・グラブスの1stに続き、またしてもToEからのリリース作品です。
ToEよりの作品、ということでまたしても実験音楽なわけですが…こんなので大丈夫でしょうか、このブログ?
まぁ、気を取り直してやっていきましょう。

この作品を語る場合、まず「Dream Syndicateとは何か?」「ドローンとは何か?」ということから述べなくてはならないでしょう。

このDream Syndicateとは、簡単に言えば現代音楽家ラ・モンテ・ヤングを中心に結成されたTheatre of Eternal Music(永久音楽劇場、このブログのタイトルの由来だったりします)というグループの異名です。他の参加メンバーとしては彼の妻マリアン・ザジーラ、かのThe Velvet Undergroundの初期メンバーであるジョン・ケイルとアンガス・マクリーズ、そしてミニマル/ドローン・ヴァイオリニストのトニー・コンラッドなどが挙げられます。ちなみに、この盤には参加していないようですが、ミニマル分野で有名な現代音楽家テリー・ライリーも後に合流したようです。

そしてこのアルバムタイトルの"Inside"という言葉は恐らく、メンバーの一人であるトニー・コンラッドがドイツのロックバンドFaustと共演し、1972年に発表した"Outside The Dream Syndicate"(こちらもTable of the Elementsより再発されています)との対比で付けられたものだと思われます。

このグループはいわゆるドローンを演奏することを目的とした集団です。
ドローン(drone)とは延々と続く持続音を意味し、例えばインドのラーガなどでタンブーラという楽器が担当するものです。
60年代にはサイケデリック・ムーヴメントにおけるインドなどからの影響によりこういったアンダーグラウンドの分野で演奏されるようになったようです。この類の音楽にはキャッチーなメロディーは存在しません。音が延々と引き延ばされ、ほんのわずかな変化を繰返していくのみです。しかしそれゆえこのタイプの音楽は催眠的であり、ある種の酩酊や幻惑的な感触を有します。サイケとミニマル、両方を含有し極端化したもの、と言ってもいいかもしれません。

ちなみにロックにおいてはEarthやSunn O)))、またはSleepの"Dopesmoker"というアルバムなどがドローン、あるいはそれに準ずるような音楽であると言えると思います。彼等は恐らくBlack Sabbathがロック界に提示した「遅さ」「重さ」を追求していくなかでこういった形式に到達したと思われます。

で、この作品ですが実は正規の音源ではないようです。
このグループの作品はいくつかを除いて発表されませんでした。ラ・モンテ・ヤングはそのつもりではなかったようです。
録音自体は行っていたようで、これらの作品が埋もれることを嫌がったトニー・コンラッドによりリリース、という形になったとか。実際のところは情報が錯綜していて分からないのですが…
クレジットによれば、トニー・コンラッドがヴァイオリン、ジョン・ケイルがヴィオラ、ラ・モンテ・ヤングが声、アンガス・マクリーズがパーカッションとのことです。マリアン・ザジーラは照明を担当していたと思われます。
曲自体はおそらくもっと長時間に及ぶセッションの一部を切り取ったものと思われます。本来の演奏は数時間に及んでいたそうなので…

ドローン作品としては先述の"Outside The Dream Syndicate"の方が聴きやすいと思いますし、これ自身には当時の資料以上の価値はないような気もします。ですが、ここに現れた「一度聴けば何度でも、何時間でも(脳内で)再生可能」な「永久音楽」はトニー・コンラッドやジョン・ケイルを触媒としてThe Velvet UndergroundやGastr del Solといった、実験的ポピュラー・ミュージックの世界に深い影響を与えることになります。その辺りが好きな方は源流の一つとして一度聴いてみるのも悪くないのではないでしょうか。



Inside the Dream Syndicate 1: Day of Niagara 1965Inside the Dream Syndicate 1: Day of Niagara 1965
(2000/08/08)
Dream Syndicate

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。