スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The World of Psyche/Acid Music Vol. 20: Frank Zappa & The Mothers of Invention ' Who are the Brain Police?'




ようやく20回目となりました本シリーズ。
今回はフランク・ザッパです。

ザッパ本人はドラッグを嫌ったことで有名です。それでバンドをクビになったメンバーもいるくらいなのですが、実際の楽曲は、というととても素面ではなさそうなものも散見できます。

その傾向は特に初期に強いですね。
徹底的なアンチ・ドラッグのうえ、アンチ・ヒッピーでもあったこの時期ですが(3rdなんか、ジャケットでThe Beatlesの"Sgt. Pepper's...."をモロパクリしたうえで『俺達は金だけのためにやってるんだ』というタイトル笑)、この'Who are the Brain Police'を始めとする数曲ではサイケにもよく似た異次元感覚を味わうことができるでしょう。

のろのろと不気味なベースが唸りをあげ、とてもじゃないけど上手とは言えない(そこがまた狂気臭い)ヴォーカル/コーラス、全編にかけられた妙なエコー処理、現代音楽を手本にしたと思われる、急な楽曲展開(というか爆発)と叫び声…
歌詞は検閲について、とのことですが'Brain Police'という異様な響きからはそんな真面目なテーマ思いもつきませんね。ちなみに、日本のロック・デュオ 頭脳警察はここから名前をとっています。

初期ザッパはこの辺りの「おかしな」感覚が一度クセになると抜けだせません。
ぜひお試しを。



Freak Out!Freak Out!
(2012/07/31)
Frank Zappa

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ザッパ

ジャケットからしてサイケだね。

Re: ザッパ

>>シャアさん
ジャケットは確かにサイケですね。
ドラッグ嫌いでもそこから副次的に得られた「サイケデリック」自体は
そこまで嫌っていなかったのかなーとおもいます。

まぁ、ミニマルとかも嫌っていたので本当のところは分かりませんが…
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
70位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。