Dave Bixby "Ode to Quetzalcoatl"

15109.jpg


Artist: Dave Bixby
Album: "Ode to Quetzalcoatl"
Label: Self Product (Reissue: Guerssen Records)
Year: 1969

Tracklist
01. Drug Song (3:20)
02. Free Indeed (3:18)
03. I Have Seen Him (3:15)
04. Mother (3:00)
05. Morning Sun (3:31)
06. Prayer (3:13)
07. Loneny Faces (3:56)
08. Open Doors (3:07)
09. 666 (3:13)
10. Waiting For the Rains (2:13)
11. Secret Forest (4:53)
12. Peace (3:14)


USのSSW、デイブ・ビクスビーによる自主制作アルバム。
サイケデリック時代の終焉とも言える1969年にリリースされました。

この作品、アシッド・フォーク好きの間では「キング・オブ・アシッド(ダウナー)・フォーク」の名で呼ばれておりまして、自主制作モノでありながらも2009年にGuerssen Recordsからリイシューされる運びとなりました。向こうではLoner Folk(孤独フォーク?)とも呼ばれているみたいですね(笑)
結構こういうこと多いんですよね、サイケ/アシッド界隈って。まぁ、それだけマニアの多いジャンルということなのでしょうが。

音は至ってシンプル。
多少のバック(フルートやハーモニカ)がある以外は基本的にビクスビー本人のギターと歌のみ、というものです。

全編通して篭ったような音質で、妙な残響がかかっていますが、これが彼の音楽をアシッドに響かせている第一の要因ではないかと思います。
闇の中から立ち上ってくるような、あるいは闇の中へ投げかけられているようなアコースティック・ギターの旋律とビクスビーの歌声は非常に孤独で、誰からも取り残されたような寂莫感を漂わせています。
彼の紡ぐメロディ自体もとてもシンプルかつピュアで、それがまた逆にダウナーな雰囲気を強めているように思います。

ジャケットの通りの暗闇の中から、光を求めてもがいているような、ダウナーでありながらもどこかポジティヴな響きも感じさせる作品です。
アシッド・フォークを掘ってみようと思っている人は是非手にとってみてください。






Ode to QuetzalcoatlOde to Quetzalcoatl
(2009/06/23)
Dave Bixby

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
61位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR