Jason Moran "Black Stars"

jasonmoran-blackstars.jpg


Artist: Jason Moran
Album: "Black Stars"
Label: Blue Note
Year: 2001

Tracklist
01. Foot Under Foot (5:29)
02. Kinda Dukish (5:26)
03. Gangsterism on a River (3:42)
04. Earth Song (7:23)
05. Summit (7:07)
06. Say Peace (4:12)
07. Draw the Light Out (6:00)
08. Out Front (4:02)
09. The Sun at Midnight (5:42)
10. Skitter in (4:39)
11. Sound it out (3:43)


今朝方Twitterでも呟きましたが、とにかく00年台以降のジャズはピアニストを中心にものすごい盛り上がりを見せているのではないかと思います。
2012年に"Black Radio"を発表してジャンル外からも多大な注目を浴びたロバート・グラスパーをはじめとして、インド出身のヴィジェイ・アイヤーやアルメニア出身のティグラン・ハマシアン、ベナン出身のリオーネル・ルエケなどのUS外にルーツを有するミュージシャンなどが活躍し、ジャズ・シーンそのものがものすごく広がっていっているような印象を受けます。

中でも大きな動きとしてはやはりグラスパーをはじめとするクロスオーヴァー的な動きで、確かにそれも非常に面白いとは思うのですが、最近個人的には従来のオーソドックスなコンボ形式に基づいたものがとても刺激的で面白いような気がしています。
中でも聴く度にしびれるのはこれまたピアニストのジェイソン・モランの2001年作である"Black Stars"です。どれくらいかというと、あまりにこれがかっこよすぎてまだ他のアルバムに手を出せてないというくらい(笑)

ヴィジェイ・アイヤー(もしかするとグラスパーにも)についても同様のことがいえますが、昨今のジャズ・ピアニストの演奏の特徴としてあると思うのは「抽象性」です。
ヘタするとフリー・ジャズかと思うほどにリズム/ハーモニーを解体しながら、それでもソング・フォームは崩さないという、かなり微妙なバランスを軽々とやってのける演奏は本当にカッコ良いの一言。
というか、リズム/ハーモニーの解体(≒意図的な崩壊)が収束を求め、収束による調和がまた解体/崩壊を求める…というような、ある意味ドミナント⇔トニックと呼べる動きを楽曲が持っているようにすら思えます。
理論に明るくはないですが、それでも明白に複雑で、それでいて爽快、快感な楽曲構築には脱帽です。楽曲は全体的にダークですけどね。

もちろん、そういった試みを結実させることができているのはモランの手腕だけによるものでなく、フリーキーでアブストラクトなピアノにコンマ単位のズレも見せずに呼応するリズム隊があってこそなのは言うまでもありません。
また、ジャズ黄金期にアヴァンギャルドの旗手として注目を集めた管楽器奏者サム・リヴァースが参加し、3人の演奏と見事に馴染んでいるのも聴き逃せません(ところによっては彼の方が主役っぽい瞬間も多々見られます笑)。

ジャズが本来持っている「一筋縄ではいかない」雰囲気を味わいたいと思うなら、ぜひ。
最初はとっつきづらくても、馴染むとクセになる作品です。






Black StarsBlack Stars
(2001/09/11)
Jason Moran

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

vuoy様 こんばんは

ブルーノートから出ているのですね。ジャケの感じもだいぶ変わっている印象。
確かに、ぎりぎりフリー・ジャズにならない程度・・・
いや、サム・リバースがちょっとはみ出ているかな。
端正な演奏で聴きやすかったです。仰るとおりリズム隊がすごいと思いました。

Re: No title

>> GAOHEWGIIさん
グラスパーしかり、00年台以降のブルーノートにも興味が出てます。
やはり美学のあるレーベルというのは地力が違うという気がしますね。

この辺りのピアニストの影響源として大きなのはやはりアンドリュー・ヒルなのかなぁ、なんて思ってます。
込み入った、アブストラクトなフレーズを効果的に挿入するセンスや、リズムに対する嗅覚の鋭さなど、非常に共通点が多いような。
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
60位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR