Jim O'Rourke "Simple Songs"

simplesongs.jpg


Artist: Jim O'Rourke
Album: "Simple Songs"
Label: Drag City
Year: 2015

Tracklist
01. Friends With Benefits (5:25)
02. That Weekend (3:15)
03. Half Life Crisis (4:42)
04. Hotel Blue (3:21)
05. These Hands (3:13)
06. Last Year (5:47)
07. End Of The Road (5:33)
08. All Your Love (6:22)


「ジム・オルーク、14年ぶりの『歌もの』アルバムを発表予定」というニュースを聴いた時、素直に驚きました。
そう言いますのも、私自身の中でなんとなく、2010年のバカラック・トリビュートが彼の思い描く「バカラック」であったのと同時に、彼の理想の「ソング/歌曲の形」の提示であったと信じていたからです。

譜面を元にしているのか即興(というか色々録音した中で選別されたもの?)を元にしているのか、シンプルなのか複雑なのか、心の底からのバカラック愛の発露なのかある種の批評行為なのか…
そういったもののどちらでもありながらどちらでもなさそうな、それでいてサラリとした佇まいは地味でありながらも(また、彼自身が殆ど歌わなかったとはいえ、)オルークの『歌もの』の終着点と言っても過言ではないように思えましたし、次にこの手の作品が発表されるとすれば彼の音楽人生における最晩年だろうなぁ、と漠然と思ったとしても仕方のない出来だったとも思います。(実際、先日発表した2010年代上半期の50枚のうち1枚にも選出させていただきました)
同時発売の『ジム・オルーク完全読本』を読む限りでは私のその印象は完全に的はずれだったわけですが(苦笑)

さて、なにはともあれ随分と久々のポップ作品("The Visitor"からでも6年ぶり)となった本作ですが、まず触れなくてはならないのはメンバーだと思います。
今回の彼のパートナーは、他のプロジェクトでも共に活動する石橋英子山本達久を中心とした日本人演奏者達です。
06年の移住以来、『歌もの』を共につくりあげるのに相応しい面子がようやく集まった、というような旨の発言がありましたが、確かに今作を聴く限りでは技術的な面でも、作曲者であるオルークの意図を汲み取って演奏するという面でも、彼らの力量は十二分に発揮されているように感じます。
部分部分では非常に複雑な演奏を決めつつも、総体的には『シンプル・ソングス』であることを忘れないといいますか、今作では『歌』こそが主役であるということをわきまえたプレイは聴いていて非常に心地が良いです。

そして、何よりも今回特徴的だと思うのは、オルークが彼の音楽的バックボーンをすごく素直に出してきているように感じた部分です。
今作に比べればアメリカンポップスを更新した金字塔"Eureka"ですら、随分と頭でっかちな作品に聴こえてきます。
"Eureka"では間違いなく批評的なあるいは音楽史の研究家的な目線で行われていた作曲/アレンジメントが、今作はシンプルな音楽家としての欲求から行われているように思えるのです。
スライド・ギター一つにとっても、「そこでスライド・ギターが必要」なのではなく「スライド・ギター弾きたかったから弾いた」みたいな潔さがあるように聴こえるといいますか。(実際どうかは分かりませんけど 笑)

オルークももう46歳とのことですし、ある意味音楽家として「不惑」の境地に達したのかもしれません(笑)
色々言いましたが、今までのオルークから考えると「シンプル」づくしのこの作品が聴けることは、私もこの2015年の音楽シーンの中で「素直に」嬉しい出来事だと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

vuoy様 こんにちは

 歌がちょっと引っ込み過ぎかな、とも思いますが
確かにジム・オルークのアルバムと考えると
分かりやすくてキャッチーですね。
ストリングスの使い方やピアノ主導な感じが
トッド・ラングレンを思い出しました。

Re: No title

>>GAOHEWGIIさん

お久しぶりです。
トッド・ラングレンというのは確かに、そんな感じがしますね。
言われてみてそういえば、と気が付きました。
個人的には随所にオルークの好きなGentle Giantっぽい要素が
見え隠れしているようにも思います。
(実際、ピタやフェネスとやったFenn O'BergではGGをサンプリングしてましたし)

月並みな言い方になりますが「ポップソングを歌う」ことを恐れなくなったというか、
肩肘張らなくなったというか、余計な力が抜けててとても聴きやすい作品だと思います。
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
67位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR