スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Caetano Veloso & Gal Costa "Domingo"

Domingo - Capa 1967 2b

Artist: Caetano Veloso & Gal Costa
Album: "Domingo"
Label: Polygram
Year: 1967

Tracklist
01. Coração vagabundo (2:25)
02. Onde eu nasci passa um rio (Where I Was Born There Passes a River) (1:59)
03. Avarandado (On the Veranda) (2:45)
04. Um dia (One Day) (3:11)
05. Domingo (Sunday) (1:25)
06. Nenhuma dor (No Pain) (1:33)
07. Candeias (Candle Lights) (3:11)
08. Remelexo (Shake) (1:54)
09. Minha senhora (My Lady) (4:14)
10. Quem me dera (If Only I Had) (3:24)
11. Maria Joana (1:42)
12. Zabelê (A Name) (2:49)

1960年代後半、ブラジルではカエターノ・ヴェローゾらによる音楽ムーヴメントを起爆剤として芸術全般において既存のものに対抗するカウンター・カルチャーが広がっていきます。これらはトロピカリア、あるいはトロピカリズモと呼ばれるのですが、これはその前夜とも言える1967年にカエターノ・ヴェローゾとガル・コスタが録音していたアルバムです。

よく「ボサノヴァの名盤」の一つに挙げられるのですが、聴いてみるとボサノヴァの特徴であるバチーダというギター奏法が使われていない曲が結構あることに気づきます。個人的にはボサノヴァというよりはブラジリアン・ポップスと言ったほうが適当ではないか、とも思います。ただし、ボサノヴァと同じく「サウダーヂ」は全編通して濃密に感じられ、ちょっと切ない雰囲気です。

カエターノとガルの歌を中心に少しのギターとオーケストレーションを加えた、ジョアン・ジルベルトの初期作品にも通じる上品さと、パーソナルな密やかさを有した作品です。タイトル通り、日曜日の朝に一人でひっそり聴いたりするのがよいかもしれません。ちょっと疲れているときなんかにも効果抜群だと思います。



ドミンゴドミンゴ
(2002/06/21)
カエターノ・ヴェローゾ&ガル・コスタ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。