Albert Ayler Trio "Spiritual Unity"

hamcfaada.jpg


Artist: Albert Ayler
Album: "Spiritual Unity"
Label: ESP Disk
Year: 1964

Tracklist
01. Ghosts: First Variation (5:12)
02. The Wizard (7:20)
03. Spirits (6:46)
04. Ghosts: Second Variation (10:01)


アイラーは、本当に「破壊せよ」と言ったのか?
私にはそうは思えません。それは本当に口にしたかどうかという問題ではなく「そういう態度で音楽に臨んだのか」ということです。
彼は、いわゆる「フリー・ジャズ」というムーヴメントの筆頭と目されるプレイヤーですが、その荒々しいプレイの念頭には「破壊」はありません。ただひたすら「絶対的な存在を目標として昇り詰めていく」感覚があるのみ、なのです。

確かに、彼の即興演奏はそれまでの機能和声では(というかどのような音楽理論でも)はかることのできないものだと思いますし、それまでのジャズにおける方法論を否定するかのようにフリーキーで力強かった。
しかし、以前ソニー・シャーロックの回でも述べましたが、彼は「方法論」を無視して「根源」に帰ろうとしたのでなく、あくまで最初から「根源」に根ざしていたのです。

それは彼の書く楽曲のテーマ部からみても明らかです。
彼の楽曲の多くはマーチ(行進曲)を下敷きにした、シンプルかつ明快なテーマを有しています。
それゆえ、彼の楽曲は立ち上がりからしてすでに力強く、強烈にドライヴしているのです。これは、彼の軍隊での演奏経験に端を発するのだと思われます。

そしてその演奏が徐々に崩れていきながら即興に移っていくわけですが、それでも演奏者達の息は乱れない。めちゃくちゃなようでいて、感覚的/直感的ではあってもかなりしっかりとしたインタープレイが繰り広げられています。
アイラーのサックスは自由に悶え、うねり、引きつりますし、ゲイリー・ピーコックサニー・マーレイという2人のリズム隊はそれに応えるように、自在に楽曲の緩急を操り、アイラーのサックスからにじみ出るスピリチュアルなニュアンスを翻訳しているようにすら思えます。
それは、コレクティヴ・インプロヴィゼーション(集団即興)のようにも見えますが(実際そういう側面もありますが)、あくまでアイラーという稀代のソリストの演奏の抑揚を強調し、強化するのが目的なのではないでしょうか。

元々、アイラーは『リトル・バード(チャーリー・パーカー)』などと呼ばれ、そのテクニックを賞賛された人物でもあります。
自由自在にブロウするテクニックがあるからこそ、感情の奔流に任せた演奏が可能なのであり、そうであるからこそ彼の演奏は神聖とすら思える説得力を持ちえているのではないでしょうか。
彼はただ、彼の「思い」を音として外に放出する術を模索し、そうあろうとしてきただけであり、決してそれまでのジャズ(といか音楽全般)を無粋に蹂躙しようとしたのではありません。
それは、人間の行う所作としては最も根源的な発露であり、そうであるがゆえに最も素直な音楽的態度だと言えます。
だからこそ、彼の音楽はこれほどまでに聴き手の心を揺さぶり、また、かのジョン・コルトレーンをして「アイラーのようにブロウしたい」と言わしめたのではないでしょうか。

ソニー・シャーロックの回でも申し上げた言葉を繰り返しますが、「音楽は理屈じゃない」というのは、間違いなく真実なのです。






Spiritual UnitySpiritual Unity
(2005/03/15)
Albert Ayler

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
61位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR