スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nadis "Alquimia planetaria"

nadisap.jpg


Artist: Nadis
Album: "Alquimia planetaria"
Label: Cucha! Discos
Year: 2016

Tracklist
01. Insensible (10:22)
02. Baobab (8:47)
03. Cerbero (5:50)
04. Después de mirar (los disidentes) (6:35)
05. Irmão (8:50)
06. La combucha (10:29)
07. Pequeño concierto para un gran playmovil (9:37)
08. S.A.V.M.A.V.A.S.P.E. (8:22)


南米の音楽シーンで、また新たな動きが見られるようです。
2010年代初頭にはブラジルのミナス州にていわゆる「ミナス新世代」と呼ばれるミュージシャン達が注目を浴びていました。
当blogでもアントニオ・ロウレイロアレシャンドリ・アンドレスをご紹介させていただきました。

今回注目を浴びて(浴びかけて?)いるのはアルゼンチンのブエノスアイレス州(調べてみると首都のブエノスアイレスとは別みたいです)の州都ラ・プラタという都市です。
この都市を拠点に活動する7人組のバンドNadisが今年初頭に発表したデビュー作は、あまりに瑞々しい、フォルクローレをベースにしたメロディやハーモニー、そしてそれを活かす温かみを帯びながら、スリリングな緊張感に溢れたプログレッシヴな演奏とが見事に折り重なった傑作であるように思います。
この作品を契機として、近年徐々に盛り上がっているらしいラ・プラタの音楽シーンに一気に注目が集まってもおかしくないほどによく出来た作品です。

そもそも、最近のアルゼンチンの音楽シーンというと10~15年ほど前に盛り上がったアルゼンチン音響派なんて呼ばれたムーヴメントが思い浮かびます。
英米の音楽に慣れ親しんだ耳には新鮮な、伝統や土着性をはらんだメロディと、当時のポップス/ロック・シーンを視野に入れたコンテンポラリーな音作りや、先鋭的なテクスチュアへの感覚から、その数年前にポスト・ロックの隆盛とともに注目されたシカゴ音響派になぞらえて名付けられたこのシーンからはアレハンドロ・フラノフフアナ・モリーナといったミュージシャンが世界に羽ばたき、ここ日本では勝井祐二や山本精一らのROVOなどとも共演したことは覚えておられる方も多いのではないでしょうか。
私自身、大学時代がちょうどその時期でして、よく聴いていたのを思い出しますね。

アルゼンチン音響派の面々の音楽は、アルゼンチンの音楽をベースとしながらも、英米の先鋭的なポップ・ミュージックの方法論にそれを投影することで音楽を形作っていました。
こと、私が特によく聴いていたフアナ・モリーナなどはその傾向が強かった印象があります。
Nadisはそこからさらに一歩進み、メロディやハーモニーといったものだけでなく、ある種の空気感というか、アルゼンチン(特にラ・プラタ)の雰囲気を存分に漂わせています。

本作のサウンドの中心となるのはベースの描くしなやかなラインです。
そこにドラムがブラシワークでジャジーな装飾を加えつつ、有機的な変化/リズムチェンジをまじえ、複雑なグルーヴを作り出しています。
その上ではフルートやクラリネット、サックス、ギター、ピアノ/キーボードが奔放に、そして華やかに飛び回り、リズムの変化に難なく対応しながら、その時々に応じて幾何学的なポリフォニーや力強いユニゾンを聴かせてくれます。

もちろん聴きやすいだけの作品ではなく、先述のリズムチェンジに加えてやや不安定な不協和ぎりぎりのメロディや、ドラムが各楽器のミニマルなフレーズにポリリズミックにアプローチしていくシーンなども見られますし、楽曲はおそらく即興演奏を主として形成されていったような雰囲気のため、次に何が起こるか分からない緊張感も十分に感じられます。
楽曲は長い時間をかけて徐々にクライマックスに向かってクレッシェンドしていくものが多いこともあってか、短い曲でも6分程度とヴォリュームがあり、8曲の作品でありながら1時間を超えた収録時間になっています。
普段は45分程度の、コンパクトにまとめた作品が好みな私ですが、こういう充実した演奏はやはりこれくらいのフルヴォリュームで聴くに限ります(笑)

雰囲気には(それぞれのお国柄もあってか)結構な違いが見られますが、個人的にはアントニオ・ロウレイロの音楽にあった、プログレッシヴな演奏とブラジル/MPBらしさ両立(というか止揚というか)しているかのような感覚がNadisにも強く感じられます。(こっちはMPBでなくフォルクローレとかタンゴなのでしょうけど)
ぜひとも、ご一聴をおすすめします。大推薦。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
70位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。