Asian Dub Foundation "The Signal and the Noise"

adf-tsatn.jpg


Artist: Asian Dub Foundation
Album: "The Signal and the Noise"
Label: Rinse it Out
Year: 2013

Tracklist
01. Zig Zag Nation (3:48)
02. The Signal and the Noise (3:19)
03. Radio Bubblegum (4:16)
04. Qutub Ninar (4:20)
05. Stand up (4:58)
06. Hovering (4:52)
07. Straight Jacket (3:58)
08. Get Lost Bashar (3:40)
09. Bnadh Bhenge Dad (3:29)
10. Blade Ragga (6:06)
11. Your World Has Gone (3:19)
12. Dubblegum Flute Flavour (5:29)


間違いなく、ビートは音楽における「武器」なのです。
強靭なビートは歌詞や、ヴォーカル/演奏がはらむニュアンスを楽曲ににじませるための「場」をつくり上げます。
そうすることで音楽はメッセージ性を持つ、アジテーティヴなものとして機能することができるのは、感覚的にでも分かることではないかと思います。
そして、在英のインド/バングラディシュ系のミュージシャン達により形作られた音楽共同体Asian Dub Foundationはなによりもそのことを理解し、実践しているのではないでしょうか。

彼らの音楽は、様々な様態のビート(ロックやテクノ/エレクトロニカ的なものはもちろん、レゲエやD&B、バングラビート、近年ではダブ・ステップなどなど)を根幹として形作られています。
演奏される楽器もあまりに様々なため、一聴して彼らの音楽を特定のジャンル/国に定義付けすることは不可能です。まさに「無国籍」なサウンドと言えます。
当然、その名が冠するとおりダブからの影響も色濃く、残響の作り出す深い奥行きは、彼らの音楽の持つ多様性を見事に飲み込み、より力強いものへと昇華しています。

新作"The Signal and the Noise"ではその傾向は更に強められ、強烈なビートと分厚い演奏、そして深い残響が全編を覆っています。
そしてそういった楽曲が我々の耳に、心に届けるのは彼らの様々なメッセージです。
現在の情報化社会において、シグナル(有益/正確な情報)とノイズ(雑音/デマ)を正確に判断し取捨選択するリテラシーを育むことの重要性を説くリード・トラック(2曲目)を筆頭に、彼らの歌詞は現代社会を取り巻く様々な問題(民族自決や解放運動、あるいはラジオというビジネス・モデルにより引っ掻き回される音楽界など)に言及しています。
歌詞を読み深めながら聴けば、それらのメッセージがグイグイと迫ってくるのを感じられるはずです。非常にコンシャスなそのスタイルは、ダブを通してレベル・ミュージックとしてのレゲエを純粋培養した英国ならではでもあり、そしてまた彼らの出自に帰せられるところも多いのでしょう。

UKダブの仕事人エイドリアン・シャーウッドによるプロデュースも光ります。効果的なSEの使用やハイファイでくっきりとした音響操作/ミックスは雑多な要素/情報をスッキリ整頓し、複雑に絡み合う演奏を混乱することなくリスナーに提示することに成功しています。
あまりに多くの要素が取り込まれているがゆえに非常に濃くありながらも聴きやすく、しかし強烈で、つい何度も耳を傾けてしまう、中毒性の高い作品です。ぜひ国内盤で訳詞を読み込みながら聴いていただきたいと思います。






Signal And The Noise [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC387)Signal And The Noise [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC387)
(2013/07/31)
Asian Dub Foundation、ADF 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは、お邪魔します。
初めて聞きました。
面白いですね、もっとクラブよりの音楽かとおもっていましたが、全く違っていました。これは新しい刺激でした。

Re: タイトルなし

>>jamkenさん
お久しぶりです。
元々はエレクトロニックなビートを主体としていたようですが、
バンドとしてもかなりまとまりが出てきているんだろうと予想されます。

私もまだ"Enemy of the Enemy"くらいしか他の作品を聴いていないので、
折角ですしこれからディスコグラフィをさかのぼってみようかな、なんて思ってます。
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
83位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR