スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

David Sylvian "Manafon"

david_sylvian_manafon.jpg


Artist: David Sylvian
Album: "Manafon"
Label: Samadhi Sound
Year: 2009

Tracklist
01. Small Metal Gods (5:49)
02. The Rabbit Skinner (4:41)
03. Random Acts of Senseless Violence (7:06)
04. The Greatest Living Englishman (10:55)
05. 125 Spheres (0:29)
06. Snow White in Appalachia (6:35)
07. Emily Dickinson (6:25)
08. The Department of Dead Letters (2:25)
09. Manafon (5:23)


70年代半ばから80年代初頭にかけて活動したUKのロック・バンドJAPANでヴォーカルを務めていた、デヴィッド・シルヴィアンによる2009年発表のソロ作品。
JAPANの解散後の彼は、電子音楽やアンビエントへの接近を基軸としながらも様々なミュージシャンたちとコラボレーションを行い、その音楽世界を深めていきました。
コラボしたミュージシャンも坂本龍一高木正勝ロバート・フリップ(ex-King Crimson)やホルガー・シューカイ(ex-CAN)、そして弟スティーヴ・ジャンセンとのバンドNine Horsesでのスティーナ・ノルデンスタンなど多岐にわたります。

様々な先鋭的な音楽家と交流し、またしたたかなラディカルさを滲ませながら音楽活動を行なってきた彼ですが、今作で取り入れたのはなんとフリー・インプロヴィゼーションです。
大友良英Sachiko M.をはじめ、エヴァン・パーカーやAMMのキース・ロウなど、錚々たるメンツが参加していますし、そもそも今回の方向性を決定づけたのは2003年の前作"Blemish"におけるデレク・ベイリーとの共演に他なりません。(この作品に着手しはじめて数年でベイリーが他界してしまったのは非常に残念なことです)

彼らはフリー・インプロヴィゼーションの「静」の部分を強調するかのような演奏で張り詰めた空気を生み出し、音の隙間隙間に殺気とも取れそうな怜悧な感覚を滲ませます。
楽音だけでなく、ノイズや正弦波なども盛り込まれた楽曲は定形の「枠」を持ちませんし、ドラムスが存在しないため音は四方八方に拡散し、場は混迷を極めています。

そういった雑多な音の群れをまとめ、楽曲に一つの方向性を示すコンダクターとしての役割をシルヴィアン(の歌声)が担います。
彼の深く、思慮深い声は、一歩一歩手探りで進むように慎重に、しかし着実な力強さを以って、この混沌とした静寂の音の中を進んでいきます。
彼の確信に満ちた歌声が入った瞬間、まるで音はそれに寄り添い、付き従うかのように意味を持ち始め、見事な色彩感を聴くものに与えることでしょう。

単にフリー・インプロヴィゼーションへの挑戦というだけでなく自身の歌声を以ってして、「意味」を拒否するフリー・インプロヴィゼーションを無理やり従わせて「意味」を持たせ、ポップに再構築してしまうという、脱臼的な行為を(恐らく勘で)彼はやってのけてしまっているのです。

この作品は「アンビエント」としての側面も確かに持ち得ていますが、そこに至るまでの過程はそれまでの彼の作品とは一線を画します。
フリー・インプロヴィゼーションからも「フリー」となる、ある意味では音楽そのものの急所を突いた名作と言えるでしょう。






ManafonManafon
(2009/09/15)
David Sylvian

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
70位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。