Lucinda Williams "The Ghosts of Highway 20"

lucindawilliams.jpg


Artist: Lucinda Williams
Album: "The Ghosts of Highway 20"
Label: Highway 20
Year: 2016

Tracklist
1-01. Dust (6:20)
1-02. House of Earth (5:28)
1-03. I Know All about it (5:46)
1-04. Place in My Heart (5:14)
1-05. Death Came (6:14)
1-06. Doors of Heaven (5:34)
1-07. Louisiana Story (9:06)
2-01. Ghosts of Highway 20 (7:20)
2-02. Bitter Memory (4:07)
2-03. Factory (4:01)
2-04. Can't Close the Door on Love (5:36)
2-05. If My Love Could Kill (5:10)
2-06. If There's a Heaven (3:35)
2-07. Faith & Grace (12:43)


オルタナ・カントリー/フォーク界の実力派SSWルシンダ・ウィリアムスが先日自身のレーベルより発表した新作は、アメリカの片田舎の広大で乾いた(殺)風景を思わせるサウンドと、そこに住まう者達(主にブルーカラー)の悲哀/ブルーズを込めた言葉を2枚組のフォーマットに詰めに詰めた力作となりました。
私は今作で初めて知りましたが、今年で御年63歳にもなるこの女性は1979年のデビュー以降から今まで、フォーク/ブルーズ/カントリー/ロックの混ざり合った楽曲を真摯に歌い続けてきたようです。

アルバムは、1曲目'Dust'の2本の乾いたギターが交錯する導入部から即座にその空気を確立させます。
そこに、続いて入るリズム隊が描き出す絶妙に弛緩したグルーヴと、先述のルシンダの声が加われば、誰もがいわゆる「アメリカ的なもの(アメリカーナ)」を感じずにはおれないでしょう。
そしてその声はひどくしわがれたハスキーなものですが、例えばトム・ウェイツのような演劇めいたところはなく、ひどく淡々としています。
一つのシンプルな進行/メロディーを、それが擦り切れるまで反復しながら、虚ろで、無遠慮で、やさぐれた声で吐き捨てるように言葉を発していくそのスタイルはまさに豪快なアメリカンロックそのものであり、根底にあるカントリー/ブルーズの影響を強く感じさせます。(そういえば、どこかトーキングブルーズ的でもありますね。)
また、狙ってか自然とかは分かりませんが、やや音程に不安定な部分のある歌唱からは彼女の(後ろ向きな)感情が漏れだしており、どこかアシッド・フォークのような雰囲気もあります。

サウンド面で特筆すべき点はギターです。
本作では、ギタリスト(エレキ専任)にビル・フリーゼルグレッグ・ライツの2名を迎えており、一部の楽曲を除いてほぼ全曲で彼らによるツインギターを聴くことができます。
右がフリーゼル、左がライツとはっきりクレジットされていることからも、ルシンダが彼らのギターサウンドとその絡みを今作の重要なファクターだと認識していることは間違いないでしょう。
深いトレモロで揺れるテクスチュアを持たせながら、ザクザクとしたストロークやゆったりとしたサスティンを織り交ぜて、2本のギターは非常にポリフォニックに絡み合っています。
そこにはルシンダのアコースティック・ギターや歌声があわせて絡まることもあり、そういう際にはまるでコール&レスポンスのような息のあった掛け合いを聴くこともできます。

個人的に特に気に入っているのはオープニングの1-01、アシッドフォーキーなテイストの強い1-05/2-01、今作の雰囲気にぴったりハマるブルース・スプリングスティーンの好カヴァー2-03、そしてラストを飾る12分もの大作2-07といったところでしょうか。
全曲むせ返るようなアメリカーナに満ち満ちており、2枚組86分という大作でありながら芯がブレることが全くない重厚な作品に仕上がっていると思いますし、各楽曲のメロディ/歌唱/演奏どれをとっても申し分なく、佳曲/名曲と呼べるような楽曲のオンパレードで非常に濃密です。これは過去作を追っかけてみたいかも。

Wilcoあたりなんかが好きな方はきっと気にいると思いますので是非。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
51位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR