DJ Krush "Strictly Turntablized"

krush.jpg


Artist: DJ Krush
Album: "Strictly Turntablized"
Label: Mo' Wax
Year: 1994

Tracklist
01. Intro (1:04)
02. Lunation (3:34)
03. Fucked-Up Pendulum (4:26)
04. Kemuri (4:41)
05. The Loop (1:53)
06. Silent Ungah (Too Much Pain) (4:23)
07. Interlude (1:11)
08. Dig This Vibe (4:54)
09. Yeah (3:22)
10. To The Infinity (4:09)
11. The Nightmare Of Ungah (Sandro In Effect) (4:28)


日本人DJ石英明ことDJ Krushの2nd。
DJ Shadowとともにサンプリング・ミュージックの可能性を押し広げた人物であり、インストゥルメンタルHIPHOPをアートの域にまで押し上げたシャドウの名作"Endtroducing...."の前夜である1994年に発表されました。

変幻自在のビートと、多種多様なサンプルで緻密に構築された"Endtroducing...."と比較すると、こちらは非常にシンプルな内容と言えるかも知れません。
ダビーなビートやダークなサンプル、ヴォイス・サンプルなどで構成された楽曲はいずれもアンダーグランドな香りを強く感じさせます。

クラッシュのサウンドにはシャドウのような派手さはありませんが、この作品がシャドウの"Endtroducing...."と同じように、ストイックにサンプリング・ミュージックを追求した結果であることは一目(耳)瞭然です。
反復するビートとダークなディストーション・ノイズ、ヴィブラフォン、ヴォイス・サンプルといった音は非常にスモーキーに響き、悪夢のような酩酊的な感覚をリスナーに与えることでしょう。

彼(とシャドウ)の音楽は「トリップ・ホップ」という言葉も作り出し、HIPHOPの持つサイケデリック/アシッドな一面を大衆に認知させていきます。
タイトル通りクラッシュが厳密に、厳しくターンテーブルと対峙した末に生まれた名作と言えるでしょう。
インストHIPHOPを聴くなら、"Endtroducing...."とコレを聴いてないのでは話にならないとすら言える作品ではないでしょうか。






ストリクトリー・ターンテイブライズド
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
61位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR