ペトロールズ "capture 419"

cap419.jpg


Artist: ペトロールズ
Album: "capture 419"
Label: ENNDISC
Year: 2012

Tracklist
01. よなかのすうがく (4:57)
02. 誰 (4:48)
03. ELF (8:37)
04. インサイダー (10:56)
05. ASB (5:56)
06. カーテン (6:18)
07. 27時 (5:05)
08. 草紅葉 (4:46)
09. トンネル (6:08)


椎名林檎率いるロックバンド 東京事変において、2005年から解散までの間所属していたギタリスト浮雲こと長岡亮介をリーダーとする3ピース・ロックバンド ペトロールズ(Petrolz、petrolは英語でガソリンの意)が2012年4月19日に行ったライヴを音源化したもの。
メンバーは、ベースに吉井和哉などのサポートメンバーとしても活躍する三浦淳悟(通称「ジャンボ」)と、ドラムに長岡の高校時代の友人である河村俊秀(通称「ボブ」)という面子で、担当楽器は固定で、ギター・ベース・ドラムによるシンプルなアンサンブルを打ち出したバンドと言えそうです。

私自身、長岡には東京事変時代の印象が強くあり、ハードロッキンなギタースタイルや、ちょっとニューウェイヴなどの影響を感じられる作曲など、なんともつかみ所のないものを感じていましたが、これを聴いて、彼の根底にはブルーズやカントリーそしてソウルなどが強くあるのかな、などと思った次第です。
まずはやはりギタースタイルですが、事変の時のような切れ味するどいフレーズを聴かせることは稀で、ヴォーカルを担当していることもあってか基本的にはコードバッキング主体の演奏です。時折合いの手のようなフレーズを挿入はしますが、それもどちらかというとたゆたうような浮遊感のあるアルペジオなどが多く、事変での演奏とは相当印象が違います。
ベースとドラムの作り出すグルーヴに上手く音を乗せていくようなギターからは、ブルーズやカントリー的な「うねり」のようなものを感じ取れます。どうやら長岡自身、都内のカントリー系ライヴハウスのハウスバンドのメンバーとしても活動しているらしく、そういった音が出てくるのも納得といったところだと思います。

しかし、長岡についての話をしておいてなんですが、実はこのバンドで最もフォーカスが当てられているのは長岡の歌やギターではなく三浦によるベースなのです。
今作がライヴ作品であるということに起因していると思いますが、ミックスで十分な見せ場(音量)を与えられたベースを聴けば、彼が楽曲の進行の芯の部分を担っているということが分かるはずです。
特に1、4、9曲目ではその静かでありながらもファンキーなブラックネスを存分に発揮しており、特にラストの9曲目では最後の最後にベースソロで(本当の)見せ場までもらうなど、長岡自身も彼のベースがこのバンドのサウンドの要であることを主張しているように思えますね。

ドラムは音数を絞ったシンプルなプレイで、ベースの作り出すグルーヴをしっかり補強しています。
こちらはロックバンドというよりはどちらかというとソウル/R&Bなどからの影響が強そうな雰囲気を感じますが、どうでしょうか?詳細を知っている方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい(笑)

全体的には個々の楽器の技巧的な側面を推すよりも、ガッチリと噛み合ったアンサンブルの心地よさを提示することを目的として作曲・演奏がなされているように思います。
ライヴ作品である本作でこそ、そういった部分は十二分に理解できるでしょう。ペトロールズ入門に大変オススメです。

なお、Amazonでは「会場限定」とか銘打って本来の倍以上の値段で販売されていますが、国内の通販サイトJet Setにて正式に取り扱いをしているようで、今でも極稀に再入荷していることがありますので、そちらを定期的にチェックするのも手かもしれません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
51位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR