スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Sea and Cake "OUI"

20110222180017.jpg


Artist: The Sea and Cake
Album: "OUI"
Label: Thrill Jockey
Year: 2000

Tracklist
1. Afternoon Speaker (4:18)
2. All The Photos (3:19)
3. You Beautiful Bastard (5:54)
4. The Colony Room (4:10)
5. The Leaf (4:24)
6. Everyday (3:01)
7. Two Dolphins (3:45)
8. Midtown (2:56)
9. Seemingly (4:46)
10. I Missed The Glance (4:02)


シカゴを拠点として活動する、モダン・ポップ・バンドThe Sea and Cakeの5thアルバム。(『ウイ』と読むようです)
シカゴ音響派の総本山Thrill Jockeyからのリリースです。

元Bastroであり、Gastr del Solのサポート、そしてTortoiseの中心人物とも言えるジョン・マッケンタイアの参加や、それに倣ったProToolsの使用などにより、シカゴ音響派の一翼を担うバンドと目されることの多い彼らですが、先に挙げたバンドのような前衛的な要素はあまりありません。

このバンドの特徴は、何よりもその音楽性が洗練されていること、そしてあまりに隙がなく完成されていることです。

サンバ/ボサ・ノヴァからの影響を感じさせるラグジュアリーなコード進行や、伸び伸びと海を泳ぐようなベースラインと、浮遊感のあるヴィブラフォン、過不足亡く被せられたドリーミーなシンセが、マッケンタイアの小気味良いドラムスに引き締められながら「ポップ・ソング」としての機能性を最大限に発揮しています。
それぞれの音はポリリズミックに絡んでいますが、リスナーにはそんな複雑さを全く感じさせることなく、ただ複数の音の絶妙な綴織が生み出す快感のみを提示します。

そしてその上ではリーダー サム・プレコップのジェントルなウィスパー・ヴォイスが漂うのです。
非常に落ち着いたその声は、やはりボサ・ノヴァからの影響が強いものだと思われますが、ボサ・ノヴァ(というかブラジル音楽)における「サウダーヂ」という感覚を完全に変容させてしまっています。

「幸せなあの頃に戻りたい」というある意味後ろ向きな郷愁感覚がサウダーヂだとすれば、彼の声から感じられるのは完全な「現在に対する肯定」ではないかと思うのです。今を生きることを心から楽しみ、慈しみ、愛するようなポジティヴな感覚がその声には宿っています。
もちろん、楽曲自体にはブラジル音楽を参考にした部分も多いので、あの独特の郷愁的な雰囲気は漂っていますが、それとサムの歌声が交じり合った時の強烈な幻想性、浮遊感には他では得られない魅力があるのは間違いありません。

ぱっと聴くとわりと軽く、ラフな感じのポップスに思えますが、聴きこんでいくと隅々まであまりに作りこまれた音楽世界に驚くことでしょう。
箱庭的なポップ・ソングや、あるいは60年代のソフト・ロックなどが好きな方にはぜひ聴いてもらいたいサウンドです。






OuiOui
(2001/02/20)
The Sea And Cake

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
70位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。