Chaos Jockey "1"

chaos1.jpg


Artist: Chaos Jockey
Album: "1"
Label: Word Is Out!
Year: 2010

Tracklist
01. Asph (15:37)
02. Sunspot (5:13)
03. Croquis (14:57)
04. Sonic Particle (7:42)


誠に勝手ながら、今からしばらくの間『山本精一強化期間』ということで山本精一の関連諸作を聴き込もうかな、と考えています。
もしかするとこちらの更新もしばらくそっち関係が多くなるかもしれません。
とりあえず、今回は第1弾としまして、山本精一がMOST(Phewらとのパンク・バンド)でも活動を共にしているDr.茶谷雅之とのロック・デュオChaos Jockeyの1st(現時点ではCD-R作品"0"を除き唯一作)を紹介します。

CDの帯には『ノイズ&リズム・ユニット』などと書かれているとおり、山本のギターによるフィードバックノイズの放射と、茶谷のタイトかつソリッドなドラムの反復を根幹としたバンドです…というか、その要素だけで突き進む力技バンドと言ってもいいかもしれません(笑)
結成はかなり古く、2001年頃からこの名義で活動していたのですが、年に1回ライヴがあるかないかというマイペースな活動ゆえか音源の製作には大分時間を要し、10年後の2010年に漸くCDデビューという運びになったようですね。

さて、内容の方はというと…上で全部言ってしまいました(笑)
もう一度言うと、「山本のフィードバックノイズ+茶谷のドラム」という、それだけのシンプルなものです。

まずフィードバックノイズについてですが、山本はどうも一本のギターを複数のギター&ベースアンプ(あるインタビューでは8台とか言っていました)に接続している模様。1曲目の冒頭では単音が、徐々に広がりを見せながら増幅し、次第に制御不能な塊になっていく様が分かります。
まさにバンド名を体現するかのようにカオスな音の塊は、まるでルー・リードの"Metal Machine Music"にも似ています。(ギターのフィードバック・ノイズのみなので当然といえば当然ですが…)

そしてそれと相対する茶谷のドラムについては、ここまでシンプルで力強いドラムがあるのか、というほどにストイックにリズムを反復しており、ほぼフィルインを放棄しています。
形式だけ見れば、いかにもジャーマン的なハンマービートなわけですが、無機質に(不自然さすら伴って)反復されるそれとは違い、こちらのドラムにはプリミティヴな熱量が常に込められています。ハンマービートというよりは、極限まで贅肉を削ぎ落したロック・ドラムといった趣です。

茶谷のドラムは、そのシンプルさ故に山本の作り出すフィードバックノイズの混沌=カオスと対立しています。
シンプルなロックドラムがフィードバックノイズを小節ごと(?)に区切ることで、彼らの作品は単なるノイズ・アンビエント/ノイズ・ギター作品とは違った要素、すなわちグルーヴを獲得しているように思います。凄く「ノレる」音楽ですが、そのノリはノイズ単品でもドラム単品でも出てきません。あくまでドラムがノイズを区切って翻訳し、リスナーに「うねり≒グルーヴ」を示唆することで生まれてきたものだと思います。

制御不能な混沌を生み出す者(=山本)と、それを力技で押さえつける者(=茶谷)という2人の「カオス・ジョッキー」の生み出す、暴力的で観念的な世界観をお楽しみください。



音源がyoutubeになかったので09年のライヴを。うーむ、カオス(笑)



11
(2010/05/12)
CHAOS JOCKEY

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR