Pärson Sound "Pärson Sound"

Pärson Sound

Artist: Pärson Sound
Album: "Pärson Sound"
Label: Subliminal Sounds
Year: 2001 (Recorded: 1967-1968)

Tracklist
[Disc 1]
01. Intro (0:53)
02. Tio Minuter (Ten Minutes) (10:29)
03. From Tunis to India in Fullmoon (On Testosterone) (20:29)
04. India (Slight Return) (13:06)
05. A Glimpse Inside the Glyptotec-66 (6:01)
06. One Quiet Afternoon (In the King's Garden) (10:32)

[Disc 2]
01. Sov Gott Rose-Marie (13:18)
02. Skrubba (28:56)
03. Milano (7:57)
04. On How to Live (7:26)
05. Blåslåten (5:41)


スウェーデン出身のサイケデリック・ロックバンドPärson Soundのラジオ番組におけるセッションやライヴなどの音源をコンパイルした編集盤。
このバンドは正式にはアルバムを残しておらず、これが唯一の音源のようです。

いずれも67~68年にかけて録音された音源であり、時代の流れからも分かるとおりのサイケデリック・サウンドです。
どの楽曲もミニマリスト テリー・ライリーからの影響が強いミニマルサウンドとヴァイオリンなどによるドローン、そしてフリーキーな即興演奏/ジャムといった3つのパートを根幹として有しており、その間をふらふらと行き来するサウンドは、聴き手を徐々に異世界へと誘いこんでいきます。

テリー・ライリーにリンクしていることからも明らかですが、ラ・モンテ・ヤングトニー・コンラッドそしてジョン・ケールアンガス・マクリースなどの永久音楽劇場の面々の演奏するアヴァンギャルド・サウンドに通ずるところが多いです。
また、フリーキーな即興演奏はドイツのAmon Düül(特に1st"Psychedelic Underground")のようにカオティックです。Düülの1stが69年ということを考える、もしかすると影響元の一つなのかもしれませんね。

あの時代特有の、前衛的なものに対する憧憬が全編に充満した、素晴らしい発掘音源ではないかと思います。






Parson SoundParson Sound
(2010/08/17)
Parson Sound

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR