The New Wave "The New Wave"

newwave.jpg


Artist: The New Wave
Album: "The New Wave"
Label: Canterbury
Year: 1967

Tracklist
01. Little Dreams (2:29)
02. Shadows Of Goodbye (2:31)
03. The Evening Mist - A Morning Dew (2:34)
04. Autrefois (J'ai Aimé Une Femme) (2:29)
05. In A Lonely Towne (3:04)
06. The Shade Of The Sun (2:26)
07. Walkin' On Down The Street (1:44)
08. Once (2:11)
09. Live For Today (2:34)
10. Not From You (2:24)
11. Where Do We Go From Here (2:25)


L,A,のソフト・ロック・バンドThe New Waveの唯一作。
近年まで幻の作品と言われていたようですが、2011年にステレオ/モノMIXとボーナス・トラックを加えた完全盤としてめでたく再発されています。

フォークを基調としながら、様々な音楽をそのうちに吸収し、見事な白昼夢系アシッド・フォークとして再構築した作品ですね。
何より感じられるのは、ガット・ギターのフレーズ一つ一つから滲むボサ・ノヴァ的なフィーリングです。名前もNew Wave(Bossa Novaを英訳するとこうなる)ですし、きっとこの音楽を形作るにあたってボッサからの影響は非常に強いのではないかと思われます。
特に4曲目、ミシェル・ルグラン『シェルブールの雨傘』主題歌のカヴァーは非常にボッサ風味が強いですね。

そして、ボッサと並び感じられるのはバッハなどのバロック音楽からの影響です。
ヴァン・ダイク・パークス(この手の作品への参加はもはやお約束 笑)の奏でるハープシコードと、キャロル・ケイ/ロン・カーター(!)の奏でるベースそしてヴァイオリンやヴィブラフォンなどが優雅に絡まり合って紡がれる旋律は、その典雅な響きも相まって非常に幻想的で、リスナーを夢見心地にさせることでしょう。

その他にもアシッドな側面を漂わせるオーケストレーションや、軽く入ったドラムスなど、基本的にアコースティック楽器のみで演奏されているため、オーガニックな雰囲気があるのも良いですね。
フォークというには躍動的ですが、とても密やかで麗しい、まさにソフト・ロックと呼ぶに相応しい作品ではないかと思います。






Little Dreams: the CanterburyLittle Dreams: the Canterbury
(2011/06/07)
New Wave

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
68位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR