Arthur Russell "Springfield"

springfield.jpg


Artist: Arthur Russell
Album: "Springfield"
Label: Audika Records
Year: 2006

Tracklist
01. Springfield (8:35)
02. Springfield [DFA Remix] (7:55)
03. Springfield [Detail] (1:14)
04. See My Brother, He's Jumping out [Let's Go Swimming #1] (7:55)
05. Corn #3 (5:30)
06. Hiding Your Present from You (4:44)
07. You Have Did the Right Thing When You Put that Skylight in (3:56)


アーサー・ラッセルの音源発掘を行っているAudikaより、06年に発表された編集盤。
以前blogでは、ラッセルの作品として、Audikaによる発掘作業の最初の成果でもある未発表曲集及び、ディスコ転向後では存命中に唯一本人名義で発表された"World of Echo"を紹介しました。

今作はそれらフルレングスのアルバムとは違い、タイトル通り'Springfield'という楽曲を中心に据えたEPという扱いです。
未発表曲集"Calling Out of Context"ではフォーキーな歌の感覚とディスコ由来のビートが彼らしいポップかつ柔らかな質感でまとめあげられた作品でありましたし、"World of Echo"はまさにその名の通り残響の世界に全てが浮かんでいるかのようにエクスペリメンタルな作風でしたが、今作はそれらとやや違い、もう少しディスコよりな感じです。

冒頭3曲(というか1曲)の'Springfield'は88年という録音時期もあってか、彼の音楽のまさに集大成といっても過言ではない内容となっています。
未発表作品"Corn"(マテリアルは"Calling Out of Context"と、本作にも4~7曲目収録)が85年、"World of Echo"が86年ですが、それら両方の特質が巧みに融け合っています。

80年代的な、ドリーミーなシンセサイザーと、強い残響を浮遊させるチェロの響き、そして彼のつかみ所のない歌声。
これらが反復するディスコ・ビートの上で漂いますが、ビート自身の質感もダビーで軽く、非常にスカスカなため、全体的に幻想的かつ酩酊的な空気が充満しています。(その空気が"First Thought, Best Thought"で聴ける初期の現代音楽作品から通底しているように思えるのも驚きです)
後半は気怠いブラスなども入ってくるうえに、ラッセル自身の歌もよりぼそぼそとしたとりとめのないものに変わっていくのですが、これがまた何とも言えず心地よい、夢見心地のエピローグへと変質していきます。
8分半の曲ですが、正直30分くらい聴いていたい気分(笑)

DFAのリミックスはよりフロア向けで、ビートはややヘヴィな質感、3曲目は「Detail」という名前の通り細部を強調して圧縮したような要約版といった趣です。
4~7曲目は"Corn"録音時の未発表音源ですが、"Calling..."収録のものよりはビートの立ったものが多いです。
4曲目は彼のプロジェクト・バンドDinosaur Lにも通じるようにミニマルかつファンキーですし、5曲目は"Calling..."の雰囲気に"World of Echo"の残響チェロをぶつけたような、エスニックな幻覚世界が繰り広げられています。

40分弱というサイズも手伝い、ちょっとした時間にふと聴き直したくなる作品の一つです。
特に表題曲は、個人的にラッセル楽曲の中でも1、2位を争うくらい大好きだったりします。
今月にはエイズ撲滅キャンペーンのRed Hotシリーズでラッセルへのトリビュート盤が出るとのことですので、併せて聴いてみてはいかがでしょうか。






SpringfieldSpringfield
(2006/09/12)
ARTHUR RUSSELL

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
45位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR