宇多田ヒカル "Fantôme"

utada-fantome.jpg


Artist: 宇多田ヒカル
Album: "Fantôme"
Label: Universal Music
Year: 2016

Tracklist
01. 道 (3:36)
02. 俺の彼女 (5:04)
03. 花束を君に (4:38)
04. 二時間だけのバカンス [feat. 椎名林檎] (4:42)
05. 人魚 (4:16)
06. ともだち [with 小袋成彬] (4:23)
07. 真夏の通り雨 (5:38)
08. 荒野の狼 (4:34)
09. 忘却 [feat. KOHH] (5:05)
10. 人生最高の日 (3:10)
11. 桜流し (4:40)


現代日本の誇る女性SSW宇多田ヒカルの、実に8年半ぶりとなる6thアルバム"Fantôme"がリリースされました。
「幻」「気配」(あるいは「亡霊」)を意味するフランス語からつけられたタイトルの通り、本作は2013年に亡くなった母親 藤圭子に対する想いを綴ったアルバムであり、本作の制作は彼女にとって一種のセラピーのようなものだったのだろうと思います。

アルバムは、そんなヘヴィな製作動機を感じさせぬほど爽やかな'道'からスタートします。
軽やかに跳ねるアコースティックギターのフィンガーピッキングと、インディーR&Bのような柔らかさのあるリズムプログラミングが織りなすサウンドに乗せ「It's a lonely road, but I'm not alone./You are every song.」と力強く歌われる様子には母の人生と、自身への影響とを肯定的に捉えている様子が強く感じられます。

しかし、そういった心境に至るまでに紆余曲折があったであろうことは、本作の他の楽曲の歌詞からも窺えるように思います。
歌詞を見れば、シングルカットされた3・7曲目や5曲目などでは母への感謝や、彼女の(永遠の)不在から生じるやり場の無い悲しみが感じられますし、2・4・6曲目などで「表に出すことができない想い」を様々な形で歌い上げる様子からは、宇多田ヒカル自身が母親に感じている感情がポジティヴなものだけでは決してないということがはっきり示されているように思えます。
また、5曲目のラスト(「東の空~」)や10曲目では昨年生まれた息子のことも暗示しつつ、彼女が母の死に悲しさ/寂しさを覚えつつも、その母から授かった命を次世代につないでいきたい、という思いが表現されているようにも感じました。

サウンド面では、今までの作品からすると非常にスッキリ整頓された、生音中心のプロダクションが非常に印象的で、温かく感じられるように思います。
そもそもR&Bからスタートした彼女の音楽は、プログラムされたリズムを始めとする様々な電子音で彩りつつ、印象的な生音を密かに配していることもありましたが、ここまで生音中心で構成した作品は初めてなのではないかと思います。
先述のアコギはもちろん、ジャジーなベースのウォーキングや艶やかなオーケストレーションが見事に彼女の歌をサポートしています。

唱法についても、8年半のブランク(本人曰く「本当に歌わなかった」)が良い方向に作用したのか、今までの喉を絞って擦り切れるようなぎりぎりの感情を滲ませた歌唱から、ストレートな発声にストレートに感情を乗せるようなものに変わっています。
しかし、かつて「1/fの揺らぎ」なんて言われた(この言い方はちょっと眉唾っぽい気がしますけど 笑)彼女の声が持つ微細な揺れ、そしてそこから生じる豊かな表情の変化は相変わらずで、むしろストレートな発声により以前よりも奥ゆかしく滲むような、複雑なニュアンスが聴き取れるように感じます。

また、厳選の上招集されたゲスト陣も素晴らしいパフォーマンスを聴かせています。
かつて「EMIガールズ」としてほんの少しデュオで活動したこともある同期 椎名林檎は4曲目で色気のある歌声を聴かせながら宇多田をリード(MVもそんな感じですね)するような雰囲気で楽しませてくれますし、小袋成彬は6曲目にて、コーラスに徹しつつもその美声を聴き手に十二分に印象づけています。
そしてなにより9曲目にてフィーチュアされたKOHHは本作の目玉とも言えるゲストで、ラップだけでなく、その独特な死生観に基づく「言葉」も提供し、最早この曲だけで言えばKOHHの曲と言っても過言ではないほどに押し出されています。

そしてなにより、ラストに持って来られた'桜流し'には圧倒されます。
元々は2012年に発表された楽曲で、映画『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』へ提供されたものであり、時期的には東北の大震災などを受けて、「命」や「死/別れ」を題材とした楽曲であったと思うのですが、こういった様々な感情が表現された楽曲群の後に、アルバムの締めとして持ってこられることで、母へのポジ/ネガ含めた複雑な思いと、それを最早伝える術がない、どうしようもできないという事実の持つブルージーな感情が渦巻くものとして新たに再解釈され、鬼気迫る魅力を感じさせる楽曲として新たな生命を与えられているように思えるのです。

そもそも彼女は、自身のその時の状況が割りとストレートに作品に現れる、まごうことなきSSWタイプのミュージシャンであったように思いますが、今作はそのことに対する自覚もありつつ制作されたためか、今までの作品より一層内省的で、自己との対話的な作品になったように思います。
個人の好みでは他のアルバムの方が好き、という方もいらっしゃるとは思いますが、本作は、彼女のディスコグラフィを並べた時に、最もパーソナルなものとして、一つのランドマークとみなされることとなるでしょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
83位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR