スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Current 93 "Nature Unveiled"

08090028.jpg


Artist: Current 93
Album: "Nature Unveiled"
Label: L.A.Y.L.A.H.
Year: 1984

Tracklist
01. Ach Golgotha (Maldoror is Dead) (18:59)
02. The Mystical Body of Christ in Chorazaim (The Great in the Small) (19:50)

魔術師アレイスター・クロウリーに多大な影響を受けたとされるデヴィッド・ティベットによるグループCurrent 93の1st。
Nurse With Woundことスティーヴ・ステイプルトンと懇意であることでも有名で、また、「ティベット」の名付け親はあのThrobbing Gristleなどの中心人物でもあるジェネシス・P-オリッジとのことです。

NWW以上に、時期によって音楽性が変わるユニットのようで、90年以降の作風はトラッドの影響も感じられる、ダークなフォーク作品なのですが、そちらはまたいつか紹介することとして、今回は初期を紹介したいと思います。
先ほど出したお友達の名前からピンとくる方も多いと思いますが、大正解です(笑)
そもそもステイプルトンは参加してますしね。

基本的にはコラージュ多用のノイズ/インダストリアル・ミュージックというわけですが、このユニット独自なのはやはりサンプリング素材や、その音の重ね方が醸す魔術性、宗教臭さだと思います。
グレゴリオ聖歌やパイプオルガンの神々しい音色と、電子ノイズや謎のうめき(?)声とが切り貼りされ重ねられており、神性と同時に背筋の凍るような恐ろしさを感じさせます。
ダーク・アンビエントというか、ノイジーでありながらもどこか場の空気を(黒一色に)塗りつぶしてしまうかのような部分がありますね。音のつなぎ方や切断の仕方が非常に巧みなで、強い緊張感と、それ故生じる張り詰めた美しさが全編に充満しているのも作品アンビエンスを決定づけているように思います。
そして、その音場の上でティベットが発するアジテーションの凄まじさときたら!叫びとも唸りとも付かない異様で邪悪な声には間違いなく圧倒されるでしょう。

20分弱の大曲が2曲のみ、という構成も手伝い、非常に充実した作品となっています。
この手の音楽の入門編としては(ややどぎついものの)最適だと思います。TG→NWWときた次くらいに手を出してみるのが妥当でしょう(笑)






Nature UnveiledNature Unveiled
(2008/11/18)
Current 93

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
70位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。