Paul Motian "Lost in a Dream"

pm-liad.jpg

Artist: Paul Motian
Album: "Lost in a Dream"
Label: ECM
Year: 2010

Tracklist
01. Mode VI (5:09)
02. Casino (8:05)
03. Lost in a Dream (6:39)
04. Blue Midnight (6:09)
05. Be Careful It's My Heart (2:58)
06. Bird Song (6:52)
07. Ten (4:30)
08. Drum Music (6:07)
09. Abacus (4:26)
10. Cathedral Song (6:29)


昨日辺りからめっきり気温が落ち込みまして、朝晩などは寒いくらいですが、こういう気候になってくると、なんとなくジャズを聴きたくなってきます。
特に、ECMに代表されるような、繊細な響きを空間に満たしてくれるようなものが秋の夜長にはベストだと思います。
そういう意味で、かつて「リヴァーサイド四部作」時代にかのビル・エヴァンス・トリオに所属していたことでも有名なドラマー ポール・モチアンが、亡くなる一年半ほど前にECMから発表した"Lost in a Dream"はこの季節に非常にマッチするように思います。

本作はトリオ編成による、名門ジャズクラブ『ヴィレッジ・ヴァンガード』でのライヴ録音です。
メンバーにはサックスのクリス・ポッターとピアノのジェイソン・モランという現代ジャズシーンをリードする実力派2人を迎えたベースレス・トリオという、少々トリッキーな編成になっています。

まず驚くのはモチアンのドラム。
ビル・エヴァンス・トリオ時代の作品くらいしか知らないファンには、この寡黙とすら言いいたくなるほどに音数を絞った、ぽつりぽつりとした独白のようなドラミングはかなり奇異に映るのではないでしょうか。
実際私も、後年にモチアンが参加した菊地雅章氏の遺作となってしまった"Sunrise"でのドラムを聴いていなければ随分と面食らったと思います。

この余白の多いドラミング、形だけ見ると、楽曲におけるリズム/ビートの根幹を作り出して維持することが求められる楽器の奏法としてはありえないようにも思えるのですが、よくよく聴いているとその隙間の部分にもビートが通底して流れているかのような感覚に襲われます。
四肢を失った人間が、ないはずの四肢の痛みを感じることをファントム・ペインと言うそうですが、本来当然のようにあるはずのビートを錯覚させるということで、こちらはファントム・ノートとでも言いたくなりますね(笑)

そしてポッターとモランですが、両者ともモチアンの演奏が作り出す土台の上に、非常に巧みに音を配置していく好プレイを聴かせてくれます。
ポッターのサックスは全編通して明確なラインを提示し、楽曲に一本芯を通しています。時々フリーキー/アブストラクトにブロウする場面も見受けられますが、基本は他の2人に比べ歌心のあるプレイであるように思います。
モランのピアノは相変わらず(笑)ですが、いつものようなゴリゴリしたアヴァンなフレーズは抑え目で、モチアンの作り出す音場の強化と、ポッターのサポートに徹しているような印象です。このトリオの作り出すサウンドをまとめる役割と言えるかもしれません。
そして、そうであるがゆえに抑制の聴いた演奏で、彼の特質の一つである(と私が勝手に思っている)「調性感の薄い、あるいは無調のフレーズをこの上なくロマンティックに響かせる」部分が強く現れています。

この2人演奏により、モチアンの楽曲/演奏もまた、豊かでありながら静謐な色彩を帯びていきます。
そしてまた、このトリオの演奏を鮮明に切り取った、臨場感のある録音により、ここに収められた10曲はより一層の美しさ、そして驚くほどの瑞々しさを感じさせてくれます。
この手のサウンドに聴き慣れなければ最初はとっつきづらいかもしれませんが、何度も聴きこんでいくうちに、その人にとって大切な作品となっていってくれる名作だと思います。是非聴いてみてください。


(探したのですが試聴できるところがありませんでした。…が、激オススメです!)
スポンサーサイト
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
60位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR