スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The World of Psyche/Acid Music Vol. 29: Tim Buckley 'Morning Glory'




そういやこちらの方ではまだ紹介していなかったですね。
以前レビューした2ndアルバムからの1曲です。基本はレビューの方見ていただいたら分かると思います。

繊細でありながらも、USらしい懐の深さを感じさせるメロディと、ティムのペシミスティックなハイトーンが組み合わさると、それだけで実に幻想的です。
この感覚が分かるかどうかでアシッド・フォークへの適性があるかないかが分かれるかも(笑)

動画の方はちょうど2nd~3rdに至る時期の演奏と思われます。
パーカスはいますが、基本的にドラムレスでジャズっぽい方向に向かっていく時期です。
このタイプの演奏の完成形はスタジオであれば4th"Blue Afternoon"を、ライヴであれば3rd直前の"Dream Letter"という2枚組を勧めます。
どちらもドラムの不在で、空気のようにどこまでも広がっていく霞がかった感覚がティムの美しい声のアシッドさを増大させる名作です。
ベースや、リー・アンダーウッドのギターによるカウンターラインもぼそぼそとつぶやくように取り留めのない、抽象的なものですが、それを欠点でなく長所として取り込んでしまっているといいますか。

このぼやけた感覚の心地よさはこれからの季節に合うと思いますので、ぜひぜひ。



Goodbye & HelloGoodbye & Hello
(1989/07/11)
Tim Buckley

商品詳細を見る

Original Album SeriesOriginal Album Series
(2011/10/11)
Tim Buckley

商品詳細を見る

Dream Letter: Live in London 1968Dream Letter: Live in London 1968
(2001/12/06)
Tim Buckley

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
73位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。