Félicia Atkinson "Hand in Hand"

0504_fatkinson.jpg


Artist: Félicia Atkinson
Album: "Hand in Hand"
Label: Shelter Press
Year: 2017

Tracklist
01. I’M FOLLOWING YOU (3:43)
02. VALIS (6:40)
03. CURIOUS IN EPIDAVROS (3:04)
04. ADAPTATION ASSEZ FACILE (3:46)
05. MONSTERA DELICIOSA (5:04)
06. VISNAGA (5:18)
07. A HOUSE A DANCE A POEM (10:44)
08. HIER LE DÉSERT (6:33)
09. VERMILLIONS (5:04)
10. NO FEAR BUT ANTICIPATION (7:49)


フランスの音楽家フェリシア・アトキンソンがShelter Pressより発表した新作"Hand in Hand"は、そのサウンドの前衛的な響きや楽曲構造の抽象性とは裏腹に、歌心をもったポップ・アルバムと表現しても間違いはなさそうな、不思議な風通しの良さを感じる作品となったように思います。

本作は、彼女によるモジュラー・シンセのサウンドと言葉(8曲目では女優のエリーゼ・ラデュエーÉlise Ladouéも参加)で成り立っています。
ずんやりと重々しい感覚を残す低音、ふわふわと浮かんでは消えていくアトモスフェリックなサウンド、そしてインダストリーな質感を湛えた残響や気味悪くうごめく音塊の中でつぶやかれる言葉は、完全に話し言葉でメロデイなどはなく、また、朗読のような感情のこもった雰囲気もない淡々としたもので、どこか虚ろな印象を受けることでしょう。

こう表現すると、難解な作品に思えるのですが、聴いていると案外そうでもないことに気付かされます。
確かに、アトキンソンの声は感情に乏しいがゆえに、こちら(聴き手)の感情を刺激したり、煽ったりするようなことはありません。
ただモノローグのように流れながら、左右それぞれから別々に録音されたものが発せられ、重なって幻惑的に響き、最後は夢のように消え入ります。

その言葉が載せられる土台となる音/楽曲もぽつりぽつりと途切れたと思えばまた始まり、また低音域・中音域・高音域・装飾音それぞれが無関係に鳴る、虚ろなものなのですが、繰り返し聴いている内にパルス(拍節感)というか、リズムがあるように思えてきました。
音同士が偶発的に絡まり、変化していくことで即興的な空気も強く感じられはするのですが、どことなく一本芯が通っているような気が全編通してしてくるのです。

音と音とが関係性を放棄している様には、オーレン・アンバーチの初期作("Grapes from the Estate"とか)のような感触もありますが、本作は言わばそういった作品を『ポップに再構築するなら』というifのように聴くことができます。
もちろん、全編通してある虚ろな感触が、私のアシッド・フォーキーな嗜好と合致した、という部分もあると思いますが(笑)

なにはともあれ、かなりの良作だと思います。
この界隈の音が好きな方は聴いて損はないでしょう。


スポンサーサイト
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR