Raymond Scott "The Music of Raymond Scott: Reckless Nights and Turkish Twilights"

Ray.jpg


Artist: Raymond Scott
Album: "The Music of Raymond Scott: Reckless Nights and Turkish Twilights"
Label: Columbia
Year: 1992

Tracklist
01. Powerhouse (2:56)
02. The Toy Trumpet (2:59)
03. Tobacco Auctioneer (2:36)
04. New Year's Eve In A Haunted House (2:21)
05. Manhattan Minuet (2:40)
06. Dinner Music For A Pack Of Hungry Cannibals (2:55)
07. Reckless Night On Board An Ocean Liner (3:05)
08. Moment Musical (2:17)
09. Twilight In Turkey (2:43)
10. The Penguin (2:38)
11. Oil Gusher (2:39)
12. In An 18th Century Drawing Room (2:39)
13. The Girl At The Typewriter (3:01)
14. Siberian Sleighride (2:52)
15. At An Arabian House Party (3:20)
16. Boy Scout In Switzerland (2:50)
17. Bumpy Weather In Newark (2:56)
18. Minuet In Jazz (2:51)
19. War Dance For Wooden Indians (2:31)
20. The Quintet Plays Carmen (2:39)
21. Huckleberry Duck (2:51)
22. Peter Tambourine (2:54)
23. Egyptian Barn Dance (Rehearsal) (0:19)


カートゥーン・アニメ(バッグス・バニー・ショウ)の劇伴作家、そして電子音楽の平野を切り開いた開拓者の一人であり、モーグ博士の師を勤める他クラヴィヴォックスエレクトロニウムなどの独創的な電子楽器を創造した発明家…USの音楽家レイモンド・スコットのキャリアは、様々な華々しい逸話で彩られています。
今作は、そんな彼がクインテット(五重奏楽団)を率いて録音した、1937~40年のシングルを集めたコンピレーションです。
まぁ、クインテットなんて言ってますが実際は6人。なぜ「クインテット」というかというと「『セクステット(六重奏楽団)』というより響きがクリスピー(?)だから」とは本人の弁。

基本的にはブラスと、スコットのピアノを中心としたスウィング・ジャズといった趣ですが、普通のジャズにはないせわしなさや奇天烈さは、彼の音楽の特徴の一つとして挙げられるでしょう。
劇伴作家として抜擢されたのは43年の話のようなので、それよりも前年の作品ということになりますが、ここにはすでにカートゥーン・アニメのBGMとして想起される音の様式が完全に表れています。

やけにアッパーなのに、どこか現代音楽的な不協和をうちに孕むメロディ・ラインと、完全にサウンド・エフェクトとしてしか機能しないドラム(特にスネアやタム)、時には急な断絶をはさみながら、めまぐるしくその表情を変える楽曲。
これはほとんどそのままカートゥーン自体の特徴としても言えるとは思いますが。あのUS特有の頭のネジが外れてしまったようなノリの原点は、もしかするとレイモンド・スコットなのかもしれませんね。

もちろん、楽曲の全てはとてもポップで、非常に親しみやすいものばかりです。
愛らしい表情の中にちらほら見え隠れするキッチュさがとても刺激的。
92年に発表されたアルバムですが、現在まで続く彼の作品群発掘に先鞭をつけたと言えるコンピレーションであり、必聴です。






Reckless Nights & Turkish TwilightsReckless Nights & Turkish Twilights
(1999/09/21)
Raymond Scott

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR