The Best 10 Discs of 2011

年の瀬もいよいよ間近になって参りましたが、今年のまとめといたしまして、例年通り個人的新譜ベスト10を決めていきたいと思います。

私個人のリスニング状況といたしましては、今年は完全に、昨年末にはまった"Voodoo/D'Angelo"の影響下にあった年と言えます。
しかしながらそれがち直に新譜の選択に結びついたか、というと必ずしもそうではなく、そちらに関しては今年は完全に旧譜を追いかけていた年となりました。そもそもの経験値が足りないジャンルでしたので。

と、いうわけで新譜としては今年も全体的に実験音楽や音響モノ、あるいはポップスの領域にあるものが中心となって参りました。
レーベル単位で言えば、相変わらずEditions Megoや12K近辺が探索の対象となりました。特に12Kの作品はよく購入したように思います。

ま、そんな雑感は置いておいて、いってみましょう。ちょっと今回は文を書く体力無いので(笑)ジャケ写とyoutube(あるもののみ)でいきたいと思います。


10.Shizuku/iLLuHa
'露空 [Rokuu]'



9.Get Lost/Mark McGuire
'Get Lost'



8.幻とのつきあい方/坂本慎太郎
'君はそう決めた'



7.In a Place of Such Graceful Shapes/Taylor Deupree & Marcus Fischer



6.Hold Everything Dear/Cindytalk
'How Soon Now...'



5.Underneath the Pine/Toro Y Moi
'New Beat'



4.A Static Place/Stephan Mathieu
'Dawn'



3.From Africa with Fury: Rise/Seun Kuti & Egypt '80
'African Soldier'



2.S.T./チャン・ギハと顔たち
'마냥 걷는다(マニャン コンヌンダ/ひたすら歩く)'



1.S.T./James Blake
'The Wilhelm Screem'




以上です。いかがでしたでしょうか?
個人的には、上位三つはもう1ヶ月以上前には決定していたような感覚です。見事にアフロ・ビートを再生してみせたシェウン・クティ、泥臭さと洗練との間をふらふらと行き来するという、微妙なスタンスを貫いて良質な作品を作ったチャン・ギハ、そして最早今年の顔とでも言うべきジェイムス・ブレイク。いずれも甲乙付けがたい素晴らしい作品でした。

…ただ、ジェイムス・ブレイクはちょっと先行きが心配です。この作品のようなギリギリな歪さ、というのはもう表現しきれないと思うので。ただのピアノ弾きのあんちゃんにならないことを願うばかりです。

他の二人は心配なくこれからも良質を届けてくれると信じておりますので、来年以降をまた楽しみにしましょう。

あとは、"ゆら帝後"をサラリと魅せつけてくれた坂本慎太郎や、淡く深い音響作品を届けてくれたステファン・マシューなんかも印象深かったように思います。

とりあえずはこんなとこでしょうか。また、リイシュー作品のベスト5や、今年よく聴いた作品ベスト10なんかもやりたいですね。
スポンサーサイト
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
83位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR