スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Phornesis, Julian Argüelles & Frankfurt Radio Big Band "The Behemoth"

0331_phronesisetc.jpg


Artist: Phornesis, Julian Argüelles & Frankfurt Radio Big Band
Album: "The Behemoth"
Label: Edition Records
Year: 2017

Tracklist
01. Ok Chorale (3:49)
02. Untitled#1 (6:58)
03. Stillness (9:08)
04. Herne Hill (4:54)
05. Charm Defensive (6:36)
06. Zieding (9:45)
07. Phraternal (6:53)
08. Intro to Urban Control (2:48)
09. Urban Control (7:45)
10. Happy Notes (6:06)


UKの誇る武闘派(?)ピアノトリオPhronesisの新作はサキソフォニストのジュリアン・アーギュレス率いるビッグバンドとの共演により、過去の名曲の再構築を図ったものとなりました。
例外的に8曲目のみ新曲ですが、こちらはアントン・イーガーとアーギュレスの共作とされているものの、タイトルを見ても分かる通り9曲目の前奏曲であり、完全な意味での新曲とは言えないと思います。(リアレンジの範疇というか)

彼らは今まで、3人での抜き差しならぬ、緊張感溢れるインタープレイをその第一の魅力としてきましたが、その裏には常にどこかクラシカルで雄大なメロディ/ハーモニーが備わっていたように思います。
1曲目、昨年の名作"Parallax"の前半で優雅な旋律を聴かせてくれた、アイヴォ・ニームによる'Ok Chorale'からアルバムはスタートしますが、冒頭からその隠れた魅力がいつも以上に押し出されていることがわかるはずです。

ビッグ・バンドのブラスによりハーモニーが補強され、もともと印象的だったメロディの美しさがより生々しく迫ってくるように思えます。
もちろん、アントン・イーガーの複雑なリズムとアイヴォ・ニームによる込み入った旋律、そしてジャスパー・ホイビーによるヘヴィなベースもその重厚なハーモニーに負けず劣らずの活躍を随所で見せており、ビッグバンドとメンバー3人による四つ巴の戦いのような雰囲気もあるのですが、今回は楽曲の魅力に重点をあてるためか全体的には抑制の効いた演奏となっているため、とても取っ付き易い作品になっているように感じます。

ハイライトは先行でも公開されていた6曲目'Zieding'でしょう。
楽曲のエモーショナルな展開と、ビッグバンドのハーモニーが非常によく合致したアレンジとなっており、非常にドラマティックな楽曲に生まれ変わったと思います。
この1曲だけでもこのコラボレーションの間違いのなさは十分に証明されていると言えそうです。

これからPhronesisを聴こうという方には、メロディアスな取っ付き易さという点で最初の一枚にオススメできますし、これまでPhronesisの作品に触れてきた方には彼らの新たな魅力を提示してくれるという点で必携の一枚といって過言でないと思います。


スポンサーサイト

Darcy James Argue's Secret Society "Real Enemies"

djassrealenemies.jpg


Artist: Darcy James Argue's Secret Society
Album: "Real Enemies"
Label: New Amsterdam
Year: 2016

Tracklist
01. You Are Here (8:06)
02. The Enemy Within (4:37)
03. Dark Alliance (7:04)
04. Trust No One (5:20)
05. Silent Weapons for Quiet Wars (6:47)
06. Best Friends Forever (4:26)
07. The Hidden Hand (6:15)
08. Casus Belli (5:37)
09. Crisis Control (7:02)
10. Apocalypse is a Process (5:47)
11. Never a Straight Answer (7:27)
12. Who Do You Trust? (4:17)
13. You Are Here (6:01)
14.Best Friends Forever (single) (4:26)


インディー・クラシックの総本山(の一つ)であるNew Amsterdamからリリースされたダーシィ・ジェイムス・アーギューの新作は、彼が00年代に結成したバンドSecret Societyを率いてのラージ・アンサンブル作品となりました。

NYのブルックリンを中心に活動する彼が今回題材として選んだのは、キャスリン・オルムステッドという作家が2009年に発表した『Real Enemies』という、アメリカ民主主義政治における陰謀論/暗部を描いた著作です。
私はこの著作を読んだわけではありませんが、本作は現代音楽やキューバ音楽を始めとするラテン系などの第三世界の音楽、あるいはHIPHOPなどを見事なバランスで混交し、スパイ映画さながらのスリルを実現した大作であると思います。

まるでシェーンベルクが書いたジャズ楽曲のようにも思える'You Are Here'から始まる13曲(正確には最後は'You Are Here'のリプライズなので12曲)は、一つの壮大な楽曲であるかのようにシームレスに、間断なくつながりながらも楽曲ごとのソロイスト達の演奏に合わせて見事に表情を変えていきます。

スパイ映画のような、という部分のせいもあるのかもしれませんが、個人的にはどことなくジョン・ゾーン(とりわけNaked City)を想起させるようなシーンも散見できるように感じます。
しかしながら、ゾーンの中にある多種多様な音楽を高速でアウトプットすることでジャズをハードコア化したあちらに比べ、こちらはずっと理性的(ゾーンが直感的と言いたいわけではありません。念のため)で構築的に思えます。

また、楽曲中では演奏以外の要素として、ジェイムス・アーバニアックによるナレーションや、ケネディ、ブッシュ(父)、ディック・チェイニーなどの言葉を用いたサウンド・コラージュなども散りばめられ、本作のテーマとあわせて非常にポリティカルな空気を感じさせます。
コラージュやシェーンベルク、そしてジャズなどの混合物という点では、同じくポリティカルなミュージシャンとして名高いフランク・ザッパの諸作を思い起こさせる部分もあるように思います。

また、New Amsterdamからのリリースということもあってか、ミニマル・ミュージックへの目配せも忘れられていません。
5曲目冒頭のピアノにはテリー・ライリーによる'In C'にて導入に用いられるパルス音に通じるものを感じますし、シングル版がボーナス・トラックとして収録もされた6曲目は明らかにモーリス・ラヴェルによる'Boléro'のリズムを下敷きにしています。

US本国で行われた本作のライヴでは、映像なども含めたトータルなステージ作りがなされているそうで、その演奏/演出の強烈さに圧倒されたという評がネットでも散見できます。
確かに、これを目の前で、しかも映像による演出などもあわせて聴かされると感動するしかないだろうな、と思わせるほど、サウンドだけでも十分にパワフルで、説得力があるということは聴いていただければ間違いなく分かるでしょう。

今年のラージ・アンサンブルにおける決定的な作品であることは疑いようがないと思いますので、ジャズ・リスナーは是非にでも聴いておくべきかと思います。


Dinosaur "Together, As One"

dinosaurtao.jpg


Artist: Dinosaur
Album: "Together, As One"
Label: Edition Records
Year: 2016

Tracklist
01. Awakening (8:33)
02. Robin (6:50)
03. Living, Breathing (6:37)
04. Underdog (2:50)
05. Steadily Sinking (1:49)
06. Extinct (9:29)
07. Primordial (7:46)
08. Interlude (2:56)


UKの女性トランペッター ローラ・ジャードを中心とするエレクトリック・ジャズ・カルテットDinosaurがEdition Recordsよりデビュー作"Together, As One"をリリースしました。
同レーベルで今年私が手に入れたもの(Phronesis、ジャスパー・ホイビー、アイオルフ・デイル、エリオット・ギャルヴィン)はいずれもアコースティック・ジャズという、オーソドックスな形式でもってジャズを拡張していくような音楽性だったように思いますが、打って変わってこちらはエレクトリック・セットで、プログレッシヴ・ロックやファンク、ミニマル・ミュージックやそしてマイルス・デイヴィスなどの影響も見せながらクロスオーヴァーで、単純に「ジャズ」の一言で済ませることのできない音楽を構築しているように思います。

メンバーはローラとともにジャスパー・ホイビーの"Fellow Creatures"に参加したドラマー コリィ・ディックに、同じく同レーベルよりトンガッた新作"Punch"をリリースしたピアニスト エリオット・ギャルヴィン(今作ではキーボーディストとして参加)、そしてローラやコリィのリーダー作に参加経験のあるベーシスト コナー・チャップリンという3名で、現在のEdition Records関連のドリームチームのような雰囲気も漂っています。

さて、先行曲である3曲目は、ローラによると思しきスペイシーなシーケンス・フレーズの反復の上で徐々に熱量を上げながら演奏を展開していく、お手本のようなジャズ・ロック/フュージョンな一曲でありました。
先にこちらを聴いていたのでアルバム全体もそのような感じかと予想していたのですが、実際に聴いてみるとむしろこの曲はどちらかというと全体ではちょっと特殊な雰囲気の楽曲であることに気付かされます。

まず、アルバムの空気は1曲目の'Awakening'ですぐに理解されるでしょう。
どっしりと楽曲の骨子を支える瞑想的なベース、とても奥ゆかしく、しかし大胆に楽曲の拍子に細工を施すようなフィルを入れながら、ベースとの共同作業で土台となるビートを形成することも忘れないドラム、ソロ作品でのパンキッシュなプレイからは想像もできない、アトモスフェリックでスペイシーな音場を創りだすキーボード、そして、その上をマイルスよろしくな呪術性を孕みながら漂うトランペットが、即興的にアプローチしながら楽曲に奥行きを与えていきます。

しかしながら技巧的な部分が先行しているかというとそうではありません。
先行曲で聴かれたようなアグレッシヴなインタープレイは小品などでユーモラスに披露されることはあれど全体としては少なく、大曲の殆どではモーダルな曲想を大切にするかのように抑制の効いた演奏を聴かせます。

その演奏から生まれてくるのは、先ほどジャードのプレイに対しても引き合いに出した(エレクトリック・)マイルスのような呪術的な空気です。
実際、海外サイトのレビューを見てみると"In A Silent Way"や"Bitches Brew"などエレクトリック期のマイルスの作品を引用して本作を論じたものも多いのですが、実際、生誕90周年(及び死後25年)ということでにわかに沸き立つマイルス周辺に礼儀正しく花を添えるような作品であるようにも思えます。

ただ、単にマイルスのコピーかというとそうでもなく、特にエリオット・ギャルヴィンのキーボードによりスペイシーなスケールの大きさが加えられているのは中々面白いと思います。
このおかげで全体的に通してみるとまるでSoft Machine後期のような、プログレッシヴ・ロック/フュージョン/カンタベリー的な空気も纏っているのですが、先ほども述べた技巧主義的な要素を排した演奏も相まって、本作はとても軽やかでクールな印象を受ける作品に仕上がっているのです。
この堂々としたクロスオーヴァーっぷりは非常に現代ジャズらしく、そちら方面のリスナーにも聴いていただきたいのは当然のこととして、マイルス・ファンやプログレ(特にカンタベリー周辺)のファンなども視野に入れた懐の深い作品だと思います。


Hamasyan, Henriksen, Aarset & Bang "Atmosphères"

hhabatmospheres.jpg


Artist: Hamasyan, Henriksen, Aarset & Bang
Album: "Atmosphères"
Label: ECM
Year: 2016

Tracklist
Disc 1
01. Traces I (6:52)
02. Tsirani Tsar (5:44)
03. Traces II (4:32)
04. Traces III (5:46)
05. Traces IV (5:15)
06. Traces V / Garun a (12:39)
07. Traces VI (4:50)
08. Garun a (var.) (3:51)

Disc 2
01. Traces VII (9:28)
02. Traces VIII (5:59)
03. Shushiki (4:41)
04. Hoy, Nazan (3:51)
05. Traces IX (5:53)
06. Traces X (5:56)
07. Angel of Girona / Qeler Tsoler (3:35)


アルメニア出身のピアニスト ティグラン・ハマシアンと、トランペッターのアルヴ・アンリクセン、ギタリストのアイヴァン・オールセット、エレクトロニクスのヤン・バングという3人のノルウェー出身のミュージシャンによりECMから発表された"Atmosphères"は、まさにそのタイトル通り、空間に音を満たしていくような繊細なインプロヴィゼーションを基軸とした作品だと言えるでしょう。

メインで旋律的な部分を担当するティグランとアンリクセンに、ライヴ・エレクトロニクス(特にドローン)によりその底部を支えるバング、あるいは2人に対してアブストラクトなカウンターラインをぶつけたり、スライドノイズを加えたりするオールセットという感じの役割分担が全編を通してなされ、そこから生まれた楽曲は'Traces'というシリーズ作(組曲とも、変奏曲ともちょっと違う感じなので…)として本作の大部分を占めています。

その他では、アルメニア出身の司祭兼作曲家であるコミタス・ヴァルダペットの楽曲(ディスク1の2・6(後半)・8曲目とディスク2の3・4・7(後半)曲目)と、スペイン出身の作曲家イサーク・アルベニス(ディスク2の7曲目(前半))という、19世紀後半の作曲家の楽曲を盛り込むことで、演奏家である彼らを合わせると北欧(アンリクセン、オールセット、バング)、東欧(ティグラン、コミタス)、西欧/南欧(アルベニス)という汎ヨーロッパ的な空気を存分に漂わせています。

興味深い点としてまず挙がるのは、やはりティグランとアンリクセンの紡ぐメロディの微細な違いではないかと思います。
どちらも辺境ヨーロッパに強く感じられる神秘性/霊性を存分に湛えたラインを聴かせてくれるのですが、北欧の寒々しい空気に起因する透明感と鋭さ、そして温もりを求めるかのような情感的なラインを聴かせるアンリクセンと、じめっとした呪術性やどこか妖艶な空気を孕んだ、なんとも色気のあるラインを聴かせるティグランとは、好対照でありながらもどこか根源的なセンスはつながっているように感じられます。

そして、完全にその2人をサポートする側に回っているオールセットとバングの、いぶし銀なプレイも特筆に値します。
今作が、ティグランとアンリクセンの単なるデュオであったなら正直"Atomosphères"というタイトルはここまでマッチしなかっただろう、と思えるほどに、2人の演奏の霊性を補強し、空間に滲ませる橋渡しをするかのような好サポートです。
先述したように、バングのエレクトロニクスはドローンなどにより底部を支えることを目的とするほか、オーリセットはアブストラクトなカウンターラインをぶつけることで2人の(自身に比べれば大分)はっきりとしたメロディの輪郭を融解させているように聴こえます。

音が空気に溶け出すような作風という共通点、そして出身国という相違点から、個人的には、中欧であるドイツ出身のステファン・マシューや、西欧ではありますが中欧よりのフランス出身のカセル・イェーガー、そしてアメリカ出身のアキラ・ラブレーという3人により制作された、今年度屈指の名作の1つである"Zauberberg"と、まるで鏡写しのように好対照をなす作品なのではないかと思っています。
個人的にはあちらと同様1時間以内にカチッとまとめることができればもっと名作度(?)があがったように感じますが、逆に2枚組という長大な形にすることで、あちらには少し足りなかった重厚さが加わっているととることもできるでしょう。

便宜上カテゴリはジャズとさせていただきましたが、アンビエントや実験音楽などを好む層にもオススメできそうな作品だと思います。


Oddarrang "Agartha"

oddarrangagartha.jpg


Artist: Oddarrang
Album: "Agartha"
Label: Edition Records
Year: 2016

Tracklist
01. Aletheia (5:26)
02. Central Sun (5:37)
03. Mass I-III (9:51)
04. Admiral Byrd's Flight (6:52)
05. Telos/Agartha (11:18)


フィンランドの実験的ジャズ・バンドOddarrang(オッダラン、と読むそうです)の4作目がEdition Recordsより発表となりました。
まだまだ日本では知られていないバンドのようなので(実際私も今作が初めてです)、wikiなどから軽くバンドについてまとめておきます。

結成は2003年、ドラマーのオラヴィ・ロウヒヴオリ(Olavi Louhivuori)が中心人物で作曲とプロデュースも彼が担当しています。
他のメンバーはトロンボーンのイルマリ・ポーヨラ(Ilmari Pohjola)、ギターのラッセ・サカラ(Lasse Sakara)、ベースのラッセ・リングレン(Lasse Rindgren)、チェロ及び二胡(Erhu)のオスモ・イコネン(Osmo Ikonen)という4名で、今作では全員がヴォイス/コーラスも担当の上、サカラ以外でロウヒヴオリを含めた4名がシンセも担当しています。
ちなみに、1曲目ではアイノ・ペルトマー(Aino Peltomaa)という人物もヴォイスでゲスト参加していますね。
Edition Recordsからは2013年の前作"In Cinema"から所属しており、イギリスでは高評価を得ているようで、徐々に注目が集まってきているようです。

さて、彼らの音楽性はというと、今作を聴く限りではジャズというよりもむしろポスト・ロックやプログレッシヴ・ロックが近いような印象を受けます。
英国~北欧ラインの靄がかかったような神秘的な空気/雰囲気を弦と管のサスティンによりゆっくり空間に滲ませつつ、シンセ・ドローンで底部を支え、スピリチュアルな和声感を持ったヴォイスや、エフェクト風の装飾音により彩りを加えるような所作がほぼ全編を通して見られます。
旋律/和声のセンスもやはり北欧らしく、透き通った感覚の中に少々のほの暗さを感じさせるもので、先述のサウンド面と合わせるとアイスランドのポスト・ロック・バンドSigur Rósあたりに非常に近い印象を受けます。

ネット上の評価などを見てみると、作を進めるごとにシンセの比重が増えてきてるようですが、今作ではそれがかなり強く顕在化しているようです。
それを象徴するかのように、1曲目はドラムレスでシンセ中心とした楽曲に仕上がっていますし、その他の曲でもバンドメンバーの演奏にシンセが被せられることで、かっちりとした構成を感じる楽曲でもどこかアトモスフェリックな雰囲気に仕上がっています。

作曲は、先にプログレッシヴ・ロックやSigur Rósを挙げたことからもある程度想像がつくとは思いますが、ゆったりとしたスタートからじわじわと空間に音を滲ませつつ、クライマックスまで盛り上げていくという手法をとることが多いようです。
特にそれが現れているのは長尺曲の3曲目と5曲目でしょう。
どちらもタイトル通りの複数部構成の楽曲で、ゆっくりと音数/フレーズを増やしながら丁寧に楽曲を盛り上げていく様には実に北欧のバンドらしいものを感じます。
これらの大曲に比べると、2曲目や4曲目はやや躍動感を感じさせる作風ですが、その中にもどこかうら寂しい雰囲気を忍ばせているのもやはり北欧の(以下略)

とまぁ、かなりお手本のように北欧らしいポップ/ロック作品と言える本作ですが、あまりジャズっぽさは感じませんでした。
演奏もプレイヤビリティを重視するというよりは、5人で協力しながら楽曲を構築していくような雰囲気があり、個々の演奏での見どころよりも全体の流れに重きが置かれているように思います。
Sihur RósだけでなくMúmや、あるいはMogwaiあたりが好きな方に非常におすすめできる作品だと思います。
個人的にはこの作風で個々のプレイヤビリティを発揮できるように発展していって欲しいかな、と感じています。


プロフィール

vuoy

Author:vuoy
音楽好きです。
情報に間違いなどありましたらコメント欄で結構ですので気軽に連絡ください。
Last.fm
twitter

【注意事項】
まれに、当blogの記事をオークションの商品説明に引用またはURL貼付されているページを見ることがあります。
当blogの記事はあくまで個人の感想であり、ミュージシャン本人以外の利益に供する目的はありませんので、商用目的での無断引用/URL貼付はご遠慮願います。
どうしてもという場合には、twitterなどでご相談いただければ検討しますので何卒ご理解いただきますようよろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vuoy's Profile Page
Twitter
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
449位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
81位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。