スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Best 20 Discs of 2013

さて、今年も残す所あと10日をきりまして、皆様いかがおすごしでしょうか。
毎年この時期になると、多くの音楽ブロガー達がこぞって年間ベストを発表しますが、今年も、私も、その流れに乗りまして20作品を発表したいと思います。

昨年まではジャケ画もつけながらやってましたが、記事が読みづらくなるだけな気がするので上位以外はその辺削除してあっさり行きたいと思います。

まずはとっとと20~11位


20位 Steve Hauschildt "S/H"
19位 David Bowie "The Next Day"
18位 Mount Kimbie "Cold Spring Fault Less Youth"
17位 Stephan Crump's Rosetta Trio "Thwirl"
16位 inc. "No World"
15位 DJ Rashad "Double Cup"
14位 Rhye "Woman"
13位 The Knife "Shaking the Habitual"
12位 Everything Everything "Arc"
11位 V.A. "Mukunguni: New Recordings from Coast Province, Kenya"

正直、最も選盤を迷ったのはここだったりします。
毎年いわゆる佳作、良作の類が選ばれる辺りなわけなんですが、今年聞いた分ではそこがかなり団子だったというか、ちょっと辛口で言ってしまえば「悪くはないんだけどもうひと押し欲しかった」作品が今年は多かった印象です。個人的にも豊作感のあった2012年と比べると、やや落ちるかな、という感じ。
もちろん全ての新譜を聴いているわけではないのでそれぞれのシーンの現状と全くリンクしない、ただの私感であることはあらためて述べておきます。

そんな中で改めてリストを見て思う所があるのは、やはり19位のボウイ様
10年振りの新譜、というどうやっても期待値が爆上げになるしかない状況のなか、それなりに期待に応える佳作をドロップしてくれたと思います。老いも考えれば期待に完全に応えるのは難しいでしょうし、シンプルに骨太なサウンドで勝負したその姿勢はやっぱロック・スターらしくてかっこよかったと思います。まぁ、スケモンとどっち聴くか、って言われたらスケモンだけど(スケモンかよ)

あとは11位に選んだ"Mukunguni"。ケニア海岸州でのフィールド・レコーディング集ってことですが、土着さゆえの純粋なスピリチュアリズム、みたいなのが全編に充満してて、凄い癒やしでした。というか下手すりゃ泣けました。


そして10~4位。

10位 James Blake "Overgrown"
09位 Burial "Rival Dealer EP"
08位 Sherwood & Pinch "The Music Killer EP"
07位 Lee "Scratch" Perry & His Upsetters "Roaring Lion"
06位 Beach Fossils "Clash the Truth"
05位 drawing4-5 "thorn EP"
04位 Femi Kuti "No Place for My Dream"

こちらはわりとすんなり。
図らずも近年の実力者(?)が揃ったような感じですね。ソングライティングと、歌声の扱いをより巧みに、SSWとして成熟しつつある過程を素直に提示してきたジェイムズ・ブレイクを筆頭に、魔王BurialやらシャーウッドとPINCHのデュオ、リー・ペリーの発掘音源集など、ダブ関連が多かった印象。…印象というか、今年は完全にダブの年でしたしね、私。
d4-5は美しくノイジーで、素晴らしくイノセントな'いばら'をリードトラックとした、ポップなEPを届けてくれたことにまず感謝。昨年の3.1stアルバム(?)からさらに、3rdへの期待が高まってます。妻と一緒に愛聴していますので頑張ってください!(私信)
フェミは…いままで聴かなくてすまなんだ、とマジで頭がさがる思いです。


さて、いよいよ3位以上の発表です。ここは流石にジャケ写ありでいきたいと思います。

03位 Asian Dub Foundation "The Signal And The Noise"
adf-tsatn.jpg
図らずも初聴きとなったADFでしたが、あまりにソリッドで力強い演奏とメッセージにノックアウトされまして、急遽3位にランクインの運びとなりました。
なんのかんの言いながら、わりとソリッドなバンドサウンドに飢えてるのかな?(ADFはシンプルにバンドってわけではないけど)


02位 Darkstar "News from Nowhere"
jacket_img.jpg
ジェイムス・ブレイクの方法論をどう解釈するのか、ということがポスト・ダブステップに分類されるミュージシャンたちの至上命題となってしまった、というのは状況的にみても間違いないように思えますが、そこを上手にこなせなかったMount Kimbieに比べると、Darkstarの試みは大成功というか、むしろ逆にひねくれた方向に進んだな、という印象。
「素直にエモーショナルなハーモニー押し出したらええやん」みたいな開き直りが大物っぽくて素晴らしいというかね。
ソングライティングとアレンジメントの整合性という点ではブレイクを凌駕してると思いますよ、彼らは。


01位 JERI-JERI "800% Ndagga" & "Ndagga Versions"
ndagga.jpg ndaggav.jpg
近年Honest Jon'sでシャンガーン・エレクトロの作品集をコンパイルするなど、南アの音楽に関してずいぶん意欲的になっていたベーチャンの片割れことマーク・エルネストゥスですが、セネガルのプロジェクト・バンドを自身が培った方法論でミックスして提示したこの作品は見事、新たな知覚の扉を開いてくれました。
ユッスー・ンドゥールが美しいハーモニーの裏に奥ゆかしく隠して(?)いた、サバラのポリリズミックな陶酔感を強調したミックスは、ワールド・ミュージック/ブラック・ミュージックの性質をホワイトな感覚でもって処理/提示し直すという勇気ある試みだったように思います。超一流のダブ・ファンク。


こんな感じで20作選んで見ましたが、いかがでしたか?
まあ毎年のことですが、世評とは全然リンクしないのが寂しくもありますが、それはそれでこんなのが1人や2人くらいいてもいいかな、と開き直る方向で行きたいと思います(笑)
最後に、今年の20ディスクから選曲したミックスを作成したので聴いてみて貰えれば幸いです。
(JERI-JERIはVersionを簡単にダブ・ミックスして、元曲とつなげたショウケース・スタイルにしてみました)

MIX003 -Best 20 Discs of 2013- by Vuoymantako on Mixcloud

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

vuoy様

こんばんは

ブログお越しいただき、ありがとうございます。
これからも時間あるときに覗いてやってください。

この時期は皆さん2013年総括の記事をキッチリ出してきますねー。
vuoyさんもですか。

僕はなんだかんだ整理に1月一杯かかりそうです。
まだ紹介予定の2013新譜が多くて。。。

デヴィッド・ボウイは・・・そうなんですよね。
ファンの期待に応えたアルバムだと思うのですが、
労わる気持ちも込みという状況がありますね。
デラックス・エディションで物量にもたれてしまった部分もありました。

あとはRhye "Woman"が僕もお気に入りです。
他は全く聴いたことがなく、刺激的な総括リストですね。
ミックスも作るとは素晴らしいサービス精神。
とても楽しめました。色々掘ってみます。




Re: No title

>>GAOHEWGIIさん

こんばんは

ボウイは、まぁ復活したってだけでも御の字ですからね。
MIXに使った'The Stars (Are Out Tonight)'なんかは非常にかっこよかったので、結構満足はしてるんですけど。

Rhyeは…選んでおきながらこういうのもなんですが、とても「気持ち悪い」アルバムでした。
サウンドメイク/ヴォーカル両面でSadeを参照しながら、全く逆の方向に行ったのはとても興味深くあると同時に、そのチグハグ感を体が受け入れづらかったです。
出来自体は非常に良かったと思いますので14位に選んでますが、そのチグハグ感がなければ(あるいは私がそれを受容できれば)普通に10位以内には入ってたでしょうね~
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
70位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。