The Cardigans "First Band on the Moon"

firstband-300x300.jpg


Artist: The Cardigans
Album: "First Band on the Moon"
Label: Stockholm Records
Year: 1996

Tracklist
01. Your New Cuckoo (3:54)
02. Been it (4:04)
03. Heartbreaker (3:42)
04. Happy Meal II (2:36)
05. Never Recover (3:20)
06. Step on Me (3:47)
07. Lovefool (3:13)
08. Losers (3:17)
09. Iron Man (4:19)
10. Great Divide (3:16)
11. Choke (3:26)


北欧、特にスウェーデンのミュージシャン達は、自分達の音楽を魅力的なものとする術を熟知しています。
90年代にかけてスウェディッシュ・ポップ・ムーヴメントを牽引したThe Cardigansもまさにそうでありました。

アコースティックなギター・サウンドと、密かにうねるベース・ライン、堅実なドラムスと幻想的なシンセ・サウンドで彩られた楽曲は、北欧らしい透明感に溢れていますし、そのうえにのるヴォーカリスト ニーナ・パーションの歌声は、同郷のスティーナ・ノルデンスタンの歌声から毒気を抜き去ったかのように、清廉無垢でコケティッシュです。

彼らはロックを始めとしてフォーク、ジャズやボサ・ノヴァ、そしてドゥーム・メタル(Black Sabbath!)などを消化しながら、独自のポップ・ソングとして再構築する能力に長けています。
仕上がった曲はどれもコンパクトで魅力的なフックを備え、そして彼ら自身の様々な試行錯誤・実験性を全く感じさせないほどにシンプル(に聴こえる)です。

アコースティックなリズムギターと、強烈なドライヴ感のあるディストーション・リフが軽やかに交錯する1曲目や、USでもヒットした底抜けに明るいサビと、ちょっぴりダウナーな風味のヴァースとの対比が魅力的な7曲目、そしてBlack Sabbathを解体し、驚くべきガールズ・ポップとして成立させてしまった9曲目などが特に聞き所として目立つのではないでしょうか。ちなみに、1stでもサバスはカヴァーしてましたね(笑)

清涼感溢れるポップス・バンドといった趣だった前2作と比較すると、今作はロック色が強まり、バンド・アンサンブルが強固になっているように感じます。
スウェディッシュ・ポップ・ムーヴメントの牽引者でありながらも、今現在まだ活動を継続している数少ないバンド(アルバム発表自体は2005年が最後みたいですが…)という事実は、そのまま彼らの音楽に普遍性が宿っていることの証左だと言えるでしょう。



↑ちなみに、最近PerfumeがCMでカヴァーしてたみたいですね。



First Band on the MoonFirst Band on the Moon
(1996/09/17)
Cardigans

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
71位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR