Simon Finn "Pass the Distance"

99657a6828.jpg

Artist: Simon Finn
Album: "Pass the Distance"
Label: Mushroom
Year: 1970

Tracklist
01. Very Close Friend
02. The Courtyard
03. What a Day
04. Fades (Pass the Distance)
05. Jerusalem
06. Where's Your Master Gone
07. Laughing 'til Tomorrow
08. Hiawatha
09. Patrice
10. Big White Car

サイケの世界広しと言えど、天然モノの狂気を内に孕んだ人間というのはそう多くありません。
ぱっと思いつくところではシド・バレットくらいのものでしょうか。正直彼には、何人のミュージシャンが束になっても勝てないような気がします。そもそも勝ち負けの世界とは無縁の人のような気がしますが。

でも、彼の右に出るとまではいかなくとも、せめて横に並んでもおかしくない人を挙げろ、といわれれば私は間違いなく、このサイモン・フィンの名をいの一番に上げると思います。

この作品は、彼が1970年に発表した作品で、2005年にCurrent 93のデヴィッド・ティベットに"再発見"され、衝撃の復活を遂げるまでは唯一作であり、また「アシッド・フォーク幻の作品」とされていたものです。近年はこのような作品の発掘・再発が進み、容易に入手することができるようになりました。大変素晴らしいことだと思います。

ちなみにこの作品を発表後、姿を消した彼には自殺説が付きまとい、長らく真実だと思われてきましたが、楽曲を聴いてみればそれにも納得してしまうと思います。
基本的にサイモン・フィン自身のよれよれのギター&ヴォーカルをゲストミュージシャンの様々な音が彩るように作られていますが、一曲一曲が異常としかいいようがありません。

中近東風のメロディーや極端な音量バランスなど、おかしな要素は挙げればきりがありませんが、何よりも異常なのはやはりサイモン・フィン自身のギターと歌です。
よれよれで、適当にギターをかき鳴らし、がなっているだけなのですが、普通の人がやる「ふり」ではなく、明らかにキ○ガイが普通にやろうとしてるのに、できない感じのそれなのです。

特にM-5'Jerusalem'を聴けばそれがはっきりと分かると思います。終盤サイモン・フィンは本領発揮、というか本性を垣間見せます。
…夜中に一人では聴きたくないです。

ちなみに、ジャケットは音に反してのどかですが裏ジャケを見ると、道を歩く彼らを前から捉えた構図が描かれております。








R-440410-1113766751.jpg







…世界というものは非常に危ういもので、立ち居地/視点がちょっと変わっただけで我々は飲み込まれ、殺されてしまうのかもしれません。



パス・ザ・ディスタンス Pass The Distanceパス・ザ・ディスタンス Pass The Distance
(2009/10/20)
サイモン・フィン SIMON FINN

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
83位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR