スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Moe and ghosts × 空間現代 "RAP PHENOMENON"

magxkgrp.jpg


Artist: Moe and ghosts × 空間現代
Album: "RAP PHENOMENON"
Label: HEADZ
Year: 2016

Tracklist
01. DAREKA (4:45)
02. 不通 (4:33)
03. 幽霊EXPO (3:34)
04. TUUKA (2:22)
05. 新々世紀レディ (5:13)
06. 可笑しい (5:34)
07. 少し違う (8:19)
08. TASYATASYA (0:50)
09. 同期 (4:32)
10. DOUKI (4:19)
11. 数字 (5:28)
12. ITAI (2:40)


HIPHOPとロックとは、古くはRUN D.M.CとAerosmithによる'Walk This Way'や、Public EnemyとAnthraxによる'Bring the Noise'に始まり、90年代にはHIPHOPのグルーヴやラップをロックに取り入れたニュー・メタル(Nu Metal、ラップ・メタルとも)や、近年のラップコア(メタルコアからの派生)など、様々な形での関係を時代時代で結んできたように思います。
ここ50年(特に60年代~90年代)のポピュラーミュージックにおいて、間違いなく最大級のモンスタージャンルであるロックと、それに取って代わるかのような勢いで、さらにはブラックミュージック全般を飲み込み更新するかのように浸透してきたHIPHOPとの共演には、常に互いが互いを喰い合うかのような居心地の悪さと、それに起因する緊張感とがありました。

そして、2011年より活動を開始し、イーストコースト(東海岸)でもウェストサイド(西海岸)でも(そしてもちろんダーティサウスでも)なくゴーストコースト(彼岸)HIPHOPを標榜するHIPHOPユニットMoe and ghostsと、今年より活動の拠点を東京から京都へと写し、エクスペリメンタルなコラージュ感覚と反復を前提とした楽曲を3ピースのロックバンドの形態で演奏するロック・バンド空間現代という2者のコラボレーションによる"RAP PHENOMENON"は、今まで行われたHIPHOP/ロックの共演の中でも最もちぐはぐで理解しがたく、そうでありながらもトップクラスに刺激的な傑作になったと言えます。

本作では、基本的には萌のラップと空間現代の演奏により楽曲を構築するという方法論が採られており、ユージーン・カイムによるトラックは控えめ(だと思う)なようです。

まず、空間現代の演奏が非常にトンガッておりまして、3ピースがそれぞれ別のリズムで演奏を反復し、中断し、再開するというパッと聴いただけでは何がなんだか分からないほどに変拍子/ポリリズムの嵐のような演奏になっています。
変拍子ロックというとどうしてもあぶらだこや、最近で言うとtricotなどの熱い演奏を思い浮かべますが、空間現代のそれはむしろ全くの逆と言ってよく、ノイジーなギターや、ズンズンと低音を響かせるベース、楔を打ち込むかのように硬質なドラムスなどによるソリッドな演奏は非常に歯切れよいものであり、それが突如中断・再開されながら反復される様子からはロック的な熱量が全く感じられません。
ダブを取り入れてロンドンの、ひいてはUKの冷気を身に纏わせたポストパンクの作品群(個人的にはOn-U Soundあたりに似た空気を感じます)ような切れ味の鋭さ、クールネスを感じさせてくれます。

そこに言葉を乗せる萌のラップもまたアブストラクトで、言葉を詰め込みながら加速減速を繰り返しますが、その周期というかリズムがまだ空間現代の演奏と噛み合っているんだか噛み合っていないんだかという加減で、その声が持つアンニュイなテクスチュアと相まって、彼女たちの標榜する「ゴーストコースト」という表現が正にピッタリの、無感情で虚無的なニュアンスを全編に漂わせています。

演奏とラップは、互いに殆ど無関係のような表情で並行して進んでいきますが、そこには確かにグルーヴが存在しています。
萌のラップがガイドラインとなり空間現代の演奏に(おそらくはずっと以前の作品から)隠されていたグルーヴを認識させる場面や、逆に空間現代の演奏が萌のラップに更なるスピード感を付与する場面も見られますし、2曲目や7曲目の終盤で彼ら/彼女らの演奏が完璧に絡み合った瞬間には言い表しがたいカタルシス/高揚感を感じるでしょう。

このコラボレーションを聴いていると、やはりHIPHOPとロックは水と油で、両者の共演には常にちぐはぐな居心地の悪さが付きまとうということを再認識せざるを得ません。
しかし、そうであるからこそ、この共演には他のジャンルがクロスオーヴァーした時には現出し得ない極上の緊張感と、それにともなうクールネスが実現されうる可能性がまだまだ秘められているということに対してもまた、確信を深くすることでしょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
78位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。