スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tujiko noriko "From Tokyo to Naiagara"

fromtokyotonaiagara.jpg


Artist: tujiko noriko
Album: "From Tokyo to Naiagara"
Label: Tomlab
Year: 2003

Tracklist
01. Narita Made (5:06)
02. Zipper (6:56)
03. Rocket Hanabi (7:10)
04. Mugen Kyuukou (6:05)
05. Kiminotameni (5:17)
06. Tokyo (5:12)
07. Tokyo Tower (4:32)
08. Robot Hero (8:28)


「日本のビョーク」とも称される才女ツジコノリコによる2003年作。
ドイツのTomlabからのリリースです。この人はPitaことピーター・レーバーグ(Fenn O'Bergなど)のMego/Editions Megoや、ローレンス・イングリッシュのRoom40、他にもあのMúmの在籍したFat Catなどからも作品をリリースしており、エレクトロニカ好きの間ではかなり名の通ったミュージシャンと言えると思います。

今でこそ、エクスペリメンタルな電子音楽とフェミニンな女性ヴォーカルの組み合わせは一般化してきていますが、彼女は2000年のデビュー当時から現在にいたるまでそのスタイルを貫いており、多種多様なミュージシャンが鎬を削るこのジャンルの中でもとりわけイノヴェイターとして評価されるべき音楽家だと思います。

彼女の音楽の特徴を端的に言い表すとすれば、個人的には「違和感」という言葉に尽きるような気がします。
トラックはエクスペリメンタルな感触を残しつつも聴きやすく、ポップさを失っていませんし、彼女自身のヴォーカルも独特な声質ではありますが、その声が辿るラインは非常に親しみやすいです。

しかし、彼女の音楽には常にざわざわとした居心地の悪さがつきまといます。
浮遊感のある音響と、ブチブチと千切れるような音をたてるリズムトラック、シュールな波紋を広げるかのような電子音、そしてそこに乗る彼女の声からは「孤独」しか感じることができません。
彼女がどれほど他人のことを歌おうと(そもそもそんな歌詞もあまりないですが)、そこには彼女以外の体温を感じることは出来ないのです。そもそも、彼女の体温にしたって、あるのかどうかも定かではなく、どこか機械的で冷徹な響きが全編を覆っています。

それでも、彼女の音楽は、声は、リスナーの感情に訴えかけ、激しく揺さぶります。
焦点の定まらない、おぼつかない眼差しで淡々と言葉を紡ぐかのようなそのヴォーカルスタイルからは信じられないようなエモーショナルな響きが歌と、音楽の至るところからにじみ出ているのです。

この作品は、彼女の諸作のなかでも特に「歌」にフォーカスをあてた、ヴォーカル・オリエンテッドな作風になっており、彼女のシュールな詩世界が存分に楽しめるものとなっています。
どこか虚ろな「エレクトロニカ世代のアシッド・フォーク」とでも呼ぶべきこの作品、ぜひ聴いてみてもらいたいと思います。






From Tokyo to NaiagaraFrom Tokyo to Naiagara
(2004/06/08)
Noriko Tujiko

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
70位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。