Interview (conversation?) with Anthony J. Hart (a.k.a. Imaginary Forces/Basic Rhythm)

CaygSiNUkAAJZmI.jpg



先日のBasic Rhythmの1stのレビューの更新後に、twitter上にてアンソニー・J・ハートさんご本人(@BasicRhythmUK)から色々と興味深い発言をいただきましたので、ご本人のご承諾を得た上で転載させていただきます。

なお、翻訳に自信がないぶぶんもありますので、原文と日本語訳を両方載せようと思います。
(英語できないのがバレる…)



まず、レビューをUPする前日(前々日だったかな?)くらいに、アンソニーさんが「最近ケイト・ブッシュしか聴いてない」というような旨のことを呟いておりましたので、その点について少しお話をさせていただいていた経緯があることを申し添えておきます。
その時は、彼がケイトの作品の中で特に"The Dreaming"と"Hounds of Love"、そして"The Sensual World"を愛聴しているということと、彼女の音楽に込められた美や個人性(personal)、痛みといったものを好んでいるということをおっしゃっておりました。
(アンソニーさんは基本的にツイート後数日でツイートを削除されており、この前段の話についてはコピーできておりませんので原文が提示できませんが、大体このような内容でした)

その辺りの話を踏まえた上で、以下の会話をお楽しみいただければ、と思います。
なお、[]内の言葉は翻訳時に後から加えた注釈です。翻訳そのものや注釈に間違いがあればご連絡ください。
あと、当日ちょっと酔ってたので何時も以上に言葉が不自由なのはご容赦を…(笑)

Anthony J. Hart(以下AJH): Thank you. Google translate is not the best, but i think what you are say shows an understanding of what I am doing.
([レビューしてくれて]ありがとう。Googleの翻訳はベストのものとは言いがたいけれど、あなたが私のやっていることを理解した上でレビューしてくれていることは感じました。)

mantako(以下MA): Thank you, too. I think it is my selfish opinion, but I trust that it's a result of my sincerely thinking. So I'm so glad!
(こちらこそありがとう。私のレビューは、私自身の自分勝手な意見であるとは思いますが、私自身それが真摯な思考の結果であるということは信じています。だからこそ[そう言ってもらえると]とても嬉しいです!)

AJH: Everyone is free to make their own interpretations. You are right about the use of space and the influence of Detroit. The Main Influences are UK Hardcore, Jungle and D&B, as well as Detroit Techno, Chicago House, Kate Bush, Rap etc.
(自身の見解を持つということについては誰もが自由ですから。[楽曲における]空白の使用と、デトロイト[・テクノ]からの影響に関してはあなたの見解は正しいです。主な影響源ということで言えば、デトロイト・テクノやシカゴ・ハウス、ケイト・ブッシュやラップ[・ミュージック]等々と同様にUKハードコアやジャングル、ドラムンベースもそうです。)

MA: I think it's interesting that you add Kate Bush to your main influences.
(あなたがそこ(主な影響源)にケイト・ブッシュを加えているということはとても興味深いことだと思います。)

AJH: I guess it is about her approach and individuality, and sense of experimentation.
(彼女の[音楽に対する]アプローチの仕方や個性、そして実験精神に関して[影響を受けた]と自分自身では思います。)

MA: I'm interesting that how you reflect her beauty/personality/painfulness in your music.
(あなたが自分の音楽に、どのようにして[貴方自身が以前言っていた]彼女の美/個別性/痛みを反映させているのか、気になるところですね。)

AJH: The Biggest influence in my music, especially Basic Rhythm is obviously my time on pirate radio in London. That encompasses all of this music in Hardcore, Jungle and D&B. I have old Hardcore records that sample Kate Bush. Modern influences would be Grime, Her Records, Rabit, some modern rap etc.
(私の音楽における最大の影響というと、特にBasic Rhythm名義で発表しているものについては、明らかにロンドンの海賊ラジオを聴いていた頃の経験があるでしょうね。そこにはハードコアやジャングル、ドラムンベースといった音楽の全てがありました。[そして]私はオールド[・ファッション]なハードコアのレコードでケイト・ブッシュ[の作品から]のサンプルを含むものも所有しています。最近の影響であればグライムやケイトのレコード、ラビット[USのエレクトロニック・ミュージックのプロデューサー]、いくつかの最近のラップ等でしょうか。)

MA: I don't know about pirate radio in London and there is records sample her.
(ロンドンの海賊ラジオは勿論、そこ[ハードコアのシーン]にケイトのサンプルを含むレコードがあるということも知らなかったです。)

AJH: My mum listened to Kate Bush, & she was always on TV when I was a kid, but this is the first record I bought that her on it...
(私の母がケイトを[よく]聴いていましたし、彼女は私が子供の頃よくテレビに出ていましたから。でも、[馴染みがあったわりに]彼女[の声]が出てくるレコードを買ったのはこれが初めてでしたけどね…)
The Good, 2 Bad & Hugly - Wuthering Heights


MA: It's interesting that you re-discovery her music in such a situation. I can't believe it! Is all of voice in this song from her records? And I feel it have been influenced from reggae/dub.
(そんな状況で彼女の音楽を再発見することになった、というのは面白いですね。[The good, 2 Bad & Huglyを聴いて]信じられない!楽曲中のヴォイス[・サンプル]は全部彼女のレコードからですか?そして、レゲエやダブからの影響も感じますね。)

AJH: The beginning female vocal is her voice. Yes, Jungle & Hardcore did take an influence from reggae as well as Detroit Techno and pop music, Chicago House, Hip Hop & Rap, all sorts. We used sample anything in Hardcore and Jungle.
(最初のヴォーカルは彼女の声ですね。その通りです。ジャングルとハードコアはレゲエからも実に大きな影響を受けています。それはデトロイト・テクノやポップ・ミュージック、シカゴ・ハウス、ヒップホップとラップ・ミュージックなどあらゆる種類のものと同様です。我々はいかなるものでもハードコアやジャングルの楽曲の中でサンプルしてきました。)

(かなり面白い話だ!と興奮しっぱなしだったもので、ここで今回の会話についてblogで紹介したいと申し出て、許可をいただきました。)

MA: Does your tweet "The beginning female vocal is her voice." mean the use of voice sample of the club music in UK?
(あなたの「最初のヴォーカルは彼女の声」というのはUKのクラブミュージックにおける最初の女性ヴォーカルのサンプルという意味でしょうか?)

AJH: They sampled her voice at the beginning of that track. It is sampled from her song Wuthering Heights.
(彼ら[The Good, 2 Bad & Hugly]が楽曲の冒頭でケイトの声をサンプルしている、ってことですよ。彼女の同名曲「嵐が丘」からのサンプルですね。)
Kate Bush - Wuthering Heights


MA: OK, the word "beginning" means "the beginning of the song". I understand. Did they sample her voices in other songs?
(分かりました。「最初」というのは「楽曲の最初」ってことですね。彼らは他の曲でも彼女の歌声をサンプルしてたりしますか?)

AJH: This group didn't, but I'm sure there are other records in my collection that do. I just can't remember right now. So many records.
(このグループ[の楽曲]ではないですね。でも私のコレクションの中に[彼女の声をサンプルした]ものがあるのは間違いないです。今すぐには思い出せませんが、かなり多くのレコードで[彼女の声がサンプルされていま]すよ。)

MA: I see. I want to listen to the songs and tell me that if you remember those!
(分かりました。もっと色々聴いてみたいので、また思い出したら教えて下さい!)



以上です。いかがでしたでしょうか?
海賊ラジオの下りや、前段から引き続いてのケイト・ブッシュの下りなど、UK(ひいてはロンドン)のクラブミュージックの現場に関する興味深い発言が目白押しだったのではないかと思います。
こういった経験が彼の作品(特にBasic Rhythm名義のもの)には反映されているということで、彼の音楽から感じられる「過去の音楽への思い」みたいなものの源泉の一部が分かったような気がして嬉しいです。

とりあえず、先日Imaginary Forces名義での作品"Low Key Movements"もEntr'acteに発注してしまったので(こないだから購入する音源は新譜に限定してたのですが、これだけ特例 笑)届くのを楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR