"Moonriders Outro Clubbing Tour" 10/15高松公演

『活動休止の休止』なんてひねくれてるなぁ!


先日、高松オリーブホールで行われた、我が国のロック黎明期から活動を続けているMoonridersの高松公演に参加してきました。
昨年のKing Crimsonに引き続き、最近の香川は大物バンドを呼び寄せる何か(うどん?)でもあるのか、というような(一部の人にとっては)豪華っぷりで個人的には嬉しい限りです。

さて、いつもの様に開場1時間ほど前には会場入り…したのですが、当然のこと中には入れず。
暫くの間待っていました。

riders1.jpg


案内が始まると、今回先行を逃していたので、ローソンチケットのCの最初の方という微妙な番号(全体で見れば150人強くらいの順番)でしたが、全自由席ということでなんとか4列目に潜り込みました。
物販では色々迷いましたが、限定1,000枚というライヴ盤の一つ(2,500円)と、"カメラ=万年筆"のジャケットがプリントされたTシャツ(3,500円)を買い、トイレで早速着替えてライヴに臨みました。

ライダーズの面々が入場してまず思ったのは、鈴木慶一さんと白井良明さんが思いの外細い!ということ(失礼)
フロントの御二人を始めとして皆さんオーラのビシバシ伝わるような佇まいで、あのライダーズを実際に目の前にしているのだと思うと非常に気分が高揚しましたね。

1曲目は名作"マニア・マニエラ"より'Kのトランク’、観客が皆この曲を知っていて、ノリノリで手を挙げているという様子がまるで夢のように思えつつ見ていると、後半の「I can't live without a rose. 薔薇がなくちゃ生きていけない」の部分を女性・男性・50才以上・50歳未満・東京から来た人・ライダーズが好きな人・全員、という順番で観客にコーラスさせるというサービスが。
緊張して音痴なコーラスになってしまいましたが(笑)

続いて'無防備都市'、'アルファヴィル'という"カメラ=万年筆"からの2連発も素晴らしかったです。
特に'アルファヴィル'はスタジオ版に忠実なアレンジのライヴを初めて聴いたので、そういう意味でも感動でしたね。

他にも往年の名曲がビシバシ繰り出されましたが、個人的に心に残ったのはスカっぽいアレンジに変更され、鈴木博文さんがメイン・ヴォーカルを務めた'モダーン・ラヴァーズ'やくじらさんによるヴァイオリン弾き語り(+慶一さんのコーラス付)の'マニアの受難'、良明さんのルーパーを駆使したギター演奏とドラムで、豊かな音のレイヤーが美しいアレンジが施された'犬にインタヴュー'(くじらさんと慶一さんの戯れ/犬の真似あり)、途中、珍しい慶一さんのソロが入った'静岡'、ウクレレアレンジの'青空のマリー'あたり。
90年代以降の曲はフォローできていないものも多く、楽しみきれなかったのはちょっと惜しかったですが…

全体的にコミカルで和気藹々とした雰囲気の和やかなライヴで、ジョークも交えつつとてもリラックスした空気が心地よかったです。
'スカーレットの誓い'から'Don't Trust Over 30'につなげて迎えた最後には、慶一さんからぽつりと「写真撮っていいよ」の一言。
昨年のクリムゾンの時の反省を活かし、さっと携帯を構えて撮ったのですが、ライトがまぶしすぎて巧くいかず(とほほ…)
でもなんとか撮れたのが以下の写真です。

riders2.jpg riders3.jpg


アンコールはまさかの2回。
最初のアンコールはアンビエントなアレンジの'くれない埠頭'で、オーラスは'トラベシア'で締めてくれ、非常に感動的でありました。

途中、「また来ます」的なことを慶一さんがおっしゃってましたし、ぜひ『活動休止の休止』の休止(笑)はなしで、頑張って活動していってもらいたいなぁ、と思います。
そしてまた、高松に来てください!

ムーンライダーズ・フォーエヴァー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR