The World of Psyche/Acid Music Vol. 8: Linda Perhacs 'Chimacum Rain'




さて、1週間お休みをいただいていましたこのシリーズ。
本日はちょっとだけマイナーな方向に進んでみたいと思います。

USのSSWであるリンダ・パーハクスの唯一作で、1970年に発表された"Parallelograms"(平行四辺形)の冒頭を飾るナンバーです。
緩やかに爪弾かれるアコースティックギターと、パーハクスのウィスパー・ヴォイスの美しさに加え、多重録音によるコーラスや、時折挿入されるドローンのような音響が彼岸を垣間見せてくれる、実に印象的なナンバーではないかと思います。

アルバム全体を見ると、ブルージィなアコースティック・ギターのリフがとても格好良いブルーズ・フォーク・ロック'Paper Mountain Man'や、間奏で完全にサイケデリックな音響の彼岸へと旅立ってしまうタイトル曲'Parallelograms'、これぞアシッド・フォークと言いたくなるペシミスティックでダウナーなナンバー'Hey, Who Really Cares?'、タイトル通り波間を漂うようなアコギのアルペジオが印象的な'Dolphins'など、非常にヴァラエティに富んだ力作であることが分かると思います。

アシッド・フォーク入門や、60s末~70s初頭のロックのマイナーな部分にちょっとばかり踏み込んでみたい方には是非オススメします。



ParallelogramsParallelograms
(2010/06/22)
Linda Perhacs

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR