スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fenn O'Berg "In Hell"

120329-InHell.jpg


Artist: Fenn O'Berg
Album: "In Hell"
Label: editions Mego
Year: 2012

Tracklist
01. Christian Rocks (14:59)
02. Vampires Of Hondori (18:22)
03. Omuta Elegy (6:57)
04. Concrete Onions (8:07)
05. It Came From Nagoya (15:06)


ジム・オルーククリスチャン・フェネスそしてPITAことピーター・レーバーグという3人により結成された音響界のドリーム・チーム、Fenn O'Bergが今年頭に発表した作品。
このグループの作品は、1stから一貫してPITAの主宰するedetions Mego(または旧Mego)からリリースされています。

タイトルなどからなんとなく予想できますが、2010年に行ったジャパン・ツアーの音源をオルークがエディットしたもので、1曲目から順に大分、広島、福岡、京都、名古屋での音源です。
ちなみに私、当時広島に住んでいて、このツアー見に行きました。
ビールを飲みながら黙々と音を重ねていく3人、という絵が異常にシュールだったのをよく覚えています。

音の方はというと、以前の作品ではわりと三者三様な音使いで、それぞれの個性がはっきりしていたように思うのですが、2010年の作品"In Stereo"くらいから徐々に、三者の境界線が曖昧というか、融け合って一つの大きな潮流とでも表現すべきサウンドに変貌してきているような印象です。
実際見ていて、誰がどの音を出しているのか全然わからなかったのを覚えています。フェネスはギターも弾いておりましたが、私にはどれがギターの音なのか皆目検討もつかず…

展開もかなり大胆なもので、繊細に音を重ね、静謐な空気を作り出しながらも次の瞬間にはノイズ/音響の奔流に飲み込まれるように、抑揚が強かったような記憶がありますが、そのあたりはオルークのエディットにより強調され、さらに強烈になっていますね。

ただ、総じてわりと聴きやすいサウンドで(広島音源の最初など特に!)、ところどころ入るコラージュじみた音(これは流石にオルークだと思いますが…)も含め、なかなか無邪気で楽しげなところのある、不思議なアンビエント作品として成立しています。
毎回毎回刺激的な作品を送り出してくれるユニットですので、次作以降にも期待したいところですね。

ところで、発売から半年なにも音沙汰なかったからアナログとデジタルで二重買いしたのに、今頃日本限定CD化って…そりゃないよ~(泣)






イン・ヘル[日本限定CD化]イン・ヘル[日本限定CD化]
(2012/12/19)
フェノバーグ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
70位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。